横浜の赤ちゃん(0~2歳)と遊べるおでかけスポット14選


2019.08.04

いこーよ

たくさんのおでかけスポットがある横浜。その中から赤ちゃん連れでも気軽に遊べる格安動物園や無料アスレチック、人気の屋内スポットなどを紹介します。0歳〜2歳の子供を連れて日帰りでも行きやすいスポットばかりです。 ■【イチ押しおでかけスポット】赤ちゃん連れでも楽しめる!小さな子供に大人気のアンパンマンのテーマパークをはじめ、日本最大級の動物園や中華街など、一度は行っておきたい横浜の人気スポットです。■よこはま動物園ズーラシア2019年で開園20周年の人気動物園。日本最大級の広い園内には世界の気候帯別に8ゾーンがあり、生き生きとした動物たちの姿を見学することができます。とくに、木に登る「セスジキノボリカンガルー」や世界一美しいサルとも言われる「アカアシドゥクラングール」など、ここでしか見られない動物は必見です。 草食動物のキリンやシマウマ、エランドと、肉食動物のチーターが1カ所で見られる混合展示は「ズーラシア」ならでは。ほかにも、世界三大珍獣の一つでもあるオカピや絶滅危惧種のスマトラトラなど、見ておきたい動物ばかりです。 入園料は大人が800円、小学生未満は無料と比較的リーズナブル。何度も行くなら同じ横浜市にある「横浜市立金沢動物園」も入り放題になる「よこはま動物園・金沢動物園共通年間パスポート」(2,000円)がおすすめ。2019年は開園20周年を記念した特別デザインの年間パスポートが販売中で、購入者はパスと共通デザインのオリジナルトートバッグがもらえます。
園内が広いので、赤ちゃん連れの場合は目当ての動物やイベントをあらかじめ公式サイトでチェックしましょう。また、給湯設備のある授乳室が5カ所あり、赤ちゃん連れの場合は入園前に利用するのがおすすめです。お弁当が食べられる広場があるほか、無料休憩所も設置されています。口コミPickUP!
敷地はとても広く、1日で全部の動物を見て回りきれないくらいです! 子供が遊べるアスレチックが2カ所あり、動物の大きなオブジェがある広場もあり、子供は飽きることなく過ごすことが出来ます。■撮影スポットも充実!「園内にはいたるところに撮影スポットを設けているので、子供との思い出を写真に残せます。撮影の際にはいつでもスタッフにお声がけください」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入園:可・貸出あり(1回600円)/授乳室:あり/おむつ交換台:あり
・ JR横浜線・横浜市営地下鉄「中山駅」、相鉄線「鶴ヶ峰駅」「三ツ境」から「よこはま動物園行」バスで約15分
・ 駐車場:あり
・ 入園料:大人800円、中人・高校生300円、小・中学生200円、小学生未満無料■横浜中華街テレビや雑誌などでもよく見かける「善隣門」(ぜんりんもん)で知られる「横浜中華街」。エリア内には中華料理やアジアン雑貨などを扱う店など600店舗以上がそろっています。 ひとたび門をくぐると、本場・中国の街並みが広がっていて、赤ちゃんと一緒に散歩するだけでも異国の雰囲気を満喫することができます。キッズルームや個室のある中華料理店や、おむつ交換台のある公衆トイレ、授乳できる施設もあるので、下調べしておくと安心ですね。 「横浜中華街」の店舗やイベントを知りたい場合は、「朝陽門」(ちょうようもん)のそばにあるインフォメーションセンターへ。ここで配布している「中華街マップ」を手に入れておくとスムーズに移動できます。「案内」の腕章を付けた中華街コンシェルジュも巡回しているので、困ったときは相談してみましょう。口コミPickUP!
