【京都珍温泉めぐり】破格!京の奥座敷・湯の花温泉をテイクアウト?自宅で温泉気分☆「湯の花温泉スタンド」


2019.01.12

Kyotopi

京の奥座敷・亀岡の湯の花温泉。かつては湯治場としても知られる名湯で、この界隈では日帰り入浴も可能な旅館もあるが、この温泉をテイクアウトし、自宅で入浴することも可能な温泉スタンドもあり。コスパ最強のテイクアウト温泉(笑)というか、こういうのをコスパ最強とか言えるのかどうかも疑問ですが(笑)
京の奥座敷・亀岡の湯の花温泉。その歴史は古く、戦国時代には武将たちが刀傷を癒やす湯治場として活用されたとも言われる、地元民にもよく知られた温泉地。そんな場所に昔からあるこちら、温泉スタンド。温泉がテイクアウトできます。ちょっと面白い珍スポット取材として、これ以外に湯の花温泉名物の沿道にそびえたつ鬼の像を撮影しようとこの界隈を行ったり来たりしてましたが、数年前に撤去されたらしいです(泣)この近くのお店の人情報ですが。
鬼の涙が湯の花温泉になったという創作伝説に苦言する人がいたとかで。あの草むらに色とりどりの鬼が建ってるシュールさ、好きだったんですけどねぇ。車を数台停められるような広いスペース。その片隅にある、こちらが温泉スタンド。専用コインを入れてると蛇口から温泉が出てくるというもの。専用コインは1枚100円で、観光協会やこの界隈の旅館で販売。1枚100円のコインで200リットル分の温泉。というか、相当な量だなオイ(笑)めっちゃ安いやん!と思いましたが、現実的に考えると20リットルポリタンクを10個分。て、ポリタンクそんなに備えてる家あるのかオイ(笑)
温泉自体はある意味、高コスパなんですけどね。ポリタンク初期投資を考えると、相当リピートしないとな、と(爆)ツッコミどころ満載のテイクアウト温泉でした!湯の花温泉スタンド へのツイート亀岡の湯の花温泉にある温泉スタンドの料金が驚いた。100円で200リットル・・・。容器はご用意ください。 ええ~。— すいみ@ (@suimitera) 2017年12月12日 基本情報住所:京都府亀岡市ひえ田野町佐伯下峠52−3
電話:0771-22-5645 

read-more
湯の花温泉スタンド
place
京都府亀岡市ひえ田野町佐伯
phone
0771225645
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら