鳥羽の美味と真珠に魅せられる老舗ホテル


2019.11.02

一休コンシェルジュ

鳥羽湾を一望するロケーション、新鮮な海の幸をふんだんに使ったお料理。皇族方も泊まられた格式ある「鳥羽国際ホテル」は、真珠の本場、鳥羽ならではのもてなしが受けられるホテル。特に女性同士の旅先にはぴったり。その訳は……。リゾートエリアでは日本初の本格的な真珠スパ名古屋駅から近鉄特急で90分。鳥羽湾を見下ろす半島の先に佇む「鳥羽国際ホテル」は、「外国の要人をもてなせる上質なホテルを」というコンセプトで昭和39年に開業。以来、多くの皇族方や海外からの国賓をお迎えしてきた格式あるホテルです。2010年に30代から40代の女性層もワクワクする魅力を盛り込んでリニューアル。その最たる魅力とは、鳥羽の特産品として知られる真珠!ホテルには、「ミキモト コスメティックス」によるリゾートエリアでは日本初となる本格的な真珠スパがあって、オールハンドのトリートメントが受けられるのです。真珠とアコヤ貝からしか抽出できないアミノ酸、ミネラル、コラーゲンが肌を整えてくれる潤いトリートメントと聞けば、女性なら誰でもワクワクするというもの。このスパの利用をセットした宿泊プランも用意されています。ミキモト初のコンセプトルームで「真珠ステイ」を楽しむホテルはオーシャンウイング(旧本館)とハーバーウイング(旧南館)に分かれていて、2つの棟を連絡通路がつないでいます。鳥羽の素朴な漁港の雰囲気を眺めて過ごしたい人は「ハーバービュー」へ。この棟の「ハーバービュー・ツイン」は、机やベッドを海に向かって配置したお部屋。ぐんとリゾート感が盛り上がります。青い海を眺めて過ごしたい人は「オーシャンビュー」がおすすめ。この棟に宿泊するなら、ちょっと奮発してミキモトコンセプトルーム「パール・スイート」はいかが。ミキモト初のコンセプトルームで、本物の真珠をあしらった置き時計やボールペン、真珠と低反発フォームのハイブリッド枕などが備えてあって、室内は真珠一色。「ミキモト コスメティックス」のコスメもいろいろ揃っていて、自由に使っていいとか。このお部屋に限らず、どのお部屋のアメニティーも「ミキモト コスメティックス」で統一。大浴場はありませんが、姉妹館「鳥羽国際ホテル 潮路亭」には温泉と真珠成分を配合した「パールオーロラ風呂」があって、宿泊者なら利用可能。もちろん送迎もしてもらえます。伊勢海老のビスクスープが好評の朝食ブッフェ鳥羽では新鮮な海の幸を楽しみましょう。メインダイニングの「シーホース」はフランス料理のレストラン。伊勢海老を豪快に盛り込んだプレミアムなブイヤベースや、鮑のステーキはぜひ味わいたい一品です。また、朝食のブッフェで提供される「伊勢海老のビスクスープ」は、このためだけに訪れたいという口コミも多く寄せられている人気メニュー。人々を虜にするお料理が多いのは、老舗ホテルならではですね。和食を好む人であれば、2017年にリニューアルオープンした和食レストラン「もんど岬」へ。シェフ自らが買い付けた食材を目の前で調理するシェフズキッチンが自慢です。お土産にはチーズケーキをお忘れなく。創業以来の名物で、プレーンのほか、リンゴや伊勢茶、コーヒーなど種類もいろいろ。自宅に帰ってからも鳥羽の余韻に浸ることができるでしょう。 鳥羽国際ホテル 三重県/鳥羽 詳細情報はこちら  

鳥羽国際ホテル
place
三重県鳥羽市鳥羽1-23-1
phone
0599253121

この記事を含むまとめ記事はこちら