京都 桂にも高級食パンの波がやってきた「銀座に志かわ」の食パンは優しい甘みと食感が◎


2019.05.23

Kyotopi

どもこんにちは〜西のお店行きまくりのデブ子デラックスです★今回は、桂にオープンした高級食パン店「銀座に志かわ」を紹介します。空前の高級食パンブームが桂にも高級食パン専門店があちこちにオープンしていますが、銀座に志かわもそのひとつ。1号店が銀座にオープンしてから、全国あちこちに相次いでオープン。現在は7店舗を構えているそうです。
京都桂店は全体で3号店で、京都初出店。桂駅から徒歩15分ほどの、桂川街道沿いに2月にオープンしました。オープン以来大人気で、しばらくは平日でも来店から3時間後ぐらいしか買えないほどでしたが、最近は落ち着いていて平日は来店すぐに買えることが増えました(週末は混み合うことが多いようです)。商品は食パン1本売りのみで、価格は864円(税込)。来店のつど買うか、予約も可能。1日数回焼かれますが数が限られるため、確実に手に入れたいときは予約がオススメです。パンはすべて店内で焼かれ、焼き立てが提供されます。買ってすぐはほんのり温かいほど。奥の厨房が少し見えますが、ひっきりなしに焼かれているようです。ほのかな甘みがおいしい!水にこだわるしっとり食パン銀座に志かわの食パンには、仕込みに独自のアルカリイオン水が使われているとのこと。表ののれんにも「水にこだわる高級食パン」と書かれているので、力の入れ具合がよくわかります。アルカリイオン水を使うことで、もちもちながらしっとりした口どけで、耳までやわらかになるのだそう。食パンって何かつけて食べることが多いですが、こちらのはほんのり甘く、何もつけずに食べてもおいしいのが印象的でした。きんぴらごぼうなど和食との相性がいいそうですが、確かにそうかも。次回試してみたいです。1日目は、焼きたてならではの香りとやわらか食感が楽しめます。2日目は、落ち着いてきて甘みが増し、3日目はトーストして、外はカリカリ中はモチモチ...。そんな変化を感じながら味わってみましょう。今なら限定「令和」紙袋に入れてもらえます!高級食パンだけに、パッケージにも工夫がされています。普段は"料亭のおもたせのような"手提げ紙袋ですが、今なら限定で新元号「令和」にちなみ、記念の紙袋に入れてもらえますよ。
カラフルでかわいい紙袋で、富士山や鶴亀など演技のいいものが描かれていて、新元号を祝うにふさわしいデザインになっています。自分用に購入はもちろん、贈り物としても喜ばれそう!
なくなり次第終了なので、欲しい方は早めにGETしてくださいね。
https://ginza-nishikawa.co.jp/archives/news/anniversary_paperbags
京都ではこちらでしか買えない、和食にも合う銀座に志かわの高級食パン。
ぜひ味わってみてくださいね。SHOP DATA住所:京都市西京区上桂東ノ口町157 レヴェンテ桂1F
電話:075-382-2400
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
アクセス:阪急電車桂駅下車 徒歩約15分
ホームページ:https://ginza-nishikawa.co.jp/ 

read-more
銀座に志かわ 京都桂店
rating

3.0

1件の口コミ
place
京都府京都市西京区上桂東ノ口町157 レヴェンテ桂 1F
phone
0753822400
opening-hour
11:00-18:00(売り切れ次第終了…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら