お昼の12時までゆっくり過ごせる宿 北海道・東北編


2020.02.14

一休コンシェルジュ

PM12時がチェックアウトのお宿は、お昼まで滞在できるので、朝食後に湯浴みや二度寝など、思い思いの時間が過ごせます。あせらずゆっくりと2日目の旅をスタートさせたい方にもおすすめ。
今回は、「北海道」と「東北」にあるお宿をご紹介します。大人のプライベートリゾートでゆっくり読書ステイ望楼NOGUCHI登別 (北海道/登別温泉)登別駅より車で約15分。北海道を代表する温泉地に構える「望楼NOGUCHI登別」。12歳以下は宿泊ができない大人のためのプライベートリゾートです。有名彫刻家がクリエイティブディレクターを務め、洗練されたモダニズムの中に落ち着いた和の趣が融合する、程よい非日常性が魅力のひとつ。乳白色の硫黄泉である登別温泉を満喫して過ごすのもおすすめですが、読書が趣味の方には「のぐち文庫」はいかがでしょう。オーナー自身が読まれた本を並べた「オーナー文庫」、北海道を舞台にしたミステリーを集めた「北海道ご当地ミステリー文庫」が揃います。お部屋にも持ち込みOKなので、ゆっくり読書を楽しんでみて。 望楼NOGUCHI登別 北海道/登別温泉 詳細情報はこちら 函館の絶景を望みながら湯浴みを愉しむ望楼NOGUCHI函館(北海道/函館)コンクリートブロックの重厚感あるエントランスに、高貴な風情薫る水盤が美しい庭園。まるで美術館に訪れたような雰囲気がゲストを魅了する「望楼NOGUCHI函館」。「メゾネットスイート」はお部屋の中にらせん階段を設え、非日常さを感じさせる贅沢な空間です。13階にある大浴場「展望露天風呂」からは、函館山の稜線や離着陸する飛行機、夜には満天の星や函館の輝く街並みが望めます。潮風を感じながら、心も身体もときほぐされる絶景と温泉に、ゆっくりと癒されましょう。 望楼NOGUCHI函館 北海道/函館 詳細情報はこちら 贅沢で優雅なひとときが叶うオールインクルーシブの宿旅庭 群来(北海道/江差)アイヌ語の「岬」が語源とも言われる歴史ある街・江差。この地に佇む「旅庭 群来」は、平屋建てで全7室の執事によるきめ細やかなおもてなしが評判のお宿です。直営農場があり、お食事は地産地消というこだわり。オールインクルーシブという優雅なステイが叶うのも人気の理由です。夜にはぜひバーで寛ぎのひとときはいかがでしょう。北海道産のワインや日本酒、焼酎など、オールインクルーシブですから自分の体調に合わせていただけます。営業時間は20時から23時まで。遅くまで楽しんだとしても、次の日はゆっくりできるとなれば、安心ですね。 旅庭 群来 北海道/江差 詳細情報はこちら 渓流のせせらぎに心が安らぎ丸くなっていく星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル(青森県/奥入瀬渓流温泉)青森県を代表する景勝地・奥入瀬渓流沿いに佇む「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。一年を通して自然豊かな美しい景観が楽しめます。エントランスには、岡本太郎氏作のブロンズ製暖炉“森の神話”が。鳥や人間、妖精が踊る様子が描かれており、圧倒的な存在感で多くのゲストを魅了しています。お宿は奥入瀬渓流沿いに建つリゾートホテル。和洋さまざまなタイプのお部屋は、いずれも自然を満喫できる安らぎの空間となっています。「渓流和室」の窓際には「渓流ごろんとチェア」が設置。時間になるまでゆっくりと腰かけて、渓流が広がる風景とせせらぎに癒されてみてはいかがでしょう。 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 青森県/奥入瀬渓流温泉 詳細情報はこちら 青森の文化を楽しく満喫できるアクティビティ星野リゾート 青森屋(青森県/古牧温泉)青森ねぶた祭など青森4大祭りをテーマとしたショーレストランや、伝統工芸制作体験など、豊かな風土に恵まれた青森を体感できる宿「星野リゾート 青森屋」。宿の自慢のひとつは、池に張り出すように造られた露天風呂「浮湯」。まるで水の上に浮かんでいるような湯浴みを愉しんで。お宿では、シーズンごとにさまざまなアクティビティが用意されていることでも有名です。例えば、2020年3月20日から5月31日までの土日祝には、馬と触れ合い、子どもの成長を後押しするプログラム「馬っこ博士」を実施。さまざまなアクティビティを存分に味わえば、チェックアウトの12時まであっという間です。 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 青森県/奥入瀬渓流温泉 詳細情報はこちら 最高の景色をオードブルに贅沢にシャンパンを松庵(宮城県/松島)日本三景の一つとして、多くの人を魅了する宮城県・松島。その岬に佇む宿が「松庵」です。敷地3,000坪に部屋数がわずか11室という贅沢さ。お部屋の窓を開ければ、大小260もの島々が浮かぶ松島湾を一望できます。潮風に吹かれながら松島を全身で感じられる設えの中で、ゆったり癒されましょう。夕暮れ、もしくは起床後は「松庵」の敷地内の散策がおすすめです。林から岬に抜けると、そこは眩しいばかりの風景が。「松庵」特製のガイドマップを片手に、季節の草木や鳥の鳴き声を調べてみて癒されてはいかが?お願いすれば岬までのシャンパンサービスも行っているそう(有料)。最高の景色をオードブルに、贅沢な時間を味わってみて。 松庵 宮城県/松島 詳細情報はこちら あくせくせず、ゆっくりとした時間が過ごせるお昼12時のチェックアウト。思い思いの旅の過ごし方が満喫できそうです。 

望楼NOGUCHI函館
rating

4.5

183件の口コミ
place
北海道函館市湯の川1-17-22
phone
0570026573
松島佐勘 松庵
rating

4.5

57件の口コミ
place
宮城県宮城郡松島町手樽梅木1
phone
0223543111
星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
rating

4.5

824件の口コミ
place
青森県十和田市奥瀬栃久保231
phone
0570073022
望楼NOGUCHI登別
place
北海道登別市登別温泉町200-1
phone
0143843939
旅庭 群来
place
北海道檜山郡江差町字姥神町1-5
phone
0139522020

この記事を含むまとめ記事はこちら