新京極に巨大なドーナツ工場現る!?☆「koe donuts (コエ ドーナツ)」3/21オープン!


2019.03.24

Kyotopi

3月21日(木)ドーナツファクトリー「koe donuts(コエ ドーナツ)」1号店がオープンしました☆場所は昨年末にオープンした新京極の「京都松竹阪井座ビル」の1F☆過去に類を見ない大型のドーナツ店ですよ!☆テーマはエシカル&ウェルネス新業態として展開するkoe donutsは、“life happens,donut helps”をコンセプトにした体験型のドーナツファクトリーです。ドーナツは世代や国を超えて親しみのある定番おやつですが、高カロリーなイメージがあります。koeでは、近年の健康志向の高まりから「ウェルネス」をテーマに低カロリーでオーガニック、そしてブランドコンセプトである「エシカル」の観点から、地球環境にも配慮し、素材や製造にこだわった新しいドーナツを販売いたします。
最大の特徴は、工場併設型店舗であることです。石臼で粉を挽き、オリジナルのベルトコンベヤー式フライヤーでドーナツを揚げ、トッピングまでの全製造工程を見学いただけます。イートインは出来立てのドーナツをナイフとフォークで味わうスタイル。テイクアウトメニューは、バリエーション豊富で視覚的にも楽しめるドーナツをご用意し、自宅用だけではなくギフトにも最適です。原料は京都産をはじめとする国産素材を使用し、「オーガニック」「天然由来」「地産地消」をキーワードに、日本らしい上質なドーナツに再編集します。via koe donuts HPスケールでかいです
いままで見たことのないデザインはテンション上がりますね!
店舗デザインはなんと、世界的に注目される建築家の隈研吾氏
嵐山の竹を使ったカゴを天井にドーム状に配したデザインはファンタジックでもあり、SF的にも感じられますね
オープン前のHPには店内のデザイン画がアップされていましたが、実際の店舗もそのまま、というかそれ以上に華やかな印象です
工程が見えるのは確かに面白くて、オープンキッチンならぬオープンファクトリーというわけですね
ファクトリー内のスタッフは全て女性で、工場の作業着をイメージさせるユニフォーム
全て女性で配しているのはギャップ感の演出でしょうか?
そしてどこを切り取っても「映える」仕様は念入りに仕込まれています(笑)これですね(笑)
もう「お約束」な場所
撮影小物もいろいろ用意されています(笑)
イラストレーター長場雄氏によるデザイン“ドーナツ博士”
ネオンは結構、撮影難しいかもいただいたのがこれ、ストロベリーの「ドーナツメルト」
シグニチャードーナツと謳われてますから、いわゆるイチオシ商品です
これはナイフとフォークでいただきます
びっくりする程柔らかくて、まるでショートケーキをいただいてる感じ
ジューシーな生地が新食感です
ドーナツ生地の種類もたくさんありそうで、トッピングを組み合わせると相当な数のメニューになりますねこれがカスタムメイドで作られたというベルトコンベア式のドーナツフライヤー
扱う女性がまたギャップ萌えみたいに(笑)メインキャラクターの“ドーナツ博士”を配したグッズも抜かりなく面白いですね!
きっと行列必至のお店になるはずです
コンセプトとデザインの完成度は全く抜かりなし
混み合っても、テーマパークのような楽しさが生まれれば素晴らしいと思います
期待したいです♪koe donuts on instagram View this post on Instagram ・ ・ @koe_donuts ・ 🍩💗🍩💗🍩💗 3月21日グランドオープン。 オリジナルペーパーのデザインも可愛い𖠋𖠋 ・ ・ #京都#河原町#新京極#河原町スイーツ#新店舗#koedonuts#コエドーナツ#ドーナツ#スイーツ#オーガニック#天然由来#地産地消#カフェ巡り#カフェ好き#プレオープン#店内#竹かご#おしゃれ空間#カメラ女子#カメラ好きな人と繋がりたい#写真好きな人と繋がりたい 🄼🄰🄺🄸𓆸さん(@8ma__chan8)がシェアした投稿 - 2019年 3月月18日午前4時02分PDT koe donuts (コエ ドーナツ) 基本情報■店舗名    ドー ナツファクトリー「koe donuts」(コエ ドーナツ)
■住所     京都市中京区新京極通四条上ル中之町557番地
■営業時間   8:00〜20:00
■詳細ページ  https://donuts.koe.com 

read-more
koe donuts(コエ ドーナツ) 京都
rating

4.0

47件の口コミ
place
京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町557
phone
0757481162
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら