【京都神社めぐり】豊臣秀吉が御利益に『満足』して命名!大胆デザインの御朱印帳も☆「満足稲荷神社」


2019.09.30

Kyotopi

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山三条上がった場所にある神社。天下統一を果たした戦国武将・豊臣秀吉が社名の命名に関わる。霊験あらたかな御神木も。戦国武将・豊臣秀吉ゆかりの社名東山三条上がる。東大路通りに面した古い佇まいの神社。別名『満足さん』とも呼ばれる、なんともご機嫌な名前の神社(笑)
舞殿・狛狐。
豊臣秀吉が文禄の役(1592年)の戦勝を稲荷大神に祈願したところ、その御利益が得られ、文禄年間(1592~96)伏見城の守護神として伏見稲荷大社の祭神を勧請。
元禄6年(1693年)徳川綱吉が現在の地に遷座。法皇寺の鎮守社となった。明治に入り、法皇寺は南禅寺に吸収。神社のみが残った。商売繁昌・五穀豊穣の神として信仰を集める。
社名の『満足』は、戦勝した秀吉がその御利益に「満足」したことから命名。本殿には御祭神・倉稲魂命が祀られています。
樹齢400年ともいわれる御神木クロガネモチの木。京都市指定保存樹。一本の幹から八本の幹が枝分かれし、末広がりで縁起がよいとされます。その隣には磐座・岩神さん。
岩神さんをさすり、その手で頭や弱っている身体の箇所をさすると治ると言い伝えられています。社務所にはおみくじあり、お守りあり、いろいろ並んでいます。中でも目を惹くのが、このオリジナル御朱印帳。大胆デザインの「幟(のぼり)」。しばらく品切れだったそうですが、再入荷中。幟生地がそのまま御朱印帳の表紙に使われています。
天下統一を果たした豊臣秀吉が満足するほど御利益を得た神社。同じような霊験にあやかりたいですね。
満足稲荷神社 へのツイート京都異境案内東山仁王門近くの満足稲荷神社一足踏み入れると空気ががらり樹齢400年のもちの木は物言わんばかり凄い迫力ですしお稲荷様は稲穂を咥えてこちらを見ています祭神はウカノミタマ小さいですが別の世界と繋がっていそうですドキドキ pic.twitter.com/IzayAFyCu4— 紫明書院 (@Simeishoin) June 12, 2019 詳細情報住所:京都市左京区東大路仁王門下ル東門前町527-1
電話番号:075-771-3035
公式サイト:https://www.manzokuinari.com/ 

満足稲荷神社
rating

3.5

15件の口コミ
place
京都府京都市左京区東大路仁王門下ル東門前町527-1
phone
0757713035
opening-hour
9:00-17:00(季節により変動あ…

この記事を含むまとめ記事はこちら