都心から2時間、人口700人の村を一つのホテルにした宿


2020.01.22

一休コンシェルジュ

都内を潤し、人々の憩いの場を提供する多摩川。源流へと遡ること約2時間。95パーセントを森林が占め、人口700人ほどという秘境、山梨県小菅村にたどり着きます。自然と共生を続ける奇跡の村に「NIPPONIA 小菅 源流の村」はあります。住民700人の村そのものがホテルとしてゲストを歓待かつて養蚕や林業で賑わった小菅村。今では、陽当たりの良い山肌に農作物を植え、清流でイワナやヤマメを育てる静かな村です。そんな素朴な村で、ひと際存在感を放つ邸宅 「細川邸」を、村人は敬愛を込めて「大屋さん」と呼びます。“150年続く邸宅を残したい”という村人たちの想いから、古民家再生プロジェクトがスタート。3年越しの計画が実り、2019年8月に「NIPPONIA 小菅 源流の村」として生まれ変わりました。趣ある古民家は、4室限定のスペシャルな宿泊施設に。高い天井や太い梁、黒光りする柱などからは、長い歴史が醸す重厚さと温かみに溢れています。建物が元来備える魅力を最大限に活かしつつ、水回りなどをリニューアルし快適性を確保。村を見守り続けてきた屋敷ならではの、安心感に包まれる特別な寛ぎを体感してください。「【日本庭園を独り占め】ガーデンビュー・スイート」は、かつて村を訪れる要人をもてなした特別の間。古民家らしい和の風情と洗練されたインテリアが融合し、得も言われぬ非日常感が漂います。梯子を使ってロフトに上がると目の前には太い梁が。その光景に、童心に戻りワクワクすることでしょう。広々とした縁側から、日本庭園が望めるのもこのお部屋の素晴らしい点。村の自然をぎゅっと詰め込んだような風景に、心がほろりと解けるはず。このほか、「【四季折々の山を望む】クリエイターズ・ツイン」、「【竹林を望む】バンブービュー・ツイン」、「【プライベート空間で過ごす】離れ・土蔵ツイン」もそれぞれ魅力的。村の自然と歴史を優しく伝えてくれるお部屋ばかりです。2週間ごとに変わる創作和食で村の旬と想いを食す幸せおとぎ話のような優しい面影を残す村は、そこに居るだけで心が安らぎます。ホテルは、そんな穏やかな村そのもの。「村全体がホテル」というコンセプトのもと、スタッフ全員が村民で構成されていると聞けば納得ですね。村民(=スタッフ)と辺りを散策し、村の魅力を発見するもよし。村営の温泉施設で、世界的に稀な高アルカリ性の温泉「美人の湯」に浸かるもまた、ホテルの延長線上にある寛ぎなのです。ホテルのレストランでは、村人の真心をダイレクトに享受できます。「24sekki(二十四節気)」がテーマの創作和食は、1年を24期に分けて村の恵みと繊細な旬を捉えたメニューを2週間ごとに更新。刹那な味覚を詰め込んだ料理の数々は、心温まる芸術品のよう。村の想いと恩恵を噛みしめる“口福”を、しみじみと味わいたいものですね。目を引くランドマークは無くとも、ゆったりとした時間と人々の誠実な営みが心を満たしてくれる小菅村。村人の願いが結実した「NIPPONIA 小菅 源流の村」で、心温まるナチュラルなひとときを過ごしてみませんか。 NIPPONIA 小菅 源流の村 山梨県/小菅村 詳細情報はこちら  

NIPPONIA 小管 源流の村 OHYA邸
place
山梨県北都留郡小菅村大久保3155-1
phone
0428879210
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら