1日1組限定!誰もいない海を臨む石垣島の究極リゾート


2019.07.12

一休コンシェルジュ

1日1組限定のリゾートホテル「セブンスターリゾート石垣」。青い海も空も緑も風も、全部独り占め。そんな究極のプライベート空間に身をおく旅なら、リフレッシュ間違いなし。しかも舞台は石垣島! 予約を入れた瞬間からワクワクが始まります。オンリーワンの旅が叶う宿「セブンスターズリゾート石垣」。この宿をひと言で表すなら、「頼りになる専属バトラー専属コンシェルジュのいる別荘」と言っていいでしょう。その思いはホテルに予約を入れた時から実感します。まずは何と言っても事前メール。ホテルでの過ごし方、気候、アクティビティ、飲食店情報など、実に丁寧に教えてくれるので、安心して出発できるのです。また、島内のどこからでも、どこへでも送迎してくれるので、時間や交通手段にしばられることなく、自由自在な旅が叶います。オールインクルーシブスタイルホテルがあるのは国定公園の中。亜熱帯の森の中に佇む真っ白い建物が、石垣島での「マイ別荘」となります。ホテルは2階建。まずは白を基調とした広いリビングで乾いた喉をうるおしましょう。ここは夕食時やバータイムも含め、滞在時の飲み物は無料となるオールインクルーシブスタイル。いちいちオーダーする煩わしさがありません。ハンギングチェアや80型ビッグサイズのテレビなど、普段あまり目にしない設えに驚きつつも、目は誘われるように外のプールへ。まるで海外のリゾートを訪れたような雰囲気で、一気にテンションアップ。ほんの少し歩けば静かなプライベートビーチもあって、島の豊かな自然に触れることもできます。幅340㎝のラグジュアリースリーパーベッドキッチンやランドリーも完備。洗面台はダブルシンク、おまけにジャグジーまで!ベッドルームはひとつ。幅340㎝という他ではあまり見ない特大サイズのベッドがリゾート気分を盛り上げます。こちらのヴィラ、定員は1〜4人ですが、ゲストの数によってベッドの種類を替えるなど、アレンジしてもらえるのでご安心くださいね。ルーフトップは、昼はエメラルドグリーンの海を、夜は降るような星空を眺める展望台。ここもぜひ訪れて。夕食は専用ダイニング、朝食はお部屋でキッチンで気ままに調理するのも楽しいものですが、実はこちら、食事も評判! 夜も朝も食事付きを選ぶ人が多いとか。食事付きを選んだ人は、夕食は専用ダイニングを利用します。太陽をいっぱい浴びて育った野菜やフルーツのおいしさは南国ならでは。沖縄サミットで提供された「ゆいまーる牧場」の石垣牛やアグー豚も登場。さらに全国から旬の食材を空輸しているので、離島のハンデを感じることは全くありません。食後はバーへ。もちろんここでの飲み物も宿泊費に含まれています。和食と洋食が選べる朝食はお部屋で。どちらも食べたくて連泊を願う人、多数とか。自分たちだけというプライベート感と、いつでもバトラーが見守ってくれるという安心感。至れり尽くせりの旅が叶う「セブンスターズリゾート石垣」。重いスーツケースは自宅まで無料で郵送してもらえます。旅の最後まで「特別感」を感じさせてくれる、ここはそんな宿なのです。 セブンスターズリゾート石垣(The Seven Stars Resort ISHIGAKI) 沖縄県/石垣島 詳細情報はこちら  

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら