「奄美ブルー」に彩られた、全室オーシャンビューの絶景ヴィラ


2019.08.21

一休コンシェルジュ

鹿児島と沖縄本島のほぼ中間に位置する奄美大島。刻一刻と表情を変える海と空を傍らに、ゆったりとした島時間が流れる「ネストアット奄美ビーチヴィラ」をご紹介します。すべてのお部屋から海を臨む、開放的なヴィラ宿のすぐそばから、穏やかに広がるエメラルドグリーンの海。「ネストアット奄美ビーチヴィラ」は、亜熱帯の自然に囲まれた奄美大島の北部に位置しています。独立したヴィラタイプの建物が14棟、全部で23室の客室とレストランが備わります。
すべてのお部屋がオーシャンビューのため、くつろぎながら美しい海と空の景色を独り占めできます。白やグレーを基調とした、モダンな外観のヴィラ。奄美の伝統的な素材や建築文化を活かしつつ、ゲストが快適に過ごせるような工夫を数多く取り入れています。ビーチフロントの客室でのんびり島時間客室は、「スタンダードヴィラ」「オーシャンヴィラ」「プールヴィラ」の3タイプ。
なかでも「オーシャンヴィラ」は、その名のとおり開放的な海の景色が主役の客室。ほかのタイプのお部屋と比べて、最も海の近くに位置しています。お部屋内にある洗面台やバスルームは、白を基調としたシンプルな色と造りで、ゆとりある快適な空間になっています。ビーチフロントのウッドデッキに出れば、思わずため息が漏れそうなほど美しい景色が目の前に。アウトドアバス付きのお部屋なら、のんびりと湯に浸かりながら眺めることができます。何もせずただ海と空を眺めるひとときが、この宿で過ごす醍醐味なのかもしれません。ウッドデッキに専用のプールが付いた「プールヴィラ」は、3タイプのなかで最も広く、洋室と和室の両方が備わります。高い天井が、広々とした室内をさらに開放的な印象に。プールからも、海と空の絶景を眺めることができます。遊び疲れたらビーチベッドに横たわり、島風を感じながらお昼寝という贅沢も叶いますよ。昼間に眺める美しい海と青い空も大きな魅力ですが、お楽しみは夜にも待っています。天気のいい日には、一面に広がる大パノラマの星空が見えることも。ウッドデッキで波の音に耳を傾ける、心穏やかな夜のひとときを過ごせます。奄美の食材と文化を感じるモダンなレストランメインダイニングの「AMANARI」では、奄美の大自然に育まれた食材をはじめ、長い間受け継がれてきた食文化を、心のこもった料理で愉しむことができます。ホテルのチェックインは15時ですが、早めに訪れてチェックイン前にランチを楽しむことも。島の食材を使用したおばんざいや天ぷらなど、親しみやすいカジュアルなスタイルのメニューが並びます。テラス席も用意されているため、外の風を感じながらお食事をいただくこともできます。チェックイン後のカフェタイムに、スイーツやドリンクをいただくのもおすすめです。太陽の光がたっぷりと差し込む店内は、夜になるとムードたっぷりの空間に。ゆったりとお食事を愉しみたいディナータイムに並ぶのは、島の食材に和のテイストを合わせた逸品たち。新鮮な魚介類をはじめ、普段はなかなかお目にかかれないこの地域ならではのメニューが、コース仕立てで登場します。朝食には、飽きのこないシンプルなメニューを。洋食と和食から選ぶことができ、作りたてをいただけます。島の人々が守り、育んできた豊かな自然と文化に包まれる「ネストアット奄美ビーチヴィラ」。青い海と澄み切った空、夜空に輝く星たちが、日常の慌ただしさを忘れさせてくれるはず。ゆるやかに時間が流れる奄美の宿で、上質な島時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。 ネストアット奄美ビーチヴィラ 鹿児島県/奄美大島 詳細情報はこちら  

この記事を含むまとめ記事はこちら