大正と現代の交差を楽しむ湯河原の旅館


2019.08.02

一休コンシェルジュ

古くから有名な文豪や画家が滞在し、創作活動を行なったとされる神奈川県の温泉地・湯河原。そんな地で、2002年に約130年の歴史に幕を閉じた宿「富士屋旅館」が17年の時を経てリニューアルオープンしました。建築当時の趣を残す「旧館」と「洛味荘」、そして洋室や大浴場を備えた「新館」から成る旅館の魅力と、リニューアルのこだわりをご紹介いたします。難題を乗り越え復活した「富士屋旅館」富士屋旅館の歴史は古く、営業が開始されたのは明治9年と云われています。長年にわたり湯河原温泉のシンボルとしてその地に佇み、数多くの宿泊客の疲れを癒してきました。2002年に営業を休止して以来、17年間手つかずの状態であった「富士屋旅館」。想定を超える建物の劣化により、修復工事は難航。それでも当時の姿を再現しようと、予定から少し遅れた2019年2月にリニューアルオープンすることとなりました。そんな「富士屋旅館」の旅は、今と昔が交差するこのロビーから始まります。大正和風建築の趣を体感する旧館大正12年に建てられ、当時の和風建築の趣を感じられる数寄屋造りの「旧館」。足を踏み入れると、仄かな木の香り漂う広い玄関がゲストをお出迎え。昔ながらの番台がレトロな雰囲気を醸し出します。玄関からお部屋へと続く廊下。窓には細かい霜のような模様が美しい結霜ガラスや、波打った表面が特徴の大正ガラスなど、当時のものを使用。まるで大正時代にタイムスリップしたかのような気分に。旧館には合計4室のお部屋が。1階の「和室<檜温泉内風呂付>35~40平米」の中でも角部屋となる「春告草(はるつげぐさ)」は、2面から緑豊かなお庭を眺められる風流なお部屋。窓際のロッキングチェアで、読書をしながらゆっくりくつろいでみては。建築当時のものをできるだけ残しつつ、リニューアルされた旧館。客室の梁や欄間も、当時のものを一旦取り外して清掃し再利用。至る所に面影を見ることができます。旧館と洛味荘はすべてのお部屋に、源泉掛け流しの檜内風呂が備わるのもうれしいポイント。浴室に入った瞬間から豊かな檜の香りに癒されます。落ち着きのある空間で優雅に過ごす洛味荘昭和26~29年ごろに、京都から運ばれた貴重な木材で建てられたと伝わる「洛味荘」。リニューアル前は8部屋あった間取りを4部屋とすることで、よりゆったりと過ごせる空間へと生まれ変わりました。旧館から洛味荘へと繋がる渡り廊下の先には、宿泊者なら自由に利用できるライブラリースペースが。敷地内を流れる滝の音や緑葉に癒されつつ、お好みの本を見つけて思わず読書に没頭してしまいます。洛味荘の特別室である「好文木」。54平米の広さがあり、最大4名での滞在が可能。特別室ならではの広々とした空間や、落ち着いた内装で静かにくつろげるお部屋です。お部屋には坪庭が付いており、外に出ることも。雪の日などには、昔の文豪たちが触れた風情をよりいっそう感じられるはずです。浴室は和の面影を残しつつ、モダンで機能的な設え。複数人の利用でもストレスを感じさせない広さがあります。洛味荘2階のお部屋「香栄草(こうばえぐさ)」には、宿のスタッフもお気に入りの窓際の小部屋が。窓の外は夏には緑葉、秋には紅葉に染まり、四季の風情を間近に堪能できることでしょう。和洋の融合でホテルのような滞在ができる新館洋室を中心に全10室のお部屋を有する「新館」。「エグゼクティブツイン」は、落ち着いた間接照明に、重厚な一枚板のテーブルがアクセントとなっている、モダンなインテリアが特徴のお部屋。洋室でありながら、窓の外に目を向ければ温泉旅館にいることを思い出させてくれる四季折々の景色が広がります。和と洋の絶妙なバランスが楽しめるお部屋です。新館には、源泉掛け流しで湯河原温泉の恵みを堪能できる温泉大浴場が。古くから名湯として人気の温泉は弱食塩水・弱アルカリ性の泉質で、お肌にやさしく、湯冷めしにくいという特徴があります。元々客室があった2階部分を吹き抜けにし、別格の開放感が味わえる大浴場。天井を見上げれば建築当時の梁や木材が目に入り、当時の賑わいを想像しながらついつい長湯してしまいます。「残せるところは残す」精神をもとに、湯河原の地のシンボルとして蘇った「富士屋旅館」。大正の息吹を感じられる旧館から、モダンなホテルステイが楽しめる新館まで、自分のスタイルに合わせた宿泊はいかがでしょうか。 富士屋旅館 神奈川県/湯河原 詳細情報はこちら  

read-more
富士屋旅館 湯河原
place
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上557
phone
0465600361
すべて表示arrow

【鰻堪能×土曜・祝日もOK!35%OFF】夕食のしめに鰻の土鍋御飯「鰻土鍋コースプラン」

¥27,170

arrow icon

2021/08/06 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/07/24

この記事を含むまとめ記事はこちら