【京都鰻めぐり】京都中央卸売市場スグの地元おなじみの鰻専門店!すっぽん料理もあり〼「舞坂」


2019.11.20

Kyotopi

おおきに~豆はなどす☆今回は下京区、京都中央卸売市場スグの場所にある、地元でおなじみの鰻専門店。国産うなぎをリーズナブルにいただける地元民御用達店。古くから親しまれる鰻専門店下京区、京都中央卸売場西側。この日は鰻を食べようとこちらへ。
以前この近くにある会社に勤めていて、何度か利用していたお店。懐かしさもあり、やってきました。以前は河原町三条のにぎやかな場所にもお店を構える、地元民にはおなじみの鰻屋さんでしたが、今ではここ本店のみ。創業60年だそうで、古株のお店。店頭にはテイクアウトコーナーがあり、お手軽に折詰もあったり。エリアによっては配達もしてくれるみたいです。もともと鰻専門店でしたが、和食や鍋料理もあり。すっぽんもあるみたいです。上階には個室の座敷もあり、宴会などで以前利用したこともありましたが、今回はお手軽に1階のテーブル席へ。店内には大きないけすがあり、ウナギやフグ、クエも泳いでいます。
ちなみにこちらの鰻は全て徳島産だそうです。他にも贈答用コーナーがあり、こんなすっぽん鍋セットもあります。こちらは鰻を中心としたメニュー。
どうですかね。割とお手軽価格の印象ですが。鰻丼や鰻重をはじめ、サイドメニューも。鰻以外に天ぷらやお造りのついた御膳や会席も。昔はなかったように思いますが、すっぽん料理も。これもわりとお手軽価格。冬の味覚、クエ料理まで。日本酒も、こんな呑み比べセットがあります。で、さっそくその呑み比べセット1000円を注文。
伏見の中畝酒店大将セレクトの地酒60mlが3種。それぞれ辛口ですが、かなりどれも趣きの違う味わいで、個性的。御膳系もありましたが、純粋に鰻重を食べたかったので、鰻重松3500円を注文。
ほぼ1本鰻が入っているような、そんなボリューミーなかば焼きがお重に鎮座。面白いことに、汁物は肝吸い、赤だし、すっぽんスープからチョイスでき、すっぽんスープにしました。
他、焼きナスと香の物。とある友人は鰻以外のメニューが食べたい、と天ぷら御膳2500円を注文。お造り、茶わん蒸しが付いたもの。さらに追加注文し、うまき800円を注文。まずは鰻重。かば焼きたっぷり。香ばしく焼かれています。どこをすくっても、鰻にあたる。そんなリッチさ(笑)
そして一口。ふんわり柔らかく、泥臭さなし。個人的に、皮目にもう少し焼き感あってもいいかな?とも思いましたが、鰻自体美味しく、タレの感じもご飯によく合う鰻重です。うまきも刻んだかば焼きがたっぷりとイン。とろける食感の玉子焼きにいいバランスで鰻が配合されてます。すっぽんスープ。それを鰻重と合わせて。
ある意味、ここでしか食べられない組み合わせかもしれません(笑)さらにすっぽんのプルプルの身も入っています。濃厚なすっぽんのお出汁がいかにも滋養にいい味わい。すっぽんの丸鍋もちょっと試したくなるような。途中、味変に卓上にある粉山椒をかけてみたり。さらには友人のお造りに添えられていた生山葵を乗せてみたり。この組み合わせが抜群でした(笑)
かば焼きをたっぷりいただいて、あー鰻を堪能したな、と思える鰻重。しかも安心安全な国産ウナギ。お手軽に食べられるのがいいですね。
ヨ~イヤサ~♪舞阪 への口コミ京都 ウナギ、スッポン、京料理 #舞阪本店。ウナギが食べたいと誘われ行って来ました٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)選べるお吸い物は肝吸い、赤だし、すっぽんスープの中から。ならばコラーゲンぷにぷにのすっぽんスープに!!!すっぽんのぷにぷに美味しい(⁎˃ᴗ˂⁎)23日は舞阪の日で1割りくらい安く食べれるみたい✨ pic.twitter.com/4Tr9hIRo9z— punyuko (@punyuko17) March 1, 2019 詳細情報住所:京都府 京都市下京区朱雀北ノ口町2
電話番号:075-313-3421
営業時間:11:00 ~ 22:00(ランチタイム11:00 ~ 15:00)
定休日:火曜日(繁忙期は変更の場合有)、元日
公式サイト:https://maisaka.com/ 

read-more
舞坂 本店
place
京都府京都市下京区朱雀北ノ口町2
phone
0753133421
opening-hour
11:00-21:00(L.O.20:00)コロナ…

この記事を含むまとめ記事はこちら