山口最古の温泉地に佇む大人だけの和モダン宿


2020.02.07

一休コンシェルジュ

開湯600年と山口県最古の温泉、長門湯本温泉。古くから湯治場として親しまれ、江戸時代には、長州藩の藩主も湯治に訪れていたという名湯です。
今回は、そんな歴史ある温泉地に建つ「別邸 音信」をご紹介します。湯治宿にモダニズムを取り入れた日本ならではの温泉リゾートで、大人の休息にふさわしい、静寂で贅沢な滞在を体験しませんか。「湯治モダン」をコンセプトに造られた温泉リゾート山口県の長門湯本駅から徒歩約15分(無料送迎バスあり)。「別邸 音信」は、清流・音信川のすぐそばに建ちます。子連れでも宿泊できる隣接する本館「大谷山荘」に対し、「別邸 音信」は、12歳以下は宿泊できない、プライベートを重視した大人の宿です。エントランスを抜けると目を奪われるのが、辺り一面に透明感を感じる水盤。水面に映る緑や空は刻々と表情を変え、夜はライトアップされるので、昼夜それぞれの景色を楽しめます。コンセプトは「湯治モダン」。館内は、長門湯本温泉の原点である湯治宿を礎に、伝統的な和とモダニズムが融和した雰囲気に。日本文化の「粋」に独自の開放感、高級感を組み込み、現代の湯治宿を表現しています。全18室すべてに露天風呂が付いた7タイプの客室全18室の客室は、琉球畳の和室とソファスペースを設けた和洋室から、2階にホームシアターを備えたメゾネットまでタイプはさまざま。滞在スタイルに合わせてお部屋を選ぶことができます。和洋室の「Aタイプ」は、空間をゆったりと使ったシンプルなインテリアに、2面採光の開放感あふれる角部屋です。テラスに配された半円形のソファでくつろぎながら、田舎独自のリゾート感を味わってみてはいかがでしょうか。「別邸 音信」は、全18室すべてに源泉掛け流しの露天風呂が付いています。山懐の自然に抱かれた空間で、好きなだけ温泉を堪能しましょう。お肌に優しいアルカリ単純泉が旅の疲れを癒してくれるはず。「三土料理」を基本とした長門の会席料理夕食は、その土地で採れたものを、その土地の調理法で、その土地で食す「三土料理の哲学」を基本とした会席料理。四季折々の食材を使用し、どれも素材の良さを十二分に引き出した料理ばかりです。冬の時期は、山口の名物・フグをフルコースでいただけるプランもご用意。刺しや鍋、唐揚げ、〆の雑炊など天然のフグを余すことなく味わい尽くして。18組のゲストに尽くす贅沢すぎる多彩な施設「別邸 音信」には、8,000平米という広い敷地に庭園、茶室、スパ、フィットネスジムなどの施設が贅沢に点在しています。大浴場には、内湯のほかに露天風呂や寝湯、岩盤浴を完備。隣接する本館「大谷山荘」の大浴場の利用も可能なので、気分を変えて湯浴みを楽しめます。ライブラリーには、建築や茶道など日本文化についての本を中心とした蔵書に、長門市出身・金子みすゞの詩集、DVDなどを取り揃えています。持ち出し可能なので、お部屋でゆっくり読書に耽ったり映画鑑賞をしたり、思い思いの時間を過ごしましょう。落ち着いた空間が印象的な「The Bar OTOZURE」。16時30分から18時30分までは、ビールやワイン、ソフトドリンクがいただけるフリードリンクのサービスがあります。カウンター席で水盤を眺めながら、ドリンク片手にのんびりくつろぐひととき。夕食前に利用してみては。時間を忘れて静寂を愉しむ、おこもりステイが叶う「別邸 音信」。
大人の休息を味わいに、訪れてみてはいかがでしょうか。 別邸 音信 山口県/長門市 詳細情報はこちら  

read-more
長門湯本温泉 別邸 音信
rating

4.5

72件の口コミ
place
山口県長門市深川湯本2208
phone
0837253377
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら