【京都モーニングめぐり】京都屈指の老舗ベーカリー自慢!至福の贅沢トースト☆府庁前「進々堂」


2019.06.01

Kyotopi

おおきに~豆はなどす☆今回は京都を代表する創業100年超えの老舗ベーカリーのモーニング。それも、老舗ベーカリーのこだわりが詰まった至福の贅沢トースト。一味も二味も違う美味しさ。京都老舗ベーカリーの本気の高級食パンモーニング京都府庁前。
この日は休日で、この界隈もいつもより閑散とした雰囲気。ちょうどそういう時のほうが空いてていいかと思い、モーニングをいただきにこちらへ。京都屈指の老舗ベーカリー。創業100年を超える、京都では一番古いパン屋さん。京都市内には至る所に支店がありますが、ここ府庁前店は初訪。進々堂といえば、どの店舗にも共通してレンガ造りのクラシカルな雰囲気の店内が特徴のような。店内入ってスグの場所にパンが並んでいます。
今回はさらに奥のレストランへ。やはり人気です。ほぼ満席でしたが、なんとかテーブル席を確保。カウンター席もあり、おひとり様でも気軽に食事できる雰囲気。で、モーニングメニュー。パンは4種類から選べ、さらにドリンク類も。玉子料理が付いたり、スープやシリアルやヨーグルトがあったり、バリエーション豊富。サンド類も。そんな中、一際そそられたのがこれ。なんとも潔いトースト2枚とドリンクだけのモーニング。しかも他のサラダや玉子料理のついたセットより割高の880円。なんでも進々堂自慢の高級食パン『hana』のトーストモーニング。しかも、そのhanaも販売店舗が限られていて、ここ府庁前店では店頭で販売していない食パン。京都伊勢丹では販売。他店舗でも予約制だったり。ある意味幻の食パン。
今回はこちらを注文することに。ドリンクはホットコーヒーを。おかわり自由ということもあり(笑)しばらくして登場のトーストセット。こんがりといいきつね色にトーストされています。トーストのお供として、フランボワースジャム、ホイップバター、メープルシロップがついています。さっそくトーストを割ってみると、かなりのモチモチとした弾力。さっくり切れるパンドミータイプとはかなり対極のもっちりさ。
すでにふんわりとバターや小麦が香り立っていて、通常の食パンよりもそのリッチさがわかるんですが、まずはそのままで一口。しっとりと潤う食感と、クリーム、発酵バター、はちみつの奥深いコクと味わい。9種類の素材で作られた『まじりけのないおいしさ』とPOPにあった表現そのもの。ホイップバターをつけてみると、はちみつの甘みが際立ちます。メープルシロップで。下手なパンケーキより断然この香ばしさもプラスされていて、メープルの風味も活きてくる。フランボワースジャム。わりとフレッシュ感あるジャムでアクセントになる酸味とフルーティーな甘みを兼ねそなえた美味しいジャムです。食パンをさらに高級な味わいへと昇華。2枚目もちょっとちぎってそのモチモチ感を楽しんでみたり(笑)トーストしてからしばらくしてもこのもっちり感と美味しさ持続。
最近高級食パン流行りですが、地元京都の老舗ベーカリーも負けてはいません!しかも手軽にモーニングでいただけるのもいいですね。ぜひご賞味あれ!
ヨ~イヤサ~♪進々堂 への口コミ見てたのに気づかんかったわー😅外観と店名だけ出てた「進々堂」さんが作ってる、食パン『hana』がマジで美味しいから商品も出して欲しかった🍞🍞#進々堂 #食パン #伊勢丹で買える#ハンナリーズのスポンサーになって pic.twitter.com/qhYwWrZGfl— rantaro (@yui08risa12) 2019年4月4日詳細情報住所:京都市上京区釜座通椹木町下る夷川町375
電話番号:075-241-0484
営業時間:[レストラン・イートイン]7:30~17:30(o.s17:00)※
      ●モーニング 7:30~11:00
      ●ランチ 11:00~17:30(O.S 17:00)
      ※イートインは11:00~14:00は休止
     [ショップ]
     (平日)......7:30~19:00
     (土日祝)...7:30~18:30
定休日:年中無休(年末年始は要問合せ)
公式サイト:http://www.shinshindo.jp/branches/fucho.html 

read-more
進々堂 府庁前店
place
京都府京都市上京区釜座通椹木町下る夷川町375
opening-hour
【カフェ】7:30-17:30(L.O.17:…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら