【京都パンめぐり】鴨川スグの老舗ベーカリー!焼きたてレトロパンでお花見モーニング☆「柳月堂」


2019.04.29

Kyotopi

おおきに~豆はなどす☆今回は出町柳にある老舗ベーカリー。素朴な味わいのレトロパンが今も変わらず絶大な人気。焼きたてパンをお供に鴨川べりでお花見モーニングも楽しめる立地。叡電出町柳駅前の有名な人気老舗ベーカリー叡電出町柳駅前。この日は桜パトロールの途中にこちらへ。ここのパンを朝食がわりにしようとやってきました。
創業60年あまりの老舗。京都の老舗パン屋さんとしては有名店。この界隈には大学もあり、学生にも愛されるお店。
わりと朝早い時間帯だったので、品出しされているアイテムも限られていましたが、焼き上がり時間も表示。それでも、店内にはデニッシュ系、おかずパン系いろいろあり。ソフトフランス系のパンも。サンドイッチ類も冷蔵ケースに一通りあります。さらに昔ながらの雰囲気の懐かし系フカフカの焼きたてらしきものも。クルミ使いのパンがこの時間帯は充実してました。
全体的に割安でついついいろいろ買ってしまいます(笑)そういうところが、学生にもうれしいお店。考えてみると、こんなアルミカップに乗せられて焼かれたパンって、最近のオシャレこだわりベーカリーの仕様じゃないですよね。昔ながらの町のパン屋さん的なものを、こんなところからも感じ取れます。で、今回はフルーツサンド、ハムグラタン、くるみパンを購入。全部で500円程度。
で、近くのコンビニでホットコーヒーを買って鴨川のベンチにてカスタマイズモーニング(笑)ちょうど見ごろの桜の木の下で、お花見モーニング。
といっても、このあたり土鳩やトンビも多く出没し、食べものを狙っていたりします。この時も土鳩がフレームインしてひそかに狙ってましたが(汗)俯瞰撮影はそこそこに、土鳩を追っ払い、すぐさま試食タイム。
まずはくるみパン。フカフカもっちりで、くるみの香ばしさとパン生地がシンプルに美味しい一品。ハムグラタン。見た目よりもボリューミーで、真ん中にたっぷりのホワイトソース、ハム、チーズが乗っていて、食事感あるのがいい。自宅で温めなおして食べたら、さらに美味しさ倍増すること間違いナシ。そして、フルーツサンド。せっかくなんで無理やり桜を背景に。
甘さ控えめの生クリームに昔懐かしい缶詰の白桃やミカンが入っていて、見た目にも昭和感あって、なんだかこれだけ見ると昔の画像にも空目しそうな(笑)
これからはアウトドアで食事するのも楽しいシーズン。立地的にもそうしたくなるような。ただし、トンビは要注意です!
ヨ~イヤサ~♪柳月堂 への口コミ雨足が強いので、予定を変更。学生の頃よく通っていたパン屋さんに寄り道して、屋内の遊び場へ向かいます^ ^#京都のパン屋さん #柳月堂 #くるみパン pic.twitter.com/2N95JBiGbp— ミカヅキレイン (@ame_crescent) 2019年3月17日詳細情報住所:京都府京都市左京区田中下柳町5−1
電話番号:075-781-5161
営業時間:7:30~22:20
定休日:土曜日 

ベーカリー柳月堂
rating

4.0

27件の口コミ
place
京都府京都市左京区田中下柳町5-1
phone
0757815161
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら