憧れの美食宿の絶品ごはんを自宅で!ネット注文OKなお取り寄せグルメ 第3弾


2020.05.31

一休コンシェルジュ

一度は味わいたい美食で有名な憧れ宿の味が、ネットで購入できることをご存じでしょうか?家にいながら名旅館の味や伝統の技を簡単に注文でき、自分用にも手土産にも用途が広がるお取り寄せグルメ。今回は一休コンシェルジュが厳選した、美食で有名な憧れ宿のお取り寄せグルメをご紹介します。
※最新の在庫状況につきましては、各社ホームページをご確認ください。里山十帖(新潟県/越後湯沢)の「里山十帖の美味しいお米」新潟県・南魚沼の里山にひっそりと佇む「里山十帖」は、「自遊人」がプロデュースするライフスタイル提案型複合施設。豊かな自然のなかで伝統野菜や山菜、発酵食など、雪国・新潟の食文化を表現した料理が国内外のゲストから支持されています。
「里山十帖」ではご飯がごちそう。産地、生産者を限定し、ブレンドしていない単一農家のお米は、甘みと香り、程よい粘りと旨味のバランスがとれた、まさにこの地域ならではの美味しさが自慢です。インターネットでは3kgから購入できます。
「宿で食べたあの味が忘れられない」という方も、「なかなか宿に足を運べない」という方も、ぜひご自宅で味わってみてください。詳しくはこちら:https://organic-exp.com/products/detail.php?product_id=1823 里山十帖 新潟県/越後湯沢 詳細情報はこちら 浜の湯(静岡県/伊豆・稲取温泉)の「浜の湯名物“金目鯛姿煮”」目の前に相模湾が広がる稲取岬の先端に立つ「食べるお宿 浜の湯」。伊豆らしさとボリューム感のある料理が自慢で、日本有数の漁獲高を誇る金目鯛を使った「金目鯛姿煮」をはじめ、「食べるお宿」の魅力を追求し続けています。
創業からのこだわりの料理、金目鯛の煮付けは、ご家庭でも堪能できる人気の商品。
うまさの秘密は、金目鯛の真の旨味を引き出す“煮詰め具合と加減”。金目鯛の旨味と温かみを味わっていただけるよう、煮付け担当者が調理場で作っている時の煮付けとお出しした時の煮付けが同じ味で召し上がっていただけるよう日々調整しているそうです。秘伝の濃厚なタレを真っ白いご飯にトロ~とかけて召しあがれ。
1日あたりの仕込み量が決まっているため、公式サイトにて毎日数量限定で販売中。詳しくはこちら:https://hamanoyu.shop/items/5eafcf9d34ef0103a0044cae 食べるお宿 浜の湯 静岡県/伊豆・稲取温泉 詳細情報はこちら 山中温泉 花紫(石川県/加賀)の「能登牛とクレソンのお鍋セット」石川・山中温泉を流れる鶴仙渓のほとりにある「山中温泉 花紫」。好きな料理だけを楽しめること宿独自のアラカルト懐石が有名で和紙や水引を設えたステイダイニングがある、くつろぎにあふれたお宿です。
公式ショップで販売中のおすすめは、期間限定(2020年5月6日~6月5日まで)の「能登牛とクレソンのお鍋セット」。
1日20食限定で、石川県の黒毛和牛ブランド「能登牛」と色鮮やかな「クレソン」や「加賀野菜」がいただける豪華なお鍋です。1セットで2~3人前となっており、料理長が心を込めて仕込んだおだしも入っているので、調理も簡単。
ちょっと贅沢な晩御飯に、ご家族で鍋というのも素敵ですね。詳しくはこちら:https://hanamurasaki.theshop.jp/items/28881117 山中温泉 花紫 石川県/加賀 詳細情報はこちら べにや無何有(石川県/加賀)の「べにや無何有 新生姜ごはんセット」石川・山代温泉の豊かな自然の中に佇む「べにや無何有」は、日本有数の名旅館。世界中のホテル・レストランが加盟する「ルレ・エ・シャトー」世界大会で受賞歴があるほどの、高いホスピタリティも評判です。
このべにや無何有のオンラインショップで、今春からダイニング「懐石方林」の旬の味わいをお取り寄せできるようになりました。
「新生姜ごはんセット(2~3人前)」は、「懐石方林」の人気メニュー「新生姜ごはん」+「能登牛と新牛蒡の炒め煮」+朝食の人気メニュー「ちりめん山椒」がセットになったもの。今が旬の「新生姜」「新牛蒡」、そして収穫したばかりのやわらかい「若山椒の実」が季節を感じさせてくれます。
また、特製だし汁をはじめ、契約農家のコシヒカリ米、料理長自らの手で調理した具材が真空パックになっていますので、簡単なひと手間で無何有の味そのものをご賞味いただけます。
※季節限定商品になります。詳しくはこちら:https://mukayu.ocnk.net/product/38 べにや無何有 石川県/加賀 詳細情報はこちら 料亭旅館 八ツ三館(岐阜県/飛騨高山)の「鴨のコンフィ(葱油:白みそ:カレー:醤油)」「料亭旅館 八ツ三館」は、安政年間に宿屋として創業、昭和初期に料理屋として発展した料亭旅館。
