【取材】非日常空間へ!贅沢すぎるネスタリゾート神戸ロイヤルスイート


2019.05.26

一休コンシェルジュ

足を一歩踏み入れただけ、いままで体験したことがなかった非日常を感じさせるラグジュアリー空間が広がる。今回は、まるで海外セレブの別荘を一棟借りたようなリゾートライフを過ごせる「ネスタリゾート神戸 ロイヤルスイート」をご紹介します。約230万平米にもおよぶ広大な自然の中のたった3棟ホテル ザ・パヴオーネの目の前には、カヌー体験が楽しめる大きな池大阪駅から直通のバスで約60分、兵庫・三宮駅からの直通バスで約40分。約230万平米もの敷地に、アスレチックや釣りなどのアクティビティやグランピングなど、60以上の施設をそろえる「ネスタリゾート神戸」。この広大な敷地の中に3棟だけ、いままで出会ったことがないであろうラグジュアリーなお部屋があります。その名も「ロイヤルスイート」。それぞれ約175平米、約249平米、約259平米という贅沢な広さ。
今回はその中で約249平米の「ロイヤルスイートB」を拝見させていただきました。259平米の平屋建て、プール、お風呂、サウナ付き玄関を開けると待ち受けるリビングダイニングの豪奢なインテリアの数々。
このリビングだけで90平米の広さがあります。
天井は高く、白を基調にした落ち着いた室内。お部屋全体の床は、すべてフラットになっており、赤ちゃんはもちろん、シニア世代にも安心。冬には、薪ストーブ(写真)に火が灯ります。ダイニングキッチン。
左にケージが見えますが、ワンちゃんも小型犬なら3匹まで同伴可能です。床がタイルなのでワンちゃんは滑るかもしれませんのでご注意を。目を引くのが、8人掛けテーブルの奥に見えるマリリンモンロー。その左右にゴールドのオブジェ、中央に煌めくクジャクと2羽のガラスの鳥。この世界観はぜひ生で体感してほしい。リビングの外はプライベートプール。設えだけではなく、景色でも非日常を感じさせてくれます。寝室は2つ。こちらはゲストベッドルームになります。マスターベッドルームと共にベッドは、シモンズ社製。幅が150センチあるので、ゆったりした柔らかな寝心地を提供してくれます。こちらはマスターベッドルームからの景色。特殊な窓ガラスを使用しているため、陽の光を柔らかく通し、昼間は外から中が見えにくくなっています。寝室の奥にはバスルーム。オーバーヘッドシャワーなどが付いた多機能シャワーが備わっています。外の景色を見ながら入れるので、露天風呂気分も味わえます。好きな方にはうれしいサウナも。定員6名なので、パートナー一緒に楽しめます。プライベートプール、ジャグジー、BBQテラスが備わる75平米のプールやアウトドアリビング。そしてプールサイドにはBBQテラスが備わります(写真奥)。プールは温水。夏季水温は20℃~25℃、冬季水温は34℃~38℃となっているので、季節を問わず楽しめます。水深は1.4m。お子様にはライフジャケットの用意もあるそうです。真ん中の透明なBOXはジャグジープール。ジャグジープールで横になれば、目の前は透き通った青と緑の世界。
都会の喧騒とは真逆の癒しのひとときが叶います。ジャグジープールの横には、バイオエタノール暖炉が備わったソファー。シャンパングラスを傾けながら、温かい炎にあたる。そんな贅沢はいかがでしょう。夕食はレストランでいただくことも、お部屋内で食材を用意し自分たちで調理することも可能です。
朝食はホテルよりルームサービスがあり、アメリカンブレックファーストをいただけます。また、希望すればGLAMPモーニング(神戸ビーフを使ったハンバーガーの朝食)や、ホテルでの朝食ブッフェも選べます。今回は昼間の訪問でしたが、陽が沈むとプール側からはこんな景色に。青と暖色のコントラストが幻想的な非日常を演出してくれます。
「ネスタリゾート神戸 ロイヤルスイート」の細部にもこだわったラグジュアリー空間をぜひ体感してみてください。 ネスタリゾート神戸 ロイヤルスイート [NESTA RESORT KOBE] 兵庫県/三木 詳細情報はこちら  

read-more
ネスタリゾート神戸
place
兵庫県三木市細川町垂穂894番地の60号
phone
0794835211
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら