一度は泊まりたい老舗旅館5選 金沢編


2019.10.19

一休コンシェルジュ

創業から数十年や百年以上を超える歴史をもつ老舗旅館。長い歴史と共に、多くの客人をもてなし魅了しているからこそ、“名宿”として今なおあり続けているのでしょう。
そこで今回は、歴史を重ね育む北陸の小京都・金沢で、同じように長い歴史を生きてきた一度は泊まりたいと思う老舗旅館をご紹介します。小説の舞台になった老舗宿で歴史と名湯に浸る金沢辰口温泉 まつさき(石川県/金沢辰口温泉)1836年創業の「金沢辰口温泉 まつさき」は、明治の文豪・泉鏡花が幾度となく訪れた老舗旅館。宿の前身「松崎旅館」が小説の舞台となったことから、鏡花が愛用した硯箱、直筆の短冊を実際に見ることができます。金沢近郊にありながら1,500坪もの広さを誇る松泉湖庭園を有し、四季折々の風景を楽しめるのも魅力のひとつ。さらに、大浴場や3つの展望風呂はもちろん、客室の露天風呂と内風呂も、この庭園内から湧き出る源泉掛け流しです。歴史ある温泉地の歴史ある湯宿の魅力を、心ゆくまで堪能しましょう。 金沢辰口温泉 まつさき 石川県/金沢辰口温泉 詳細情報はこちら 老舗の格式と居心地の良さを兼ね備えた金沢の名宿料亭旅館 浅田屋(石川県/金沢)1867年に旅籠としてこの地に誕生して以来、金沢の歴史のワンシーンを担ってきた「料亭旅館 浅田屋」。周囲に張り巡らせた板塀や正面にどっしりと構える松が、宿の歴史と格式の高さを象徴しています。行き届いたおもてなしができるように、客室は5室限り。一度宿泊すれば食べ物や枕の好みもカルテに保存され、次回訪れた際にはまるで実家に帰ったような感覚に。手作りのもてなしと、料亭旅館ならではの食のおもてなしを大切に受け継いできた名旅館です。 料亭旅館 浅田屋 石川県/金沢 詳細情報はこちら 伝統の様式美と世界に認められた加賀料理でもてなす料亭旅館 金城樓(石川県/金沢)「料亭旅館 金城樓」は、1890年、前田家邸宅跡に創業した料亭旅館。2016年には、世界的格付けガイド『富山・石川特別版』にて、5パビリオンを獲得。伝統の様式美を随所に残しながらも時代に合ったおもてなしを取り入れることで、訪れる人を魅了し続けています。客室は全6室。お客様の五感でゆっくりと食事を愉しめるように、夕朝食ともにお部屋のスタイルは、「料亭旅館 金城樓」の料理の基本。伝統と様式を守り続ける純和風の空間で、美食と向き合う上質な滞在が叶います。 料亭旅館 金城樓 石川県/金沢 詳細情報はこちら 魯山人をも唸らせた「一客一亭」の精神を受け継ぐ老舗宿金沢料亭 山乃尾(石川県/金沢 東山)1890年の創業以来、初代主人がとなえた「一客一亭」のおもてなしの精神を大切にする「金沢料亭 山乃尾」。加賀百万石の城下町の風情が色濃く残るひがし茶屋街の高台に位置し、5代目主人となる今もなお、その精神は脈々と受け継がれています。おもてなしはもちろん、美食家たちを唸らせる食材と文化も健在。「食材の持ち味を生かせ」という魯山人の教えに従って、食材も器も加賀ならではのものにこだわり抜いてきました。金沢の奥座敷で加賀料理の神髄を味わえます。 金沢料亭 山乃尾 石川県/金沢 東山 詳細情報はこちら 金沢の奥座敷で老舗旅館の次代を担う宿金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭(石川県/金沢犀川温泉)創業約50年と並み居る老舗旅館と比べるとまだ歴史は浅いものの、洗練された空間と良質な温泉で訪れる人の心を惹きつけてやまない「金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭」。古都の雅な文化と豊かな自然が溢れる金沢の奥座敷、犀川温泉にひっそりと佇む温泉旅館です。宿で一番人気の「離れ犀川 露天風呂付和室」は、文豪・室生犀星の愛した犀川が見えるお部屋。「離れ犀川」宿泊者専用のティーラウンジも魅力です。郷愁あふれる景色の中で歴史を重ね、金沢の老舗旅館の次代を担う宿と言っても過言ではありません。 金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭 石川県/金沢犀川温泉 詳細情報はこちら 老舗旅館の何年経っても変わらないでいてくれるその姿、おもてなしは、いつでも帰ってこられる安心感を抱かせてくれます。日常を忘れてのんびりと、贅沢な時間を叶えてみませんか。 

料亭旅館 金城樓
place
石川県金沢市橋場町2-23
phone
0762218188
no image
浅田屋
rating

5.0

24件の口コミ
place
石川県金沢市十間町23
phone
0762312228
no image
金沢辰口温泉 まつさき
rating

4.0

12件の口コミ
place
石川県能美市辰口町3-1
phone
0761513111
金沢犀川温泉 川端の湯宿「滝亭」
rating

5.0

4件の口コミ
place
石川県金沢市末町23-10
phone
0762291122

この記事を含むまとめ記事はこちら