降るような星と過ごす、大分・久住高原の夜


2019.05.11

一休コンシェルジュ

空一面に散らばった星。もしかすると流れ星に出会えるかもしれない…。そんな期待に胸がふくらむホテル「フリューゲル久住」。
久住とは大分県の久住高原のこと。爽やかな高原の風に包まれる、リフレッシュの旅へ出かけましょう。高原ドライブが楽しめる久住高原「フリューゲル久住」は阿蘇くじゅう国立公園の中。阿蘇エリアではなく、久住エリアにあり、湯布院インターから県道11号「やまなみハイウエイ」などを使って約1時間。はるか遠くに阿蘇五岳をのぞむロケーションです。
宿から車で30分以内の場所には、花々が絨毯のように咲きそろう「くじゅう花公園」や日本では珍しいガンジー種の乳牛を飼育している「ガンジファーム」など、観光スポットが点在していてドライブにはもってこい。九州を代表する素敵なドライブコースの一つです。自家用車を横付けできる離れホテルの敷地は約1万2000坪。その中にスイート仕様の離れがたったの10棟。全て一戸建てのスタイルです。
フロントとレストランが入る棟を囲むように離れの棟が置かれていて、車はなんと自分の棟の横へ。チェックインをした後でも、荷物を取りに、あるいは置きに、部屋と駐車場を往復することがままありますが、部屋に車を横付けできるのは「目からウロコ」の便利さ。自分の別荘のような感覚で滞在できますよ。良質な炭酸水素塩泉が自慢フロントやロビーは、ステンドグラスやシャンデリアが輝く洋の空間。離れは一転して古民家風の味付けがされた和モダンのデザイン。全棟ともベッドルーム、和室、内風呂と露天風呂、ウッドデッキで構成されており、広さは約60平米。天井も高く、より開放感を感じる造りとなっています。温泉は露天風呂も内湯もどちらも源泉掛け流し。世界屈指の炭酸泉で知られる「長湯温泉」とほぼ同じ泉質の、炭酸水素塩泉です。24時間入浴できるのでいつでも温泉三昧。湯に入って、ウッドデッキで涼み、また湯に入って…と、飽くほど温泉を楽しめます。コースでいただくフレンチレストランへはスタッフがカートで送迎してくれます。もちろん、散策を兼ねて中庭をゆっくり歩いて向かってもOK。ガラス張りのレストランが近づくにつれ、ワクワクが増してくるはずです。
このレストラン、夜はライトアップされて幻想的な雰囲気。朝はガラス窓の向こうの緑に陽が当たって、まさに高原リゾートの趣き。緑の中で食事しているような気分になります。夕食は洋食のフルコース。朝食は和食と洋食から選べます。
フランスで修行した後、大阪で長く腕をふるったシェフが手がけるお料理は、新鮮な高原野菜や「久住高原豚」「豊後牛」など、地元の食材にこだわったフレンチ。どのお皿も色鮮やかに仕上げられており、食欲をそそられます。夜空を見上げて星空ウオッチングこの宿で外せないのはもちろん星空ウオッチング。空気が澄み、湿度が低い久住高原は、全国でも有数の星空観察スポット。天気に恵まれれば、大きな空を二分するような壮大な天の川も見られるとか。大げさな準備は何もいりません。お部屋のテラスから、露天風呂に浸かりながら、とにかく夜空を見上げるだけ。無数の星の中に溶け込むような高原の一夜を楽しみましょう。 フリューゲル久住 大分県/久住町 詳細情報はこちら  

read-more
久住温泉 フリューゲル久住 輝く星の大地
rating

4.5

6件の口コミ
place
大分県竹田市久住町都野6049-89
phone
0974647839

この記事を含むまとめ記事はこちら