お昼の12時までゆっくり過ごせる宿 関東編


2020.02.20

一休コンシェルジュ

12時チェックアウトの宿では、朝食を楽しんだ後も思い思いに寛げる贅沢な滞在が叶います。2日目の旅をあせらずのんびりとスタートさせたい方にもおすすめ。今回は関東エリアから、お昼までゆっくり過ごせる宿を厳選してご紹介します。温泉とプールを備えた贅沢ヴィラ鴨川館別邸 ラ・松廬(千葉県/鴨川)東京から高速バスで約2時間。「鴨川館別邸 ラ・松廬」は、館内の利用は13歳以上、全5室プライベートヴィラの大人の宿です。独立した広い敷地内にはゲストルームをはじめ、温泉露天風呂やプールと専用ジャグジーが付いたテラスが備わっています。海外を思わせるお部屋は、和のテイストとアジアンリゾートのエッセンスが見事に調和したスタイリッシュな空間。プライベート感と非日常感を大切に、滞在中は各ヴィラの専属バトラーが、必要に応じてきめ細やかなおもてなしをしてくれます。天気の良い日には、お部屋のテラスでの朝食がおすすめ。爽やかな朝日を浴びながらいただけば、1日を気持ちよくスタートできるはず。優雅に朝食をいただいた後は、チェックアウトの12時まで、お部屋でのんびり寛いでみてはいかがでしょう。 鴨川館別邸 ラ・松廬 千葉県/鴨川 詳細情報はこちら 日本文化を体験し、“知足”を感じるModern Ryokan kishi-ke(神奈川県/鎌倉)禅寺が多く点在し、古都の雰囲気と海が魅力の鎌倉に建つ「Modern Ryokan kishi-ke」は、1日1組限定の一棟貸しの宿。池田家の重臣として仕えた武家・岸家の16代当主が、禅の言葉にある“知足(足るを知る)”をコンセプトに、2018年にオープンしました。敷地内は宿泊棟と庭園、オーナーである岸家が常駐しラウンジサービスなどを提供する別棟に分かれています。宿泊棟は2階建てで、ベッドルーム2室にバスルーム、キッチンなどを完備。自分たちだけの時間を満喫でき、住まうように過ごせます。日本文化を重んじる「Modern Ryokan kishi-ke」では、茶道などを体験できるさまざまなプログラムを取り揃えています。日本文化を体験すれば、相手を想い、今まで気付いていなかった景色を見ることができるでしょう。“知足”をたっぷり体感してみてはいかが? Modern Ryokan kishi-ke 神奈川県/鎌倉 詳細情報はこちら 海辺に佇む田舎別邸でひとやすみ里海邸 -金波楼本邸-(茨城県/大洗)都心から約90分で行けるアクセスの良さが嬉しい「里海邸 -金波楼本邸-」。波打ち際まで約30mの海辺に佇んでおり、ゆっくり“ひとやすみ”するのに相応しい田舎別邸のよう。8室ある客室はすべてオーシャンフロントです。夕食には、素材を活かした田舎料理をご用意。丁寧で洗練された田舎の味を、地酒やビールと合わせて堪能してみては。また、食事処からも迫力のある大海原を一望できます。朝は水平線から昇る日の光の中で、打ち寄せる波を眺めながら朝食をいただきましょう。チェックアウトまで、大浴場にも足を運んでみてはいかがでしょうか。海を眺めながら湯船に浸かれば、身も心もリフレッシュできるはず。そのほか、波の音をBGMに読書をしたり、海辺を散歩したり、思い思いの時間を好きなように楽しんで。 里海邸 -金波楼本邸- 茨城県/大洗 詳細情報はこちら あくせくしない、目覚めから出発までゆっくりと過ごせるお昼12時のチェックアウト。
日常から離れ、心の底からリラックスしてみては。 

ラ・松廬
rating

4.5

30件の口コミ
place
千葉県鴨川市西町1179
phone
0470935855
no image
里海邸 -金波楼本邸-
rating

4.5

40件の口コミ
place
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6883
phone
0292672101

この記事を含むまとめ記事はこちら