食べ歩きも楽しいのですが、息子がパンダ好きで、ここはパンダグッズ天国。大満足でした。パンダ好き以外にも、毛沢東トランプや、人民帽など、マニアックなチャイナ雑貨がところせましと並んでいました。充実したお店屋さんがたくさんあり、見ているだけでも楽しかったです。■休憩場所も中華街の雰囲気満載!「子供が疲れた時は、中華街からすぐのところにある『山下町公園』の東屋『會芳亭』(かいほうてい)がおすすめ。中華街の雰囲気を味わえる建物で内部にはベンチもあります」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカー:可・貸出あり/授乳室:なし(施設あり)/おむつ交換台:あり
・ みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩約1分、JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」から徒歩約5分
・ 駐車場:あり(提携駐車場あり、中華街パーキング)
・ 入場料:無料 ■【おすすめ無料・格安スポット】赤ちゃん連れでも遊べる!0歳〜2歳の赤ちゃん連れでおでかけするのなら無料・格安スポットもチェック! 人気の動物園を紹介します。■横浜市立金沢動物園緑豊かな「金沢自然公園」内にある「横浜市立金沢動物園」。大人が500円、小学生未満は無料と、格安で楽しめます。毎週土曜日は小・中・高校生も無料です(要学生証等)。園内では、キリンやゾウ、コアラといった人気の動物はもちろん、オカピなど珍しい動物も見ることができます。ベビーカーを押しながら3時間ほどで周れる広さ。授乳室が2カ所、おむつ交換台が5カ所あるので、赤ちゃん連れでも安心してでかけることができます。 注目は、体の大きさもキバの長さも国内最大級のインドゾウ。ほかにも関東近郊ではここでしか見ることかできないアラビアオリックスやスーチョワンバーラル、ベアードバクも見どころです。 また、ヤギやヒツジ、ミニブタがいる「ほのぼの広場」では、動物とのふれあい体験や、おやつをあげるイベントが開催されています。開催時間が決まっているので、事前に公式サイトで確認しておきましょう。お弁当の持ち込みが可能。カンガルー展示場付近の人工芝でシートを敷いて食べるのもおすすめです。口コミPickUP!
お金をかけずに子供たちも満足できる所に行きたくて来てみました。公園はとても広くていい運動場所にも出来そうです。無料で動物とふれあえる所や、お花見スポットもあって娘達も楽しんでいました。また来ようと思います。■週末はイベントいっぱい! 季節で異なる楽しみも「週末ごとにさまざまなイベントを開催しています。春は桜や菜の花が満開で、GWものんびりと楽しめます。夏は8月の毎週土日に『よこはま夜の動物園 ナイト金沢ZOO』を開催し、夜の動物たちやイルミネーションが見られます。年末年始には干支の動物にちなんだ記念撮影スポットの設置や、オリジナルカレンダーのプレゼントが行われています」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入園:可・貸出あり(1回100円)/授乳室:あり/おむつ交換台:あり
・ 京急線「金沢文庫駅」から西口1番バス乗り場よりバスで約12分(「夏山坂上」バス停より徒歩約6分) 
・ 駐車場:あり
・ 入園料:大人500円、高校生300円、小中学生200円、小学生未満無料■野毛山動物園「野毛山公園」内にある「野毛山動物園」は入園無料の動物園。コンパクトな敷地内でキリンやトラ、ペンギン、爬虫類など約100種類の動物たちが飼育されています。歩き疲れない適度な広さが赤ちゃん連れのファミリーには魅力的です。 園内には授乳室やおむつ交換台が設置されているほか、ベビーカーの貸出(5台)が無料なのもうれしいポイント。 注目は、世界で最も絶滅の危機にあるリクガメ・ヘサキリクガメとニューカレドニアに生息する飛べない鳥のカグー。また、ハツカネズミやモルモットなどの小動物とふれあえる「なかよし広場」や、飼育員の解説が聞ける「動物たちのお食事タイム」も人気です。口コミPickUP!
3歳、1歳と訪問。階段が多く、ベビーカーでの利用には不便なところが少々あります。そのため、入り口付近にベビーカー置き場もあります。その他、普通の動物園です。コンパクトにまとまっており、1度の訪問ですべて見て回れます。我が家の子供たちが一番盛り上がったのは、かつてシロクマの展示施設だった場所です。大小のシロクマオブジェが数体あり、乗ったり、抱きしめたりしておりました。どの家族も写真スポットにしていました。■なかよし広場の整理券は早めに入手!赤ちゃんと一緒にのんびり楽しみたいなら平日の午後が狙い目です。「なかよし広場」は土日祝日が整理券による入れ替え制なので、入園したら最初に取りに行くのがおすすめです。動物園のあとには、ぜひ「野毛山公園」も散策してみてください。 ■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入園:可・貸出あり(無料・5台)/授乳室:あり/おむつ交換台:あり
・ JR・市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩約15分または市営バス「一本松小学校」行きで「野毛山動物園前」下車向かい側すぐ、京急線「日ノ出町駅」から徒歩約10分
・ 駐車場:なし
・ 入園料:無料 ■【おすすめの雨の日スポット】赤ちゃん連れで行きたい!出かける予定だったけど、あいにくの雨。そんなときに赤ちゃんとのんびり過ごせるスポットをピックアップ!■フレーベル館 Kinder Platz トレッサ横浜店子供の創造性と主体性を育む遊び場を目指す「フレーベル館 Kinder Platz(キンダープラッツ)」は天気を気にせず楽しめる屋内型施設。おとぎ話の世界にいるような館内にはたくさんの絵本や遊具、おもちゃが用意されていて、自由に遊ぶことができます。 利用は生後6カ月から可能。乳児コーナーや赤ちゃん向けの絵本も多数そろっていて、赤ちゃんとのんびり過ごせるスポットです。 また、工作や体操などのワークショップが頻繁に開催されているのも人気のポイント。何度訪れても飽きずに楽しめる工夫がされています。平日に毎月3回以上利用するなら、平日利用し放題の「平日月間フリーパス」がお得です。口コミPickUP!
スタッフさんも優しいし、新しいからか清潔感もあって良かった。
4歳・2歳の兄妹にはちょうどいい遊具が揃っている印象。自分で遊び方を考えるおもちゃや遊具が多くて、親も一緒に遊べる。その分時間は結構あっという間に過ぎていきました(^^;
時間気にせず遊ぶならフリーパスがおすすめ。
ワークショップも用意してくれており、今回は鯉のぼり作らせてくれた。■赤ちゃん用の遊びスペースも用意されているので安心「乳児専用のスペースもご用意しています。0歳の赤ちゃんも安心して楽しく過ごせます」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入場:可・貸出なし/授乳室:なし(トレッサ横浜内にあり)/おむつ交換台:なし(トレッサ横浜内にあり)
・ 東急東横線「綱島駅」東口からバスで約10分、JR「鶴見駅」からバスで約20分
・ 駐車場:あり
・ 入場料:大人300円(延長料金なし)、子供最初の30分600円(延長10分につき100円)■パセランド with リトルツリー「パセランド with リトルツリー」は、大型の滑り台やボールプールのあるキッズスペース「パセランド」と、安全な木のおもちゃを使用したレンタルキッズコーナー「リトルツリー」がコラボして生まれた、子供が遊べるスペースです。 床にはやわらかいジョイントマットが敷かれているので、動きが不慣れな0歳〜2歳の赤ちゃんも安心。木のおもちゃも衛生面と安全性にこだわったものを採用しています。また、同じフロアには赤ちゃんも利用できるお絵描き・絵本コーナーがあり、絵本の読み聞かせもできます。 大人は30分250円、未就学児は無料。フリードリンク付きでジュースやコーヒーなどはもちろんスープやお味噌汁も飲み放題。食事の持ち込みもOKなので、中華街でお惣菜を購入してここで食べるという過ごし方もおすすめです。■赤ちゃん連れにうれしいサービスあり!「専用授乳室とおむつ交換台があっておむつのサービスもあります。世界中から集めたボードゲームで遊んだり、お絵描きしたりもできるので、何度でも足を運んでもらいたいです」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入店:可・貸出なし/授乳室:あり/おむつ交換台:あり
・ JR「関内駅」から徒歩約3分、地下鉄「関内駅」から徒歩約4分
・ 駐車場:なし(近隣に契約駐車場あり)
・ 入園料:30分250円(利用は1時間から)、3時間パック980円、5時間パック1,480円、未就学児無料、小学生半額 ■【おすすめ穴場スポット】赤ちゃんも楽しい!赤ちゃんも楽しめて、親もゆっくりできる穴場スポット! 日本初上陸の遊べるおもちゃ屋さんと、電車好きな子供におすすめのスポットを紹介します。■ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店遊べるおもちゃ屋さんとして世界的に有名な「ハムリーズ」が、2018年11月に横浜ワールドポーターズに日本初上陸しました。おもちゃを売っているだけでなく、最新デジタル技術を使った日本限定アトラクションも備えた「プレイルーム」(対象年齢6カ月〜12歳まで)があるため、テーマパーク感覚で楽しめます。 入店は無料ですが、「プレイルーム」で遊ぶためには入場料が必要。入場料は6カ月未満が無料、6カ月以上は30分648円(延長料金あり。20歳以上の大人は延長料金なし)、平日フリーパスが1,620円(20歳以上の大人は648円)となっています。 おもちゃを実演してくれるデモンストレーターが常時いるので、店内を見てまわるだけでも楽しく過ごせます。また、エンターテイナーによるオープンセレモニーやパレード、不定期で開催される子供向けイベントもあります。■遊んだあとはカフェでゆっくり絵本を読もう!「ピクニックをしているような気持ちになるように内装が施されたカフェでは、かわいくておいしいフードやドリンクが楽しめます。プロジェクションマッピングで絵本の世界を見られるテーブルもあります。買い物に疲れたら、絵本を読みながらのんびりカフェタイムを満喫してください」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカー:可・貸出なし(ワールドポーターズ内あり)/授乳室:なし(ワールドポーターズ内あり)/おむつ交換台:なし(ワールドポーターズ内あり)
・ みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩約5分、JR京浜東北根岸線・市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩約10分
・ 駐車場:あり
・ 入場料:プレイルーム/子供(6ヶ月以上)648円(30分。延長料金あり)、大人648円(延長料金なし)、平日フリーパス1,620円(20歳以上の大人は648円)■横浜市電保存館明治37年から昭和47年までの70年間、横浜市民の足として活躍していた路面電車を保存・展示しているのが「横浜市電保存館」です。リアルなジオラマや市電の歴史を学べるパネルも展示されています。 やはり注目は、本物の市電が7両も展示された車両展示コーナー。車内に入れるだけでなく、制帽をかぶって写真撮影もできます。館内にはベビーカー置場や授乳室があるので、0歳〜2歳の赤ちゃん連れでも安心です。 また、鉄道ジオラマには、横浜の街をバックに地下鉄や私鉄、JRの鉄道模型が走っています。運転ショーを見られるほか、自分で市電を走らせることもできます。口コミPickUP!
