2019年~2020年に開業した北海道のラグジュアリー宿4選


2021.02.01

一休コンシェルジュ

美しい雪景色とアクティビティを愉しめる、ウィンターシーズンの北海道。一休コンシェルジュ編集部では今回、2019年~2020年の間に新しくオープンした 、ワンランク上のホテルと旅館をピックアップ!北海道が大好きな方、もっと北海道の魅力を知りたいという旅好きの方必見のラインアップをお届けします。1.全室で源泉かけ流しの露天風呂を愉しめるニセコのラグジュアリー宿楽 水山(北海道/ニセコ)2020年12月にオープンする「楽 水山」。全18室の客室全てが離れスタイルとなっているため、プライベート感のある滞在が叶います。お部屋は「山の間」と「水の間」の2タイプ。75平米ある2人用のお部屋「山の間」では、広いリビングルームから日本百名山の一つ、羊蹄山 のダイナミックな姿を一望できます。「水の間」は、ゆったりと寛げる畳の間も備えたお部屋。95平米と余裕のある広さで最大4人まで宿泊することができます。お部屋タイプに関わらず、全ての客室には源泉かけ流しの露天風呂をご用意。壮観な景色の中で感じる開放感は格別です。お食事もこちらの宿の醍醐味の一つ。宿のレストラン「ゆきあい亭」では、北海道・後志エリアを中心に厳選素材を仕入れており、旬の味わいを愉しむことができます。生産者とのコミュニケーションにも力をいれているため、素材そのものの魅力と滋味を堪能できます。 楽 水山 北海道/ニセコ 詳細情報はこちら 2.北海道の恵みと自然を満喫!長期滞在にも人気な高級宿シャレーアイビー定山渓(北海道/定山渓)札幌の奥座敷、緑豊かな定山渓温泉の一角に佇む「シャレーアイビー定山渓」。ロビーには雪景色を存分に愉しめるよう、雪見台が設置されています。また、長期滞在でも飽きずに過ごしてほしいという思いから、ジムやミニシアター、シガーバーも完備しています。編集部おすすめの「デラックスコーナースイート」では、自然を間近に眺めつつ寛げる広々としたリビングルームが用意されています。なお、いずれの部屋にも専用の温泉風呂 が完備されているのもこちらの宿の特徴。昼間は近くのスキー場でアクティビティを愉しみ、夜はお部屋やお風呂でゆったり寛ぐ贅沢な滞在が叶います。お食事は、鉄板焼きルームも備えたレストラン「ZUI in house Fine Dining」にていただきます。北海道の恵みを存分に愉しめるよう地域の食材を豊富にご用意。ワインは常時300種類と豊富に取り揃えているため、お料理とのマリアージュも愉しめます。 シャレーアイビー定山渓 北海道/定山渓 詳細情報はこちら 3.上質な設えとレイクビューのお部屋から美しい支笏ブルーを愉しんでしこつ湖鶴雅別荘 碧の座(北海道/支笏湖温泉)北海道を代表する観光スポット・支笏湖。湖の透明な美しい色合いは、“支笏ブルー”と称され、その美しさは見るものを圧倒してやみません。そんな支笏湖の畔に位置するのが「しこつ湖鶴雅別荘 碧の座」。25室全てのお部屋に専用の温泉露天風呂 とジェットバス付きの内風呂を完備。滞在中、いつでも支笏湖を眺められるよう、全客室が“レイクビュー”という点も魅力的です。なお、210平米を誇る「エグゼクティブスイートヴィラ」なら最大5名で利用でき、メゾネットタイプで長期滞在にも向いています。こちらの宿でいただくのは、旬の食材を味わえる贅沢な懐石料理の数々。和の風情を感じさせる宿内の料理屋「水白/みずしろ」にてゆっくりと落ち着いて愉しめます。バーラウンジ「BAR青藍」では、お食事後にウイスキーなど、お気に入りの一杯を堪能できます。 しこつ湖鶴雅別荘 碧の座 北海道/支笏湖温泉 詳細情報はこちら 4.冬のアクティビティを満喫したい方も大満足なマウンテンリゾートPark Hyatt Niseko Hanazono(北海道/ニセコ)北海道・ニセコエリアで、ウィンターシーズンのアクティビティを目一杯愉しみたいという方におすすめなのが「Park Hyatt Niseko Hanazono」。スキーイン&アウトが可能なことはもちろん、スキーレンタルやスノーモービル体験も実施しており、ワンランク上のラグジュアリーな滞在が愉しめます。編集部でおすすめなのが、「パークスイートデラックス」のお部屋。羊蹄山とニセコアンヌプリ、窓外に広がる2つの絶景を98平米の大きなお部屋で愉しむことができます。最大4人まで宿泊できるので、ご家族みんなで同じお部屋に泊まれるのも嬉しいですね。お部屋専用の、半露天の天然温泉風呂も完備されています。「Park Hyatt Niseko Hanazono」が位置するのは、ニセコの花園エリア。ゲレンデ直結のため、スキーの合間にホテルでランチや優雅なティータイムを愉しむという贅沢な使い方もできます。インドアプールや、フィットネスマシンなど、ラグジュアリーリゾートホテルならではの設備も、滞在をより充実させてくれることでしょう。 Park Hyatt Niseko Hanazono 北海道/ニセコ 詳細情報はこちら 今回は、一休コンシェルジュがおすすめする、2019年~2020年に新規開業した北海道のラグジュアリー宿をご紹介しました。北海道の自然を満喫したいという方は、ぜひ宿選びの参考にしてみてくださいね。 

read-more
パークハイアットニセコ HANAZONO
place
北海道虻田郡倶知安町字岩尾別328-47
phone
0136271234
すべて表示arrow
no image

スタンダード

¥27,720

arrow icon

2021/08/16 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/08/02

楽 水山
place
北海道虻田郡倶知安町字樺山119-1
phone
0136220520
すべて表示arrow
no image

北海道の季節を味わう、里山のおまかせ料理

¥77,000

arrow icon

2021/08/16 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/08/02

しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座
rating

4.5

6件の口コミ
place
北海道千歳市支笏湖温泉
phone
0123256006
すべて表示arrow

3階 デラックスリゾート ツインルーム(露天風呂付き)

¥79,200

arrow icon

2021/08/16 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/08/02

シャレーアイビー定山渓
place
北海道札幌市南区定山渓温泉東3-231
phone
0115952088
すべて表示arrow

デラックス スイート

¥60,500

arrow icon

2021/08/16 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/08/02

この記事を含むまとめ記事はこちら