とても親切・丁寧に相談にのってもらえる!魯山人ゆかりの「わやくや千坂漢方薬局」


2019.04.03

Kyotopi

150年余の歴史を持つ「わやくや千坂(ちさか)漢方薬局」は あの北大路魯山人ゆかりの漢方薬局屋さんでした。親切・丁寧に薬剤師さんである店主さんがお薬について相談にのってくださいます☆丁寧で親切な薬局屋さん烏丸二条の角のわやくや千坂漢方薬局烏丸に面した「わやくや千坂漢方薬局」。夷川通りは家具屋さん、二条通りは薬問屋さんが多い、といわれますが 烏丸二条の角にお店があります。商いを始められたのは明治のはじめだそうで、150年余の歴史を持つ漢方薬局屋さんです。早速入ってみましょう。ずらりと並ぶ漢方の引き出し。
薬草を煎じ薬として症状に合わせて個人仕様にブレンドをしてくださいます。でも最近では効果はそのままに 錠剤や粉薬として手軽に利用できるようにもなってます。店内でひときわ目立つ昔からの歴史ある看板。こちらが昔の「わやくや千坂漢方薬局」の店構えの写真。明治26年〜29年、当時10歳の魯山人少年がお店で丁稚奉公をしていたとのこと。陶芸家、画家、美食家、、様々な顔を持つ北大路魯山人が芸術に目覚める前を過ごした場所。漢方薬局に来てお聞きしたからこそ知ったお話でした。そんな雑談をしながら 漢方の相談を親切丁寧に乗ってくださった 薬剤師の店主さん。今日は貧血と身体のバックアップを目的に漢方を探しに来たのでした。
お話しをする中で一番適したのが何か 選択してくださいます。
貧血のためには様々ありますが
今回は婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)を購入決定。試飲もいただきましたが漢方の風味と黒糖の甘さで飲みやすいシロップでした。その他 いろいろな漢方がありました。田七人参はあの高麗人参の7倍ものサポニンを含んでおり、身体の様々な不調には本当にいいそうです。店内には血圧測定機や血中酸素を測定する機器も常設されていて 数値に基づいて気軽に健康相談ができます。漢方は 病名によってお薬を選ぶのではなく 症状に合わせてお薬を使用するので 漢方薬局のプロである薬剤師さんによく相談するのが大事だと実感します。奥深い漢方の世界。検査に表れないような身体の不調にも体質に合わせて処方してくださるので 健康に不安のある方は是非 お試しになってはいかがでしょうか。
基本情報
■わやくや千坂漢方薬局
■場所 京都市中京区二条通烏丸東入る仁王門町3
■営業時間  10:30 ~ 19:00
■TEL 075-231-2077
■定休日 日曜日・祝祭日・第3土曜日   
■最寄り駅 地下鉄「烏丸御池」
 

わやくや千坂漢方薬局
place
京都府京都市中京区二条通 烏丸東入仁王門町3
phone
0752312077
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら