金泉と銀泉、2つの露天風呂付き貴賓室でくつろぐ有馬の夜


2019.03.11

一休コンシェルジュ

落ち着いた空間で良質な温泉を楽しみたい。そんな人にうってつけなのが、有馬温泉にある「中の坊 瑞苑」。利用を13歳以上に限っていることもあり、宿のどこにいても本当に静か。芯からくつろぎたいと願う大人にぴったりの宿です。日本三古湯の一つ、有馬温泉有馬温泉といえば茶褐色の「金泉」と無色透明な「銀泉」、2つの湯で知られたところ。実はこの2つの名は商標登録 されており、使用できるのは有馬温泉だけなんだとか。「日本書紀」にも名があるほど長い歴史を持ちますが、現在の温泉の基となったのが、鎌倉時代の初めに薬師如来を守護するために建てた「十二坊」 。有馬温泉に「〜坊」と名がつく温泉が多い所以ですが、その中のひとつ「中の坊」を継承してきたのが「中の坊 瑞苑」です。
創業は明治元年。温泉街の中心部にあり、大阪からは60分。神戸・三宮からは30分ほど。思い立った時にすぐ出かけられる好アクセスです。2017年にリニューアル宿は、2017年11月に「心地よさ」をコンセプトにリニューアル。新たに日本茶鑑定士の最高位が監修した日本茶と、作りたての甘味が楽しめるカフェ「猪名野(いなの)茶房」が加わりました。チェックインまで時間があれば、ここでひと息いれるのも手。テラス席もあるのでゆっくりできますよ。もちろん、日本庭園が眺められるシックなラウンジ「里楽」で過ごすのもおすすめ。実はこの日本庭園、モナコ王妃となったあのグレース・ケリーが宿泊した際、最も気に入られた場所なのだそう。フリードリンクサービスもあるので、滞在中、何度も利用しそうです。2つの露天風呂が付いた貴賓室「和光」和室、洋室、和室にベッドを入れた和モダンなど、客室は13タイプ。さらに金泉、または銀泉の露天風呂付きなど、さまざまなタイプが用意されています。どれにしようか迷うところですが、有馬を訪れたからにはちょっと奮発して、部屋に金泉と銀泉、どちらの露天風呂も備えた貴賓室「和光」はいかがでしょう。
広さは120平米とゆったり。何より部屋にいながらにして金泉と銀泉を同時に味わえると好評で、記念日や還暦のお祝いで泊まるゲストも多いとか。お祝いで訪れる場合は、記念写真やドリンクサービスもあるなど、至れり尽くせりです。それではお待ちかねの湯浴みを。金泉は含鉄—ナトリウムー塩化物強塩温泉、一方の銀泉は単純弱放射能泉。さあ、金泉でざぶり、銀泉でざぶり。再び、金泉でざぶり、銀泉でざぶり…。大浴場「瑞泉」と「爽泉」、貸切家族風呂「寿泉」(有料)、貸切露天風呂(無料)もあるので、貴賓室以外の宿泊でも、もちろん金泉と銀泉は楽しめます。ライブ感あふれるシェフズルームの夕食食事の選択肢が多いのもこの宿の特徴。お部屋や個室ダイニングでは季節替わりの彩り鮮やかな会席料理をどうぞ。少食の人には通常より量を少なく、けれど質にはこだわった少量美味コースもあります。リニューアルによって新たに生まれた「シェフズルーム厨舎」では、ライブ感たっぷりの鉄板会席や耐熱レンガの窯で仕上げる焙煎会席が人気。また、和食レストラン「旬彩 猪名野」で夕食をいただくプランもあります。
神戸牛をはじめ、山海の幸に恵まれた有馬。さまざまな美味と、ここならではの金と銀の湯。有馬の魅力を「中の坊 瑞苑」でたっぷり感じてみませんか。 中の坊瑞苑 兵庫県/有馬温泉 詳細情報はこちら  

中の坊 瑞苑
rating

4.5

160件の口コミ
place
兵庫県神戸市北区有馬町808
phone
0789040781

この記事を含むまとめ記事はこちら