一年を通してカニを楽しめる、絶景オーシャンビューの宿


2019.08.09

一休コンシェルジュ

宿の名が「蟹御殿」。そう聞けば、おのずと期待も高まろうというもの!カニ好きには見逃せない宿を佐賀県の太良嶽温泉に見つけました。1年を通して食べることができるので「カニ気分」になったら、即出発!茹でて、焼いて、カニ三昧を楽しみましょう。遠くからもわざわざ宿泊者が訪れる宿この「蟹御殿」があるのは有明海に面した太良嶽温泉。ちょうど佐賀県と長崎県の県境付近にあるので「ちょっと遠いかな?」と思う人もいるかもしれません。
しかし、この宿の年間稼働率はなんと90%以上。東京や大阪、そして海外からもゲストが訪れる宿なのです。遠路をものともせず通うその訳は、なんといってもカニ!そして穏やかな有明海と雲仙岳の雄姿が見える素晴らしいビューにあります。
最寄駅はJR肥前大浦駅。無料送迎サービスを利用すると駅からは約5分で到着します。「月あかりテラス」で有明海の眺めるまずはお部屋に向かう前に、有明の海を全身で感じられるウッドテラス「月あかりテラス」へ。有明海は国内では最大の干満差を誇るそうで、特に太良町沖の干満差は最大で6メートルにも及ぶとか。広々としたテラスで潮風に吹かれていると、日頃のストレスがさらりと抜けていくようで旅気分もマックスに。ゆっくり満ちて、ゆっくり引いて。そんな海の息吹が感じられる舞台です。離れのスイート4室と、本館に18室客室からも景色を楽しみたい人は、海側一面がすべてガラス窓になっている「プレミアムルーム」や「オーシャンパノラマルーム」に部屋をとってはいかが。シンプルな和テイストの中にアジアの香りを漂わせた、落ち着いたインテリアが素敵です。海に最も近い「露天風呂付き客室」も人気。さらに離れには4つのスイートルームが。このスイートルーム、それぞれに趣が全く異なるので、事前にお部屋の雰囲気を確認しておくといいでしょう。ワタリガニの一種「竹崎カニ」を味わうカニといえば、タラバガニやズワイガニ。最近は産地の名前を冠したタグ付きのカニも登場しているので、旬の到来を楽しみにしている人も多いでしょうが、ここで楽しめるのは竹崎カニ。これはワタリガニの一種で、餌となるプランクトンが豊富な地元の海で育った竹崎産のカニは、特に珍重されています。
1年を通して食べられますが、なかでも夏はオス、冬にはメスが美味しくなるとか。しかもこの宿では専用の広い生簀を完備。いつでも新鮮なカニを食べられるよう工夫しています。夕食には、茹でたて熱々のカニが一人に一杯付くのが基本。人の顔ほどの大きさがあって卵もびっしり。身の締まり具合といい、味噌の濃厚さといい、その食味にはノックアウトされてしまいます。
そのほか、海の松茸と言われる二枚貝の海茸や佐賀和牛、車エビにアワビなど、有明の美味が集められた夕食に満腹、満腹!食べ終えた頃には大きな満足感に包まれるでしょう。温泉は本館最上階7階に空と海に溶け込むような露天風呂があるほか、渡り廊下を歩いた先に、貸切の6つの露天風呂を設けた「有明海の湯(有料)」もあります。
新鮮な竹崎カニが食べたくなったらいつでもこの宿へ。ぜひお腹を空かせてお出かけください。 太良嶽温泉 蟹御殿 佐賀県/太良嶽温泉 詳細情報はこちら  

read-more
太良嶽温泉ホテル 蟹御殿
rating

4.5

115件の口コミ
place
佐賀県藤津郡太良町大浦乙316-3
phone
0954682260

この記事を含むまとめ記事はこちら