国の登録有形文化財にもなっており、飛騨牛や宮川の鮎など地元の食材を使ったお料理は多くの宿泊客から高評価を得ています。
今回ご紹介したいのは、4つの味のバリエーションがある「鴨のコンフィ」。コンフィとはフランス料理の調理法の一つで、低い温度に保った油でじっくり煮ることで、素材の風味をよくするとともに長時間保存できるようになるのが特徴です。
料亭ならではの味付けは、葱油・白みそ・カレー・醤油味の4種類。残った油で、ナスやシイタケなどのお野菜を炒めるアレンジもできるそうです。全種類食べてみたいですね。詳しくはこちら:https://823kanshop.thebase.in/items/28773295 料亭旅館 八ツ三館 岐阜県/飛騨古川 詳細情報はこちら 西村屋(兵庫県/城崎温泉)の「蟹山椒・但馬牛しぐれ煮 詰め合わせ」「西村屋本館」は、歴史ある城崎温泉のなかに佇む創業160年の老舗旅館。客室は、よく手入れされた日本庭園を取り囲むように設計されており、純和風の設えと合わせて、日本文化を存分に堪能することができます。
西村屋が提案する新しい食のブランドの「さんぽう西村屋」では、公式ショップでオリジナル商品を販売。なかでも「蟹山椒・但馬牛しぐれ煮 詰め合わせ」は、但馬自慢の厳選食材が味わえるお惣菜の詰め合わせ。厳選された極上の但馬牛や、地元水揚げの紅ずわい蟹を使用。素材を活かしつつ、こだわりの味に仕上げた人気の商品です。詳しくはこちら:http://gift.sanpou-nishimuraya.com/products/detail/32 西村屋本館 兵庫県/城崎温泉 詳細情報はこちら 庭園の宿 石亭(広島県/廿日市・宮浜温泉)の「あなごの笹めしと黒米寿司のセット」宮島の対岸に位置する高台、宮浜温泉にある全12室の温泉旅館「庭園の宿 石亭」。宿の誇りである日本庭園からは、宮島はもちろん遠く瀬戸の海も眺めることができます。
「庭園の宿 石亭」の名物料理として供されている あなごおこわの笹蒸し「あなごの笹めし・黒米寿司」は、公式サイトで注文が可能です。
笹めしは、あなごのあらでだしをとって寝かせ、一晩置いて十分に水を含んだ餅米を先に取っただしにつけ込み、赤飯を蒸し上げる要領で約1時間かけて仕上げます。
黒米寿司は優しい米酢で仕上げ、香ばしく甘辛いあなごとのハーモニーがたまりません。冷凍で配送されるので、いただく際は自然解凍後蒸し器にて15分程度、または電子レンジにて1個につき60~80秒程度加熱すると美味しく仕上がります。塗れたペーパーなどにくるむと、笹の香りも色合いも一層鮮やかになるとのこと。詳しくはこちら:http://shop.anagomeshi.com/ 庭園の宿 石亭 広島県/廿日市・宮浜温泉 詳細情報はこちら 様々なジャンルの食品が楽しめるお取り寄せグルメ。次の週末は、憧れの美食宿の絶品グルメから、自分好みの一品を選んでみてくださいね。お世話になっているあの方へ、頑張っているご自分へのご褒美に、いつもよりちょっとだけ奮発してみてもよいかもしれません。 

read-more
里山十帖
place
新潟県南魚沼市大沢1209-6
phone
0257836777
すべて表示arrow
no image
伊豆稲取温泉 食べるお宿 浜の湯
rating

4.0

151件の口コミ
place
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1017
phone
0557952151
すべて表示arrow

ダブルルーム スタンダード

¥36,135

arrow icon

2021/07/06 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/06/23

料亭旅館 八ツ三館
rating

4.5

155件の口コミ
place
岐阜県飛騨市古川町向町1-8-27
phone
0577732121
すべて表示arrow

招月楼 川側 バスなしトイレ付 (12歳以上のみ)

¥12,060

arrow icon

2021/07/06 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/06/23

山中温泉 花紫
rating

4.5

176件の口コミ
place
石川県加賀市山中温泉東町1-ホ17-1
phone
0761780077
すべて表示arrow
べにや 無何有
place
加賀市山代温泉55-1-3
phone
0761771340
すべて表示arrow

【一休限定】【サマ割!クチコミ高評価】アーリーチェックイン14時特典付【全室露天風呂付・16室の静かな宿】

¥45,980

arrow icon

2021/07/06 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/06/23

この記事を含むまとめ記事はこちら