近江八幡に佇む商家をリノベーション!ハイセンスな空間で美食を味わう


2021.07.10

一休コンシェルジュ

日本一の広さを誇る琵琶湖。その東側に広がる滋賀県近江八幡市に2020年10月、190年続いた商家を改修したスタイリッシュな宿が誕生しました。風情ある「八幡堀」のほとりに開業近江商人発祥の地として知られる近江八幡。この地で商業が発展したのは、琵琶湖を往来する船を堀を使って城下に呼び込み、多くの人や物を集めたから。堀は豊臣秀次の居城・八幡山城を守る一方で、運河の役割も果たしたのです。
その堀とは「八幡堀」。映画やドラマのロケ地にもたびたび使われる情緒あふれる景観が特長で、今では近江八幡を代表する観光スポットにもなっています。
「旅籠 八(わかつ)…」はその堀のほとりにあった築190年の商家をリノベーションし、2020年に開業。1日2組限定の宿として生まれ変わりました。歴史の重みとモダンなセンスがうまく融合リノベーションされた建物は、江戸時代に畳屋を営んでいた旧喜多邸。墨色の焼き板とベンガラ色の格子を合わせた外観は意外とシンプルで、通りからは中の風情をうかがい知ることはできません。独創的なリノベーションセンスを感じるのは門をくぐってから。敷地内には2つのお部屋と庭、カフェ、蔵を改修したレストランがあり、どこに目を向けてもかなりスタイリッシュ。堀の栄枯盛衰を見守ってきた歴史の重みとギャラリーを思わせるモダンなセンスがミックスされ、唯一無二の空間に仕上がっています。木と石を、それぞれテーマにすえた2室部屋のひとつは八幡堀が望める「木の間」。広さ約96平米、1棟貸しの和室で、13時からチェックインが可能です。お風呂は今では珍しくなった高野槙の桶風呂。まるで森の中にいるような清々しい香も一興です。もうひとつは京都から石を運ぶなど、吟味を重ねた庭を眺める「石の間」。チェックインは15時から。広さは木の間の半分程度ですが、和室とキングサイズのベッドを入れた洋室の2 部屋で構成され、使い勝手も申し分なし。お風呂は京都の大きな鞍馬石をくりぬいた岩風呂で圧巻の存在感!ごろりとした堂々たるその姿は早くも人気を呼んでいます。かつての「鯖街道」を彷彿とさせる美食の数々夕食をいただく日本料理「溜ル」の建物は、江戸時代後期の蔵。和紙を貼った長い木のカウンターに6席と個室がひとつあるだけの小さなレストランですが、低い天井の一部を吹き抜けにし、柱や梁を現しに。長い時を経たからこそ滲み出る空気感と新しい感性が絶妙に溶け合っています。ここで味わいたい筆頭は、和歌山産の炭で焼いたり、藁の火であぶったりした近江牛。北陸の海産物など、かつての「鯖街道」を彷彿とさせる近郊食材も多く、それらを懐石スタイルで楽しめます。隠れ茶室でいただく朝ごはんもお代わり必至。契約農家が栽培した「丸子米」の土鍋ご飯、自家製漬物、政所納豆や近江牛のしぐれ煮など、地場のうまいものが並ぶのですから、それもむべなるかな。きっと記憶に残る朝食となるでしょう。時間に余裕があれば、併設の茶房「?(さんずい)」も訪れて。研ぎ澄まされたミニマルな空間で選りすぐりの日本茶とお菓子が楽しめますよ。
「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」内に立つロケーションの利と高感度なリノベーション、そして近江の美味の数々。大阪・伊丹空港から車で約90分。わざわざ時間を作ってでも出かけてみたくなる宿です。 旅籠 八... 滋賀県/近江八幡市 詳細情報はこちら  

read-more
旅籠 八・・・
place
滋賀県近江八幡市玉屋町6
phone
0748362745
すべて表示arrow

木の間 おこもり宿プラン

¥82,280

arrow icon

2021/11/02 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/10/19

この記事を含むまとめ記事はこちら