【京都ランチめぐり】味の重層インドカレーはスパイスの宝石箱や~!まったり和むサイケ感☆「ムジャラ」


2019.10.31

Kyotopi

おおきに~豆はなどす☆今回は壬生にあるマニアックなスパイスカレー好きの間ではよく知られたお店。サイケ感漂う店内でいただく、スパイスが重層するインドカレーをランチでいただきました。スパイス偏愛者に絶大な支持を得るインドカレー店下京区、大宮高辻を西へ。
スパイスカレー好き、それもかなりスパイス偏重ぎみカレー好きの間では有名なお店。オープンしてからいろんなライターさん絶賛だったり雑誌カレー特集に登場してたりで知ってはいたものの、ようやく訪問。かなりの周回遅れ(笑)その予備情報で、けっこうハードコア系かな?女子はチビりそうな雰囲気なんかな??といろいろ想像してましたが(笑)休日ランチ利用でやってきました。カウンターとテーブル席があり、店内は深いブルーを基調としつつ、レトロな雰囲気のランプがぶらさがり、私的にはとてもまったり落ち着く雰囲気。BGMもゆるめの、なんでしょう確実にインド系ではないフラワームーブメント的な曲になるんですかね。そんなまったりする曲が流れていました。
女子おひとり様客も何人かいて、全然ハードコア色皆無(笑)これはご主人の作品なんでしょうかね。いや本物か。横尾忠則と梅図かずおを足して2で割ったような作品。作り付けの棚には、昭和レトロなセルロイド人形が飾れられ、その中にジャングル黒べえを見つけ、思わず唸ってみたり(笑)空耳アワーの安齋さん風ご主人、おそらく同年代くらいかな、とまたもやまったり。
あと、キンミヤに何やらホールスパイスが入っていて、ご主人に聞くとカルダモンらしく、意外とイケるとのこと。あぁ、合うだろうなと。壁のポスター、民博好きなんでしょうか。きっとウマが合いそう、とか思いながら。本日のカレーメニュー。
ブタバラカレー、チキンカレー、サンバルから1種1050円、2種1200円、3種1400円と合いがけ制。ご飯は長粒米バスマティと白米がセット。
で、せっかくなんでいろんな味を試すべく3種をチョイス。ドリンクメニューはこちら。で、登場したのがこちら。
3種類のカレー以外にもいろいろ乗ってる様子。なんでしょう、味の宝石箱や~状態になってることが食べる前からわかる画。
小さい小鉢も2種類あり、こちらがサンバル、そしてもう一つはヨーグルトベースのカードですかね。まずは中央にある、チキンカレー。ほろほろと肉が崩れ、スパイスはもちろんのこと、食感も多彩。バスマティとのサラサラと絡む感じもいい。その奥、白米にかかっているブタバラカレーとおぼしきもの。それだけではないここではホール、リーフ、形態いろいろのスパイス、ハーブが混ざり、さらにココナッツミルクやキウイのチャツネですかね。フルーティーな味わいも。こちらサンバルですかね。わりと薄々な中にフレッシュなリーフが煮込まれていて。ムングホール塩漬け、刻み野菜、玉ねぎのアチャールなど、さっぱりする味変材も。最終、全部混ぜとかしましたが、もはや味が重層すぎて構成さてるものの判別ができないような(笑)
ただ、確実に身体がポカポカし、心地よいホットさ。お冷もすすみました。そして、食後の心地よさがスパイスカレーの良さというか。
カレーもさることながら、お店の雰囲気が個人的には気に入りました(笑)女子おひとり様でも和めますよ。
ヨ~イヤサ~♪ムジャラ への口コミ昨日撮影した家の人がやってるカレー屋「ムジャラ」。2ヶ月かけて自分でやったというお店も自宅と同じくらい素晴らしい内装。カレーは行列も納得の激うま、お腹いっぱいになりたくない、一生食べ続けていたい美味しさ。人形いいですね、といったら「特に口元が雰囲気あってええんです」とのこと。 pic.twitter.com/VMGpPiS576— ポルカ社 (@po_polka) October 22, 2019 詳細情報店名:カレー&スパイス料理 ムジャラ
住所:京都市下京区高辻大宮西入坊門町832 イツワマンション1F
営業時間:11:30~食材が無くなり次第CLOSE
定休日:日曜日、不定休
店舗HP: http://www.mujara.net/ 

ムジャラ
rating

4.0

2件の口コミ
place
京都府京都市下京区高辻通大宮西入 坊門町832-1F
phone
08091611191
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら