【滞在記】沖縄ならではの美食とスパに癒される


2019.06.26

一休コンシェルジュ

ひらまつのホテルの滞在で、楽しみの一つなのが食事です。「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座」では、敷地内で一番見晴らしの良い高台にレストラン棟を構えています。
客室編「【滞在記】沖縄・宜野座の海と繋がるひらまつのリゾート」に続き、今回は食事・スパ編としてグランメゾンならではの美食をご紹介します。引き続き、RICOH「THETA」を使ったダイナミックな写真と合わせてご覧ください。シャンデリアが輝くレストラン暗くなると、レストラン入り口の天井にはシャンデリアが輝きます。入ってすぐ、2階左手にはウェイティングスペースを兼ねたバーがあります。泡盛を多種取り揃えており、食前酒として楽しむことも可能です。沖縄らしさを感じられるのはいいですね。本日のメニュー。シェフがテーブルまで来てくれて、沖縄産の食材などについて丁寧にメニュー内容を紹介してくださいました。まずはひらまつオリジナルのシャンパンで乾杯を。『リー・ド・ヴォーと黒人参のフリット』
ホルモンの一種であるリードヴォーは、仔牛にしかない胸腺の部位です。じゅわっと広がる濃い脂の旨味。パンチのある前菜ですね。『涼しげな翡翠色のジュレに浮かぶ宜野座産車海老』
丸々1尾の大きな車海老の上には、キャビアとエディブルフラワー。淡いグリーンが初夏を感じさせる、目でも楽しめる一皿です。海老の頭は揚げられておりスパイシー。パンとバターの登場。こちらのバターは、ホイップクリームと通常のバターの中間のようなテクスチャーで、伸びがよいです。『佐賀県産鮑と名護産椎茸のフリカッセ ブルゴーニュ風』
パリパリの薄いチーズの輪っかを崩しながら食べ進めていきます。弾力のある鮑と同じくらい肉厚にカットされた、椎茸の食感が素晴らしいです。『琉球すっぽんのロワイヤルに軽いビスクを合わせて』
ビスクは、下半分ほどが茶碗蒸しのようになっています。花ズッキーニの中には、細かく切られたすっぽんがたっぷり。『アーサを纏ったスズキのポワレ 茄子のタプナード』
皮目がパリパリに焼かれたスズキに添えられるのは、西表島産黒紫米と山ウドのリゾット。ほんのり海苔が香り、和を感じるお皿です。『今帰仁アグーのロースト』
沖縄固有の貴重なアグー豚は非常に柔らかく調理されており、噛んでいると特有の旨味と甘味が口の中に広がっていきます。そしてメインのお肉に負けないくらいインパクトがあるのは、3種の調理法で提供される宜野座特産紅じゃが。ブーケのように揚げられた部分がとても好みでした。『やんばる島豚の“SHABU-SHABU”サラダ』
サラダが最後に?と思っていたら、たっぷりのお肉が乗った豚しゃぶサラダでした。味付けはさっぱりしていて終盤にぴったり。シャキシャキした野菜と島豚の持つ甘味がとてもよく合います。『沖縄県産ピーチパインとバニラのシブースト』
旬のピーチパインを使ったデザート。濃厚なクリームチーズのアイスと、爽やかな甘みのピーチパインがよく合います。底には爽やかなライムのグラニテが敷き詰められていて、後味はすっきり。『食後のハーブティーとミニャルディーズ』
オペラ、フロランタン、クッキー2種にプリンと盛りだくさんです。ボリューミーなコースのため、ミニャルディーズはお部屋に届けてもらうこともできるそうです。寝る前にくつろぎのスパタイム食後は「THE SPA・FIVE ELEMENTS」へ。身体を温めてからのトリートメントを推奨されていたので、お部屋でお風呂に入ってから向かいました。最終受付時間は22時(トリートメント終了23時)と遅くまで営業しているので、夕食後の利用も可能です。スパで提供されているのは、五行説に基づいたファイブエレメンツに合わせて行うトリートメント。カウンセリングシートをもとに掘り下げていくと、私は水分不足になりやすい「冬タイプ」で、「WATER」のエレメントを含むエッセンシャルオイルを使用することに。「エレメンタルハーボロジー」という、ファイブエレメンツの思想から生まれたイギリスのスキンケアブランドです。真っ白なシーツに青を基調としたお部屋。ベッドの上の小さなシーサーがお出迎えしてくれます。まずはフットセラピーなのですが、その前に行ってくださった儀式がとても素敵でした。特別なお水をそっと指ですくい、私の額に優しく触れ「あなたの幸せを願って」と一言。まるで催眠術にかかるように、ゆっくりと身体の力が抜けていきます。すっかりリラックスしきっていたので、ベッドにうつ伏せになってマッサージに癒されていたら、寝返った記憶すらなく60分が過ぎていました。トリートメント後には「KOSO COLLECTION PLUS」という100種類以上の野菜や果実を発酵させた酵素ドリンクと1杯のお水を。デトックス効果を高めてくれるものだそうです。独特なお味で、ボーッとしていた頭がすっきりしました。最後に、肌タイプに合うクリームと美容液のサンプルをいただいて、バスローブのままお部屋に戻ったら、あとは寝るだけ。寝る前のスパ、おすすめです!▼スパのご予約はこちらから/THE SPA・FIVE ELEMENTS
https://spa.ikyu.com/day_spas/660033/朝食は海を眺めながら朝食会場は昨夜と同じ建物ですが、明るさもお部屋も全く違うので新鮮です。あらかじめテーブルには、蜂蜜と2種類のジャムが用意されています。まずはフレッシュオレンジジュース。続いて『サーモンマリネと宜野座ベビーリーフのサラダ』。朝からチーズやアスパラも入っている具沢山のサラダが食べられて嬉しいです。
『フランス産ホワイトアスパラガスの冷製ヴィシソワーズ』は、サマートリュフが香るさっぱりとしたスープ。と、ここでパンバスケットの登場!熱々で良い香り。『焼きたてヴィエノワズリー』
・クロワッサン
・パンオショコラ
・紅茶のベーグル
・バゲット『うちなー卵のベネディクト あぐーソーセージと共に』
半熟卵を割る瞬間ってどうしてこんなにもワクワクするのでしょうね。中はもちろんトロトロ。アグー豚のソーセージもジューシーで物凄く美味しい。『季節野菜ラタトゥイユのペンネ』
角切りトマトやピーマン、茄子などのお野菜がゴロゴロ入ったラタトゥイユ。下にペンネが隠れています。野菜がたくさんとれて、ヘルシーで嬉しいメニューです。デザートの『旬のフルーツヨーグルト 南国グラノーラ』は、フルーツと合わせて食べると、丁度良い甘さでした。料理だけでなく、建物やインテリア、ホスピタリティなどすべての点において、こだわりを感じられる「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座」。
沖縄は、本島・離島いずれも多くのホテルに泊まってきましたが、この満足度を超える滞在はなかなかできないのでは?と思うほど素敵な体験となりました。 THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座 沖縄県/宜野座 詳細情報はこちら  

THE HIRAMATSU HOTELS&RESORTS 宜野座
place
沖縄県国頭郡宜野座村松田1425
phone
0989685600

この記事を含むまとめ記事はこちら