落ち着いたらまた行きたい『陶板名画の庭』開放的な雰囲気の中で世界の名画にふれてみよう!【左京区さんぽ】


2020.04.26

Kyotopi

ものすごい勢いで世の中が変わってしまいましたが、それでも名画を愛でる気持ちは変わりません。『陶板名画の庭』は屋外で鑑賞できる世界で初めての絵画庭園。なんと入園料100円で「マイナスイオンを浴びたい!」「アートにふれたい!」というわがままを格安で叶えてくれる、とびっきりの場所なのです。『陶板名画の庭』とは色の劣化が少ない陶板。そのメリットを活かして、名画の美しさをそのまま屋外や水の中に再現した施設です。
なんと、屋外で鑑賞できる世界で初めての絵画庭園。
コンクリート打ちっぱなしの建物はシンプルで、絵画の魅力をより引き立たせてくれます。
”コンクリート”と聞いてピンときた方もいらっしゃるかと思いますが、そうです、こちらの素敵な建物を設計したのは、建築家の安藤忠雄氏です。作品紹介作品は全部で8点あります。
ほぼ原寸大だったり、約2倍に拡大されているのでとても見やすい!
まずは私の1番好きな作品、モネの「睡蓮・朝」。
こちらは入り口すぐにあります。
水の中に展示されていて上から鑑賞することができるので、本当に水の中に睡蓮が咲いているかのよう。
しかも光が水に反射して、キラキラと幻想的な演出までしてくれるので、ずっと眺めていたくなります。ほぼ原寸大のミケランジェロの「最後の審判」。
ミケランジェロがたった1人で6年かけて仕上げました。レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」。
イエスが捕まる前の晩、弟子たちとの食事の情景が描かれています。こちらも大好きな鳥羽僧正の「鳥獣人物戯画」。
高山寺に伝わる国宝が、両巻とも原寸を縦横約2倍に拡大されています。
そのため、傑作と言われる絵巻ものをしっかり見ることができるので、独特の愛らしさをもつ獣たちを堪能しましょう!豊かな色彩が素敵なルノアール。
「テラスにて」は伝統的な描き方とルノアールの個性とのバランスがうまくとられているそうです。
柔らかなタッチで描かれる作品は、いつ見ても和ませてくれますよね。ゴッホの「糸杉と星の道」。
ゴッホの死後、高く評価された作品です。おすすめポイント庭園内には滝?があり、マイナスイオンをたっぷり浴びることができます。
私は緑や水がある場所が好きなので、こちらに来るとすごく気持ちが落ち着きます。
また、夏は涼を求めて遊びに行くのも粋ですね。
さらに屋外ということもあり、季節や時間帯によって作品の見え方が変わるので、毎回感動を味わうことができるのです。
美術館特有の静粛さとはまた違った開放的な雰囲気の中、ぜひお気に入りのタイミングをみつけてください。施設情報『京都府立陶板名画の庭』
住所:京都市左京区下鴨半木町
入園料:100円
時間:9:00~17:00(入園は16:00まで)
アクセス:京都市営地下鉄「北山駅」よりすぐ
HP:http://kyoto-toban-hp.or.jp/
※新型コロナウィルス感染拡大防止に伴い、4/3~5/6まで臨時休園 

read-more
京都府立陶板名画の庭
place
京都府京都市左京区下鴨半木町
phone
0757242188
opening-hour
9:00-17:00(入園は16:30まで)

この記事を含むまとめ記事はこちら