【茅の輪くぐり2019】2019年後半も健康に♪亥年は護王神社で茅の輪くぐり【夏越しの大祓】


2019.06.30

Kyotopi

6月30日は1年の折り返し。今年は亥年にちなんで、護王神社で茅の輪をくぐり今年後半の無病息災を願ってきました♪茅の輪くぐり〜夏越しの大祓〜今年ももう早1年が半分過ぎようとしてますが、6月30日は1年の折り返しということで、京都市内各所の神社では、「夏越大祓」として茅の輪を設置しています。
茅の輪くぐりは、神社によって作法は様々ですが、茅の輪を三回廻って穢れをはらい、無病息災を願います。
足腰の守護神、護王神社護王神社の創建は不明。平安京遷都に貢献された、和気清麻呂公(わけのきよまろこう)をお祀りされており、京都御所の蛤御門前に鎮座する神社です。
近年はいのしし神社として親しまれ、足腰の守護神としても信仰されています。鳥居と狛いのしし本堂表門の御千度車毎月21日の午後3時には、足腰祭が行われ、本殿での祈願祭の後、表門前の御千度車を回し、足腰の大御守の下をくぐって足腰の健康を祈願します。
御千度車を回すと、優しい鈴の音がして癒されました。亥年にちなんで、護王神社で茅の輪くぐり♪拝殿前に立派な茅の輪が設置されていました。
通常、6月30日直前に設置されることが多いですが、護王神社では、少し早めに設置されていました。
亥年にちなんで、こちらで茅の輪くぐりをさせていただきましたー♪
今年前半の穢れを祓い、後半も健康に過ごせますように^人 ^
6月30日(日)15時からは、夏越大祓の神事が行われます。護王神社の茅の輪のくぐり方は、こんな感じでした。
①茅の輪をくぐり、左に廻ります。
②茅の輪をくぐり、右に廻ります。
③茅の輪をくぐり、左に廻り、もう一度茅の輪をくぐって正面に進む。さざれ石日本一のさざれ石このさざれ石は岐阜県産で同県で発見解明されたそうです。
石灰岩が長年の雨などに溶解し、様々な大きさの粒が結集し、自然と大きな巌になったもので、大変貴重で、おめでたいものそうです。
「君が代」の歌詞にも登場しますが、実際に見れる機会は中々無くて、ありがたかったです。数々のいのししコレクション手水舎のいのしし「幸運の猪」と呼ばれていて、花をなでると幸運が訪れるとか。
この日は撫でなかったので、またの機会に撫でさせていただこうと思います^_^飛翔親子猪この地にあった木を利用して作られたそうです。
猪が見事に表現されていますね!2019年亥年絵馬今年は亥年ということで、たくさんの方が初詣の参拝に来られたそうですね!護王神社の口コミ6月30日は夏越大祓、全国の神社で茅の輪くぐりがその日だけ設置されます、当日はお休みではないので、既に設置されている所へ参りました、京都御所西の護王神社、今年はいのしし年もあり、賑わってました、京都御所南の下御霊神社、こちらも30日まで設置されているそうです、スッキリです〜☺️✌️🎉 pic.twitter.com/oDfJ6ozpXV— chez inoue、6月水無月、梅雨入り、30日茅の輪くぐり、夏越大祓に水無月ロールです👏✌、 (@CHEZINOUE) June 24, 2019基本情報名称:護王神社(ごおうじんじゃ)
住所:京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385(京都御所蛤御門前)
電話番号: 075-441-5458(午前9時〜午後5時)
拝観時間:午前6時〜午後9時(ご祈祷・ご授与は午前9時〜午後5時)
拝観:自由
関連ページ:http://www.gooujinja.or.jp/ 

read-more
護王神社
place
京都府京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
phone
0754415458
opening-hour
[参拝]6:00-21:00[授与所受付]…

この記事を含むまとめ記事はこちら