【京都ランチめぐり】穴場☆昨年10月にオープンした京町家タイ料理店!野菜たっぷりでお値ごろ◎「カオニャオヒルズ」


2019.03.24

Kyotopi

おおきに~豆はなどす☆今回は昨年10月オープンしたまだ比較的新しいタイ料理店。地下鉄四条駅から高辻通りを東、東洞院下がった場所にある京町家リノベーション。お値ごろランチをいただきました。落ち着いた京町家リノベーションのタイ料理ランチ高辻通りから東洞院通りを下がる。たまたま発見したお店。昨年10月オープンし、来店客の間ではわりと好評価のタイ料理店。今回はランチで。
引き戸の入り口入ると、タイの移動式屋台が飾られていて、京町家といえど、一気にタイ感。室内の階段上って店舗は2階になります。タイの民族音楽BGMとパウダリーなお香が炊かれ、ちょっと隠れ家的雰囲気もあり。そして、京町家の建具とタイテイストがうまい具合にマッチして、落ち着く空間。内装もガッツリ民族系ではなく、ちょっと茶目っ気もあり。タイのレコードジャケットですかね。昭和風にも見えます。ランチメニュー。
今回は日替わりのラートカーオセット900円(税別)を注文。ヨンさん気まぐれの日替わりタイの炒め物をご飯にのせて目玉焼きオン。他、タイの酸っぱ辛い和え物、スープ、小さな甘物、コーヒーかジャスミン茶付、というラインナップ。
他のカオマンガイやトムヤムクンヌードルのセットも気になりましたが。タイ料理の定番、グリーンカレーやパッタイのセットも。お店のLINEスタンプもあるみたいです(笑)夜メニューも充実。一つ一つの品目情報がイラスト付きでけっこう多めです(笑)待ってる間、お店の本をお借りして時間つぶし。わりとマニアックなタイ本がたくさんあり、ちょっと夢中になります。テーブルには味変材もいろいろ。ほどなくして、登場のラートカーオセット。わりとボリューミー。ん?ちょっと最初から目玉焼きが陥没してたのですが(汗)
乗せる時失敗されたのか、すでに黄身がご飯に流れて浸透してました。まあ、味には影響なしです。この日はチキンとショウガ、キクラゲ、人参、玉ねぎ、インゲンを炒め、アクセントにパクチー添えた炒め物がご飯の脇に。ご飯は長粒米でわりとたっぷり。付け合せにサラダ。
野菜とチキン、目玉焼きなど、バランスよくモリモリと食べられて、とてもヘルシー。
春雨サラダも野菜たっぷりでチリソースが利いていて甘酸っぱ辛い、これぞタイの味!といった印象。スープは至って優しい味わいで、人参、大根、ネギの入った、箸休め的。最後、小さなデザートはマンゴー入ココナッツミルク仕立てのタピオカゼリー。そしてホットジャスミン茶。
とてもバランスが取れたランチで1000円以内。ゆったりと落ち着いて食事できて雰囲気もまた◎。まだあまり知られていない穴場店。今度はヌードル系を攻めたいです。
ヨ~イヤサ~♪カオニャオヒルズ への口コミセクター5で知り合った方と仲良くなりなんやかんやでご飯をご馳走になってしまった…。😅タイ料理のカオニャオヒルズさんというお店💡とても美味しかった。また行きたいお店です😍 pic.twitter.com/rhchyYcXoO— しまの03 (@burita03) 2018年12月22日詳細情報住所:京都市下京区東洞院高辻下ル燈籠町579
電話番号:075-344-6807
営業時間:11:30~15:00(LO14:00) 17:30~22:00(LO)
定休日:日曜日
関連サイト:https://twitter.com/khaoniawhills?lang=ja元のページを表示 ≫関連する記事【京都酒場めぐり】四条大宮のディープ飲み屋街のタイ屋台!パクチスト必見☆「とき」四条エリアで本格タイ料理を!リアルのタイ感ぷんぷん!「コンケン」【京都大学スグ】マニアックなカレー好き必見!緑色のフレッシュハーブカレーは神秘味☆「アンダンテ エ カンタービレ 」京町家でランチ限定の絶品スパイスカレー「アジパイGAKU」【京都ランチめぐり】八坂神社前の超穴場蕎麦店で熱々玉子とじそば☆通し営業で利便性◎「ぎおん石京そば処」 

カオニャオヒルズ
place
京都府京都市下京区東洞院高辻下ル燈籠町579
phone
0753446807
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら