「カルピス」初の工場見学施設OPEN! 無料で試飲やシアターも!


2019.08.17

いこーよ

「カルピス」初の工場見学施設「『カルピス』みらいのミュージアム」が、群馬県館林市に2019年10月1日(火)からオープンします。カルピスの製造ライン見学や、試飲、映像上映などが無料で楽しめるとあって、注目です。
「『カルピス』みらいのミュージアム」内観イメージ ■「カルピス」100周年を記念したミュージアム!
「『カルピス』みらいのミュージアム」を新設するアサヒ飲料群馬工場愛され続けているアサヒ飲料の「カルピス」。100年前から変わらず「カルピス菌」を継ぎ足して作られています。今回は、ブランド100周年を記念して、「カルピス」製造工場として初となる工場見学施設がオープン! 「カルピス」のおいしさを体感できるスポットです。 ■アニメーション上映や香り体験が楽しめる!
エントランスイメージブランドカラーの白と青を基調としたエントランスでは、「カルピス」の巨大オブジェがお出迎え! ベンチやカウンター席が設置され、ゆっくりと休憩することもできます。また、ミュージアムならではのオリジナルグッズを販売するショップコーナーも展開予定です。
アニメーション「初恋の味」ミュージアムのプロローグでは、「カルピス」の生みの親・三島海雲さんが体験した内モンゴルでのエピソードをシアター形式で上映。日本を代表するアニメーション作画監督・小田部羊一さんや、俳優で声優の松田洋治さんが参加したアニメーション映像です。
「発酵のへや」イメージオープンスペースには、歴代の広告やパッケージを展示する「カルピス」100年ギャラリー、立体展示パネルとプロジェクション映像で製造工程を紹介するコーナーを設置。また、円形のスクリーン空間が特徴の「発酵のへや」では、発酵タンクに入ったかのような演出の中で「カルピスの香り」が体験できるそうです! ■工場見学や試飲で「カルピス」を体感!
製造ライン見学の様子(イメージ)製造ラインの見学は、ミュージアムからバスに乗って工場内を移動します。「カルピスウォーター」など、身近なペットボトル製品が作られる工程に子供も夢中になって観察できそうですね。試飲ルーム「『カルピス』ラボ」では、工場で生産した「カルピス」の水割りや炭酸割りが提供されるほか、工場見学をクイズ形式で楽しく振り返ります。
「『カルピス』ラボ」イメージ見学は事前予約制で、公式サイトや電話で受け付け中です! 1日3回開催され、所要時間は1回90分、定員は各回25人です。
同ミュージアムへは、東北自動車道舘林ICから車で約20分、東武佐野線「渡瀬駅」から徒歩15分です。ぜひ親子でおでかけして、歴史ある「カルピス」の世界を体感してみましょう。※「カルピス」、「CALPIS」、「初恋の味」はアサヒ飲料株式会社の登録商標です。■「カルピス」みらいのミュージアムーCALPIS MIRAI MUSEUM
オープン:2019年10月1日(木)
場所:群馬県館林市大新田町166 アサヒ飲料群馬工場
見学時間:10:00〜11:30、13:00〜14:30、15:00〜16:30
※1日3回、各回定員25人
※所要時間90分(映像観賞、工場見学、試飲など含む)
休館日:年末年始、指定休日
※公式サイトまたは電話で確認ください
予約:事前予約制
※参加申込は公式サイトまたは電話で受付
料金:無料(文:いこーよ編集部) 

read-more
アサヒ飲料株式会社 群馬工場
place
群馬県館林市大新田町166
phone
0276735111
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら