【取材】軽井沢の絶景と異国情緒を満喫する温泉付き隠れ家リゾート


2019.12.01

一休コンシェルジュ

東京から新幹線で約1時間の人気のリゾート地、軽井沢。多くの人々で賑わう中心地から少し離れた自然豊かな南軽井沢の一角に「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」は位置します。その敷地はなんと約7万坪!山の斜面を利用した広大な敷地は5つのエリアに分けられ、ホテル、ヴィラ、温泉棟、カフェなど様々な施設が点在しています。まるでヨーロッパの小さな街を思わせる美しい風景は、「海外を訪れたかのような、非日常の気分を味わえた」との口コミが寄せられるほど。
浅間山をはじめとする軽井沢の自然と充実した施設を満喫できる「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」の魅力を、客室のある「本館エリア」「山の上エリア」を中心にご紹介いたします。クラシカルな雰囲気の空間に様々な施設を擁する「本館エリア」「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」の中核を成す本館エリア。ヨーロッパの古城を思わせる、重厚でクラシカルな外観が周囲の自然と見事に調和しています。軽井沢駅から運行している無料送迎バスを利用すると、エントランスの目の前にバスを留めてくれるのですが、景観の美しさに、バスを降りて早々に写真を撮りたくなってしまいました!館内のロビーは、たっぷりと光が差し込む明るい空間。扉の先に見える中庭と建物の様子に、リゾート気分が高まることでしょう。フロントの木製のカウンターには繊細な模様があしらわれ、細部にまで丁寧な仕事が施されているのが分かります。家具や照明器具、ドアや装飾品、カーペットなど、インテリアは全てアンティークで統一され、暖色系で落ち着いた明るさの照明と相まって、独自の世界観を作り出しています。【本館エリア】軽井沢では珍しい天然温泉とリゾート感溢れるプールフロントや客室のほか様々な施設が揃う本館で、まず押さえておきたいのが、2階にある大浴場「KOMOREBI」と、併設のプールです。中に入ると、視界に飛び込んできたのはこの景色!
まるで海外のリゾートを思わせる、タイル張りのプールとヨーロッパ調の可愛らしい建物の先には、雲の切れ目から浅間山も顔をのぞかせてくれました。
リゾート感溢れる雰囲気だけでなく、暖かい時期にはもちろんプールに入ることも可能です。19時から22時には、プールサイドバーでアルコールやソフトドリンクを販売しており、ライトアップされたプールを眺めながらドリンクを片手に優雅なひとときを過ごせます。軽井沢エリアでは珍しい天然温泉の大浴場は、女湯からは目の前に浅間山を見ることができます。
大きな湯船とこの景色、さらに泉質は“三大美人泉質”とも呼ばれる炭酸水素塩泉。この3つが揃うなんて、温泉好きにはたまりません!露天風呂も広々。サウナと水風呂も備わります。
プールと大浴場がすぐ近くにあるので、温泉やサウナで疲れを解した後、プールサイドバーで寛ぐこともできますよ。【本館エリア】世界に認められたシェフのフレンチを楽しめるメインダイニング1階には、世界的格付けガイドで星を獲得したシェフ・櫻井修氏のフレンチを楽しめるホテルのメインダイニング、レストラン「Vaas」が。レトロクラシカルな空間で、地野菜やこだわりの地場食材を使用した、ここでしか味わえない“軽井沢フレンチ”をいただけます。夕食はコースのみの提供ですが、朝食は気軽に利用できるビュッフェスタイル。天気が良ければ、中庭に面したテラス席でいただくのも気持ち良さそうですね。【本館エリア】重厚でクラシカルな設えと美酒に酔うメインバーレストランの隣には重厚でクラシカルな設えが特徴のメインバー「Rouge」があり、ウイスキーやカクテルとともに、美食の余韻に浸ることができます。夜になると昼間の雰囲気からは一変。暖炉には火が灯り、落ち着いた大人の夜を演出してくれます。バーの営業時間の19時から23時以外は、宿泊者が自由に寛げるスペースになっていて、実は日中はバーカウンター越しに浅間山を見ることができる、隠れた絶景スポットなのです。【本館エリア】シーンに合わせて6タイプから選べる本館客室58室ある客室のうち45室を占める本館。6つの部屋タイプがあり、スタンダードな「デラックスダブル」でも広さは48.2平米と、ゆとりある広さです。特に人気が高いのが、眺望自慢の「浅間ビューデラックスダブル」。54平米から58平米の広々とした空間に大きな窓、屋根付きのテラスが特徴です。お部屋で寛ぎながら、テラスで高原の風を感じながら、浅間山と四季折々の風景を楽しめます。水回りは、お部屋タイプに関らず全室がダブルシンク。朝の身支度もゆったりと行えますね。洋風のリゾートホテルですが、畳敷きの「和室ジュニアスイート」も人気のお部屋のひとつ。畳スペースに布団を敷けば、4名まで宿泊可能です。ベッドや畳スペースから一段下がった窓側には、ゆったりと寛げるソファスペース。どこに居ても景色が見えるように、室内にあえて段差を設けるという工夫された間取りに驚きました。標高1,000メートル、ホテルで一番高い場所にある「山の上エリア」続いては、標高1,000メートルに位置する「山の上エリア」へ。可愛らしい専用のカートで向かいます。【山の上エリア】滞在中に一度は訪れたい2大フォトスポット「山の上エリア」には、滞在中に一度は訪れたいフォトスポットが2つあります。
そのひとつが、浅間山を正面に望む「アクティビティデッキ」。もうひとつのフォトスポット「山の上スイートテラス」は、標高1,000メートルからパノラマの景色を見渡す特等席。まさに「見渡す」という表現にふさわしい開放感溢れる景観は、ぜひ写真に収めたい美しさです。【山の上エリア】ホテルで一番の絶景客室「ヴィラスイート」「山の上エリア」の客室は2タイプ。独立したヴィラタイプの「ヴィラスイート」は、浅間山を望むロケーションが魅力のホテルで一番の絶景客室です。なんと、玄関を入った正面がガラス張りになっており、室内に入ると浅間山の姿が目の前に……。
まさかお部屋に入ってすぐに浅間山が見えると思っていなかったので、まるでサプライズのようで、とても感動してしまいました!室内は高い天井と大きな窓で開放感たっぷり。ツインベッドタイプは1室限定、それ以外はダブルベッドタイプになっています。リビングからは雄大な景色を独り占め。
広々としたテラスからも同じ景色を見ることができるのは、言うまでもありません。さらに、お風呂からもこの眺め。
軽井沢ならではの絶景がすぐ側にある、夢のような滞在を叶えてくれる「ヴィラスイート」に、すっかり心を奪われてしまいました。【山の上エリア】自然に包まれて別荘気分で寛げる「山の上スイート」「山の上スイート」は、リビングとベッドルームが完全に独立し、別荘気分で寛げるスイートルーム。クラシカルな設えと、まるで森に包まれているような環境で、ゆったりとした時間を過ごしましょう。浴室にも大きな窓があるので、明るい時間に森林浴をしながらお風呂に入るのも気持ちが良さそうです。「山の上エリア」は客室数が少ないので、ロビーやテラスもあまり混雑することなく、ゆったりと過ごせるのも魅力です。
時間帯や季節によって様々な表情を見せてくれる軽井沢の景色を、好きな場所で心ゆくまで堪能しましょう。 ご紹介しきれませんでしたが、他にも館内には施設や見所がたくさん!
フィットネスジムや、ホテルオリジナルや軽井沢ならではのお土産を揃えたブティック、宿泊者以外も利用可能な日帰り温泉施設やカフェ、さらには、季節の草花に彩られるガーデンや湖など自然を満喫できるスポットもあり、1日滞在しても見切れないほど。ただ景色を眺めてのんびり過ごしたい方も、様々な施設を満喫してアクティブに過ごしたい方も、どちらの理想も叶えてくれる「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」。いつもと違う軽井沢の楽しみ方に出会える、非日常のリゾートステイを体験してみませんか? ルグラン軽井沢ホテル&リゾート 長野県/軽井沢 詳細情報はこちら  

ルグラン軽井沢ホテル&リゾート
place
長野県北佐久郡軽井沢町大字発地864-4
phone
0267480099
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら