箱根・強羅を一望するレストランや温泉で寛ぐ癒しリゾート


2019.10.31

一休コンシェルジュ

東京から2時間で行ける別天地、箱根。その中でも強羅の街を見下ろす高台にある「箱根エレカーサ ホテル&スパ」は、非日常空間が広がる隠れ家のようなホテル。箱根の夜景を眺めながらいただくイタリアンが格別と評判です。高台の最奥部という好ロケーション箱根の強羅は自然の神秘に触れられる場所。名湯の宝庫でもあり、多くの人々が集まる人気の観光地でもあります。その強羅を見下ろす宮城野の高台、細い坂道の最奥部にあるのが「箱根エレカーサ ホテル&スパ」。チャペルも備えているのでウエディングで訪れた人がいるかもしれません。箱根の緑にうもれるように滞在できるこのホテルは、13歳未満は利用できない大人のためのホテル。2018年にリニューアルされたばかりで、清潔感にあふれています。お部屋はすべてバルコニー付きで14室。ほかには3つの個室を備えたスパとダイニング、バーがあって、一人旅でもくつろげるような雰囲気です。おすすめは半露天付きスイートルーム部屋のタイプはいろいろですが、おすすめは半露天風呂付きスイートルーム。広さは64平米。茶のグラデーションを基調としたシックな内装で、和室とシモンズのベッド2台を置いた洋室、どちらも備えています。このお部屋のいちばんの特等席は全開方式のプラーベート風呂でしょう。ドアをすべて開け放てば半露天となり、その心地良さといったら! 雨に濡れる心配もなく、涼やかな風とマイナスイオンを感じながら源泉かけ流しを味わえるのですから、箱根に来た甲斐があるというもの。ちなみに強羅には大涌谷から引湯する乳白色の酸性硫酸塩泉、早雲山から引く単純硫黄泉を中心に17湯あると言われていますが、このホテルの湯はナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉と弱食塩泉。肌に優しい温泉です。お部屋の温泉を楽しんだら、真正面に早雲山の絶景が広がる大浴場「エレカーサの湯」にもぜひ足を運んで。さらに余力があれば、眺めが異なる2つの貸切露天風呂「HAKONE YAMA」と「KAMIYAMA」へもぜひどうぞ。この宿の魅力がより具体的に感じられるはずです。本場で腕を磨いたシェフによるイタリアンここまでさんざん眺めが素晴らしい宿とご紹介してきましたが、実はいちばんの眺めはダイニング「カーサミーア」から望む景色とか。シャンデリアが下がるシックなレストランですが、2面に設けた大窓に映る箱根内輪山はやはり類のないほどダイナミック。晴れていれば富士山も望むことができますよ。少しずつ暮れていく景色を眺めながらいただくのは、イタリア料理のフルコール。シェフはナポリを経て、シチリアの2つ星店「Ristorante Duomo」で腕を磨いた大澤俊夫氏。相模湾や駿河湾に近い箱根の地の利を生かし、新鮮な魚介類と地元の農家が育てる西湘野菜をメインとした地産地消料理を提供しています。ボリュームもたっぷりで、口コミの評価もかなり高いものとなっています。専用のエステルームが3室もエステ&スパの「ナユタスパ」は、アロマやもみほぐし、リンパ節に沿って圧をかけて毒素の排泄を促す3Dデトックスなど、メニューが豊富。専用のエステルームが3室もあり、男性も全メニューの利用が可能です。面白いのはチェックイン前(12時から15時)に利用できるプランがあること。到着してすぐに疲れを癒すことができる上に、ホテルで過ごす時間が増えるので人気とか。前日までの完全予約制なので事前予約をお忘れなく。 箱根エレカーサ ホテル&スパ 神奈川県/箱根・強羅 詳細情報はこちら  

read-more
箱根エレカーサ ホテル&スパ
place
神奈川県足柄下郡箱根町宮城野1362-16
phone
0460861201

この記事を含むまとめ記事はこちら