【京都ランチめぐり】名店『麺屋優光』がラーメン激戦区一乗寺に2号店!醸造醤油香るスープ絶品☆「麺屋聖」


2019.12.15

Kyotopi

おおきに~豆はなどす☆今回は京都ラーメン激戦区に昨年オープンした醤油ラーメン専門店。有名ラーメン・麺屋優光グループの2号店。スープの美味しさが際立つ。思わず完汁!本醸造醤油香る絶品スープ左京区一乗寺。言わずと知れた、京都ラーメン激戦区。休日や観光シーズンともなれば、どこのラーメン店も行列をなし、ラーメン好きなら誰でも一度は足を踏み入れる場所。
そんな一乗寺で、前から食べてみたい!と思っていたラーメン店。京都のラーメントレンドにも変遷があり、元々は豚骨醤油系が主流でしたが、段々ニーズも多様化。最近では魚介系やつけ麺、さらに淡麗系も台頭。
その淡麗系の中でも醤油ラーメンに特化したお店。烏丸御池の名店『麺屋優光』の2号店で、昨年オープン。
店内はとても明るい雰囲気のオープンキッチン。まだ真新しさがまぶしいほど。大きなカウンター席と奥にテーブル席。シンプルでスタイリッシュな印象の内装。モニターがあり、常にミスチルの映像が流れてました。ラーメンは3種類。なんでそんな名前つけたん?と、思わず商品説明を読みたくなるメニュー名。
ギフト、シンプル、しるし。各800円。無類のファンじゃないので後で気づきましたが、ミスチルの曲名なんですね(笑)
で、最初一番人気のギフトを選んでましたが、醤油の味が活きたやつが食べたいと思い、シンプルに変更。説明の中の『京都の伝統的な醤油』というキーワードに魅かれて。そして、旨味要素が鰹と昆布という和の素材だったので、どんな風に仕上がるのか、と興味津々でもあり。
トッピングパターンは2種類からチョイスでき、厚め焼豚か薄め焼豚+煮玉子。今回は後者で。ランチセット、ご飯ものもありましたが、今回はラーメン単品で。他、さらにトッピングという手もあり。
それにしても、今更思ったんですが、この挿絵の飛行機、どういう関係があるんやろ。謎。これももしやミスチルか(笑)ミスチル観ながら待っていると、シンプルが登場。なんともビジュアルもシンプル。
わりと色目濃いスープです。トッピングは焼豚、メンマ、煮玉子、中央に白髪ネギ、三つ葉。まずはスープを一口。
醤油の個性が光ります。本醸造醤油特有の、野性味あふれる、唯一無二の味わい。醤油ソムリエというわけではありませんが、ここの醤油は大好きなので、すぐわかりました。澤井醤油さんのやつ(笑)
そして、和の味わいのベースのスープ。どこか懐かしさすら感じるような、一見ありそうだけど、今の京都ラーメン界ではなかなかない味わい。そして麺は自家製全粒粉麺。なんというか、面白い麺ですね。ツルツルしこしことした舌触り。そして、押し出し式製麺なのか、断面が正円形の麺。韓国冷麺みたいな。薄めとへりくだりつつ、けっこう分厚めな焼豚。この脂エキスがスープのベースにもなってるような。突出したボリューム感。ごろんと1個トッピングの味玉子。かじってみると、中から黄身が流れ出すエロ玉子ぶり。スープに浸したり、もてあそびながら頂きました(笑)いい黄身の流れ具合。美味しいスープなので、完食完汁ゴチ!
淡麗系、そしてとくに醤油好きの方なら満足されること間違いナシ。罪悪感なく最後まで美味しく飲み干せるスープですね。
ヨ~イヤサ~♪麺屋聖 への口コミ麺屋 聖kiyoさんいきました!ほんとにおいしい~!上品だしうまみと醤油の香りが引き立ってるし、いくらでもスープ飲める!!!焼豚は薄め+煮卵にしたけど、この厚さなら厚めはどうなるんや…。ミスチル愛に溢れたお店だったよー。つぎはしるし食べようー! pic.twitter.com/c2wUFq9PFT— さかもも🐨 (@nmtss46) December 3, 2019 詳細情報住所:京都市左京区一乗寺払殿町48
電話番号:075-606-5459
営業時間:11:00〜15:00、17:30〜22:00
定休日:木曜 不定休
公式サイト:https://yukou-kiyo.com/kiyo.html 

麺屋 聖 -kiyo-
place
京都府京都市左京区一乗寺払殿町48
phone
0756065459
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら