沖縄で2020年に開業する最新のホテル5選


2020.02.20

一休コンシェルジュ

2019年に続き、リゾートホテルの新規開業が相次ぐ沖縄エリア。
今回は、2020年に開業する最新ラグジュアリーホテルとバケーションレンタルをご紹介いたします。【1月6日開業】国際通りの中心にシティホテルが誕生ホテル コレクティブ(沖縄県/那覇)沖縄県内で人気の観光スポットであり、那覇空港からも好アクセスな国際通りの中心部に誕生した「ホテル コレクティブ」。ホテルの最上階にはプレミアムルームやスイートルームの宿泊者専用のエグゼクティブラウンジも備えます。国際通りでは唯一となる25mの屋外プール(営業は4月~10月末)は、眼下の喧騒とはかけ離れた開放的な空間。プールサイドにはバーや屋外ジャグジーなどもあり、思い思いのリラックスタイムを過ごせます。
※1月6日プレオープン。グランドオープンは4月を予定。 ホテル コレクティブ 沖縄県/那覇 詳細情報はこちら 【2月19日】温水プール完備のプライベートヴィラザ・ヴィラ前浜ビーチ(沖縄県/宮古島)「ザ・ヴィラ前浜ビーチ」は、宮古島の前浜ビーチからすぐの場所に佇む全9棟のプライベートヴィラ。すべてのお部屋が100平米を超えるゆったりした造りで、テラスには24時間利用できる温水プールを完備しています。室内にはキッチン設備や洗濯機などの家電もそろっているため、長期滞在にもおすすめ。バケーションレンタルながら、フロント棟ではドリンクの販売や各種レンタル品の用意もあるので、家族や仲間と地元の食材を使ってお料理やバーベキューなどを楽しんでみては。 ザ・ヴィラ前浜ビーチ 沖縄県/宮古島 詳細情報はこちら 【2月22日開業】13万平米を誇る広大な南国リゾート宮古島来間リゾート シーウッドホテル(沖縄県/来間島)宮古島から車で行ける離島「来間島」の最北端に位置する「宮古島来間リゾート シーウッドホテル」は、107室の独立したビラハウスと62室のホテル棟で構成されたリゾートホテル。敷地面積は約13万平米あり、どこにいても五感全体で南国気分を味わえるでしょう。独立したビラハウスは5室にジャグジーを、残りの102室にはプライベートプールが付いた贅沢な設えです。白や黒を基調にしたお部屋から、木の温もりを感じられるお部屋まで、さまざまなお部屋タイプが用意されています。 宮古島来間リゾート シーウッドホテル 沖縄県/来間島 詳細情報はこちら 【4月1日開業】北半球最大の珊瑚礁群に包まれた離島のビーチリゾート星野リゾート リゾナーレ小浜島(沖縄県/小浜島)「星野リゾート リゾナーレ小浜島」は、日本最南西端である八重山諸島「小浜島」のコバルトブルーの海と白砂のビーチに抱かれた絶好のロケーション。36万坪の敷地に、海、浜辺、星空など季節を堪能するエクスペリエンスを始め、豊かな食事、癒しのスパ、八重山諸島の周遊など、自分好みにアレンジして過ごせるのも嬉しいです。お部屋は全室が53平米を超えるヴィラタイプのスイートルーム。南の島の暖かな光が差し込み、色鮮やかな花々が周囲を明るく彩ります。それぞれのお部屋にデイベッドを備えており、窓辺には穏やかに流れる時間に身をゆだねて過ごせます。 星野リゾート リゾナーレ小浜島 沖縄県/小浜島 詳細情報はこちら 【7月1日開業】ヒルトンが展開する日本初のビーチリゾートヒルトン沖縄瀬底リゾート(沖縄県/瀬底島)「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」は、ヒルトンが展開する日本初のビーチリゾートホテル。沖縄本島から瀬底大橋を渡った瀬底島の西端に、今夏オープンします。客室からは瀬底の美しい海や自然を眺めることができ、ゆったりお過ごしいただけます。館内には3つのレストランをはじめ、美しいサンセットを望むバーやアフタヌーンティーをいただけるエグゼクティブラウンジを備える予定。地元の新鮮な魚介や滋味あふれる野菜を使用したお料理とワインのペアリングなど、上質なダイニングエクスペリエンスを提案します。気になるホテルはありましたか?
一休.comでも順次予約受付を開始予定ですので、お見逃しなく!※こちらは2020年2月時点の情報です。ホテルの開業日は変更になる場合がございます。 

read-more
ホテルコレクティブ
place
沖縄県那覇市松尾2-5-7
phone
0988608366
星野リゾート リゾナーレ小浜島
place
八重山郡竹富町小浜東表2954
phone
0570073055

この記事を含むまとめ記事はこちら