東京を再発見、夜景とトレインビューに癒される、都心の隠れ家ホテル


2020.07.31

一休コンシェルジュ

東京の玄関口、東京駅の八重洲口近くに建つビジネスタワー「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」に位置する「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」。おもてなしはもちろん、都心の景色と唯一無二であろう東京駅のトレインビューを眺められるなど、多くのゲストを魅了しているスモールラグジュアリーホテルです。今回は、寛ぎと癒しを得られるだけではなく、東京の魅力も発見できる「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」をご紹介します。都会の喧騒のなかにひっそりと佇む隠れ家こぢんまりとした入り口に小さく刻まれている「FOUR SEASONS HOTEL」という文字。うっかり見過ごしてしまうような、この佇まいの先にあるのが都会の中の非日常空間、大人の隠れ家「フォーシーズンホテル丸の内 東京」です。2002年にオープンした、都内でも希少なブティックタイプのラグジュアリーホテル。シンプルでありながらタイムレスな美しさと機能性を兼ね備えたインテリアはカナダのデザインスタジオ「ヤブ・プッシェルバーグ」によるもの。壁面のコンテンポラリーアートが目を引く1階ロビーはミニマルなデザインでまとめられ、床から天井までの大きな窓からモダンな空間に自然光が降り注ぎます。東京の玄関口だからこそ眺められる景色とともにお部屋のタイプは8つ。全57室のうち9室がスイートルームとなっています。「フォーシーズンズエグゼクティブスイート」は、約72平米。ゆったりとしたリビングと独立したベッドルームで構成され、丸の内の高層ビル群、眼下には絶え間なく行き交う新幹線、と都会ならではの景観が楽しめる人気のお部屋です。「自分の家以上にぐっすり眠れた」という声も多いオリジナルのフォーシーズンズベッドは、全室に導入されています。約65平米の「デラックスプレミアルーム クイーン」のお部屋はクイーンサイズベッドが2台入った、二面窓の角部屋。有楽町と丸の内の都会の景色が目の前に広がり、圧巻のトレインビューはファミリーにも大人気です。デスクと椅子が備わっていますので、ビジネス時の利用にもオススメ。機能的でシンプルモダンな設えが、居心地の良さを感じさせてくれるでしょう。約88平米の「ワンベッドルームスイート」のバスルームはビューバス仕様。丸の内の夜景とともにトレインビューも楽しめます。エッグシェイプのバスタブでゆったりとお湯に浸かりながら行き交う列車を眺める、スイートルームならではの非日常体験が楽しめます。エレガントさとラグジュアリーさを兼ね備えたダイニング夕食と朝食は「MOTIF RESTAURANT & BAR」で。香港人建築家アンドレ・フー氏が手掛けた内装は、エレガントさとラグジュアリーさを兼ね備えた空間。「食べごろの瞬間」にこだわった、美しくそして美味しいお料理を楽しみましょう。暖炉を備えたバーラウンジで夜景を楽しみながらプレミアムウイスキーやカクテルを楽しむのもおすすめです。東京を再発見するホテル独自のアクティビティぜひ体験していただきたいのが「Tokyo by Four Seasons」。東京の魅力を実感できるアクティビティです。本物の金粉や銀粉を使った「蒔絵」を体験できたり、江戸前鮨店の店主の早朝仕入れに同行し、その後実際にお寿司にして味わえたり、プログラムによって価格は異なりますが、この体験はプライスレス。都内在住の方ですら知らない、東京の魅力に触れることができるでしょう。小規模ならではのきめ細やかなサービスと、慌ただしさを感じさせない大人の隠れ家的雰囲気。東京のビジネスの中心地に、日々の忙しさで疲れた身体と心を優しく包むオアシスがあります。休日はもちろん平日も、癒されに訪れてはいかがでしょう。 フォーシーズンズホテル丸の内 東京 東京都/丸の内・東京駅隣接 徒歩3分 詳細情報はこちら  

フォーシーズンズホテル丸の内東京
rating

4.5

3件の口コミ
place
千代田区丸の内1-11-1
phone
0352227222
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら