【京都の駅ぶらり】昨年誕生のJR新駅!周辺再開発で新施設も続々オープン☆「梅小路京都西駅」


2020.08.27

Kyotopi

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は中京区、JR嵯峨野山陰線に昨年開業した新駅。周辺には梅小路公園、中央卸売市場に加え、再開発で新施設が続々オープン。駅前は再開発進み新施設続々オープンJR京都駅から嵯峨野山陰線の在来線に乗り込み、一駅先へ。
昨年3月に開業した新駅「梅小路京都西」へ。じつは開業して1年以上経つのに、一度も利用したことがなかった駅。今回は周辺を散策しようと、あえてJR京都駅から向かいます。
電車内の停車駅掲示板。それにしても、長い駅名であるのが印象的。既存駅と比べても明らか。電光掲示板も、漢字表記はまだいいんですがローマ字表記ならギリ収まる、そんな長さ(笑)
私も以前この線を通勤で使っていたので、車窓を眺めながら駅へと進行。すると、ウワサどおり全開で加速する前に徐行して、あっという間に到着。降り立ったホーム。
今乗ってきた電車側面にはホームドアを設置。嵯峨野線の駅では初。新幹線並みやな!とそのハイテクぶりに驚きます。何と言いますか、嵯峨野山陰線はローテク駅ぞろいという勝手な印象を持っていたので。
ホームは障害物少なめでシンプルな空間。ウッディーな温かみもある長ベンチも。駅の西側では再開発進行中で、巨大クレーンが。さらに、駅の北西に先月オープンしたホテルエミオン京都も。しばらくこのあたりに来ない間に随分周辺の様相が変わっています。駅にはエスカレーターセンサー付き。隣の丹波口駅にはエスカレーターすらなかったような(笑)もちろんエレベーターはありますが。よく少ない本数の電車の駆け込みに階段猛ダッシュしてました(爆)トイレはウォシュレット付きで、梅小路公園に近いという場所柄、独立したおむつ交換台スペースもあり。こんな具合にトイレの使用状況もモニターで確認可能。ハイテク!改札口前は鉄道博物館が目の前に。梅小路公園側から見た駅。
駅自体、線路を包むような蛇腹ホース風の外観で、なんともスタイリッシュにも見えたり。駅前も変わりましたね。こちらも新しい施設『ビバスクエア京都』。この時期はプールになっているみたいで、夏休みということかファミリー層がたくさん利用されていました。冬場はここが屋外アイススケートリンクになるんですね。さらに、プール横にはかつての市電も展示されるスターバックスがオープン。こんなレトロ電車のあるスタバももしかしたら全国ここだけ?
新駅開業に伴い、周辺が見違えるように変わり、もしかしたら今一番注目スポットとも言えるかもしれません。またいろいろな新しいスポットを開拓したいと思います。基本情報名称:JR梅小路京都西駅
場所:京都市下京区観喜寺町 

梅小路京都西
place
京都府京都市下京区観喜寺町
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら