【京都神社めぐり】世界遺産・宇治平等院の守護神社!枝垂桜と『暗闇の奇祭』が有名☆「縣(あがた)神社」


2019.02.28

Kyotopi

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は宇治にある大和時代からある神社。宇治の守護神社で、6月に開催されるお祭りは奇祭としても有名。世界遺産・宇治平等院の総鎮守宇治市、世界遺産である平等院のすぐそばにある神社。縣(あがた)神社と読みます。
1052年、藤原道長が別荘として宇治平等院を建立した際、その総鎮守(守護神社)に。手水舎・縣井(あがたい)。歴史の古い井戸で、平安時代以降には和歌の歌枕にもなっています。境内を見渡すと、かなりの樹齢であることが推察される大木が立っているのが目立ちます。こちらはムクノキ。樹齢が500年以上もあり、宇治市名木百選にもなる御神木。他にもイチョウの木があったり。松の木も。御祭神である木花開耶姫命を象徴する花・枝垂桜の名所でもあります。4月上旬が開花時期。本殿。御祭神・木花開耶姫命ということで、女性の守護神。縁結び、安産、家運盛隆、子育てなどのご利益が。
江戸時代には神仏習合で滋賀県にある三井寺の管理下になり、明治時代の神仏分離令で独立。そして、毎年6月5日と6日に開催される縣祭りは、宇治を代表するお祭りとしても有名で、『暗闇の奇祭』とも言われています。6月5日の22時を過ぎると参道の灯りがすべて消され、深夜に執り行われる還幸祭までの間、暗闇に。
その際氏子により執り行われる梵天渡御(ぼんてんとぎょ)。短冊状の御幣(ごへい)を竹に挟みこんだ球状の神輿・梵天には神が宿ってていると言われ、氏子たちが梵天を担いで回す「ぶん回し」神事。
境内、他にも梅や椿も咲き、季節の花々もまた見所の一つ。おみくじも大吉でホクホク。授与所で御朱印も頂きました。枝垂桜が有名ということで、桜型の朱印も。平等院とセットで観光したいスポットですね。縣神社 へのツイート【縣祭】2018年6月5日(火)5日から6日未明にかけて行われる「暗闇の奇祭」として有名な祭り。5日の朝御饌の儀から神事が始まり、夕方の夕御饌の儀をへて祭のクライマックス梵天渡御へと盛り上がっていきます。縣神社(京都府宇治市)#京都 #縣祭 #奇祭 #三本柳さんさ踊りhttps://t.co/cpJi0ohi6T pic.twitter.com/YMhjCfU7Cl— にゃんとこ (@nyantokonyan) 2018年5月29日 詳細情報名称:縣神社
住所:京都府宇治市宇治蓮華72
電話番号:0774-21-3014
公式HP:https://www.facebook.com/agatajinjya元のページを表示 ≫関連する記事【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!千日回峰行の大阿闍梨のパワー注入☆5寺社め「赤山禅院」【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!京の名峰に囲まれた大黒さま☆3寺社め「松ヶ崎大黒天」【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!十日ゑびす祭りでも大盛況☆2寺社め「京都ゑびす神社」【開運招福】京都発祥で日本最古の『都七福神めぐり』!全国からバスツアー参拝客も!!1寺社め☆布袋尊「萬福寺」宇治の街を見守ってきた歴史ある神社!平等院の鎮守とされた「縣神社(あがたじんじゃ)」 

read-more
縣神社
place
京都府宇治市宇治蓮華72
phone
0774213014

この記事を含むまとめ記事はこちら