昔の市電がそのまま展示してあり、横浜の発展の歴史など勉強になりました。また、駅長さんの帽子をかぶって写真撮影ができたりジオラマがあったりと 2才の息子も楽しんでいました。
穴場スポットです!■長期休暇期間にはワークショップを開催!「夏休み・春休み・冬休みの期間中は、クイズラリーやキーホルダー作りなどのワークショップを開催しています。屋内施設ですので、天候を気にせず楽しめます」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカー:可・貸出なし/授乳室:あり/おむつ交換台:あり
・ JR「根岸駅」から徒歩約20分(バスで7分「市電保存館前」下車徒歩約1分)、地下鉄「吉野駅」から徒歩約23分(バスで7分「滝頭」下車徒歩約3分)
・ 駐車場:あり(16台無料)
・ 入場料:大人(高校生以上)300円、小人(3歳〜中学生)100円 ■【おすすめの公園】赤ちゃんと1日遊べる横浜には、赤ちゃん連れで楽しめる大きな公園もたくさんあります。なかでも授乳室やおむつ替え台などの赤ちゃん向けの設備が整った公園を2つ紹介します。家族で1日のんびり過ごせます。■こどもの国約100ヘクタールの広大な敷地をもつ「こどもの国」は、多摩丘陵の雑木林の面影を残す自然豊かなスポット。牧場での乳搾りや乗馬などの体験などをはじめ、数多くの遊び場が用意されています。入場料は、高校生以上が600円、2歳までは無料です。 0歳〜2歳の赤ちゃん連れのファミリーにおすすめなのは、入り口から近い「なかよし広場 すくすくアイランド」。3歳未満の子供のための遊具が充実しています。12歳までの子供が遊べるようになっていますが、対象年齢別にフェンスでエリア分けしているので、赤ちゃん連れでも安心感があります。また、1歳以上ならおとぎ話をテーマにした遊具がそろう「おとぎの広場」でも遊べます。 牧場エリアもあり、「ポニー牧場」では1歳から親子一緒にポニーに乗れます。また、芝生が広がる「こども遊牧場」もあります。授乳室ももちろん完備しているので、家族でのんびりと過ごすのにおすすめのスポットです。■外周道路を散策して自然を満喫「春はお花見、夏はプール、秋は紅葉、冬はスケートといった季節ごとの楽しみがあります。赤ちゃん連れなら外周道路などを使って自然のなかをゆっくりとピクニックするのがおすすめです。平日は空いているので、とくにのんびり楽しめます」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入園:可・貸出あり(300円)/授乳室:あり/おむつ交換台:あり
・ こどもの国線「こどもの国駅」から徒歩約3分
・ 駐車場:あり
・ 入園料:大人・高校生600円、小・中学生200円、幼児(3歳以上)100円、2歳以下無料■神奈川県立三ツ池公園「神奈川県立三ツ池公園」は、その名の通り3つの池を中心とした緑豊かな公園で、「さくら名所100選」にも選ばれています。森の中にあるアスレチックなど、楽しい遊具も満載。入園料もかかりません。 広さは約30ヘクタール。0歳〜2歳の赤ちゃん連れファミリーなら、ベビーカーで散策しながら、四季折々の花や樹木、野鳥など、自然を堪能するのがおすすめ。正門近くのパークセンターには、来園者が自由に使えるテーブルやイスが置かれています。コインロッカーもあるので、散策前後の準備や休憩、食事などの際に便利です。 「遊びの森」には、木々の間を通り抜けるように滑り下りる「ロングすべり台」があります。終点の広場には、よちよち歩きの子供も遊べる遊具があります。
また夏の期間には屋外プールがオープン。おむつの取れた1歳以上の子供なら保護者と一緒に入ることができます。■晴れた日にはスカイツリーも見える展望広場へ「花見の名所としても知られる『三ツ池公園』は、2月中旬に開花する寒桜を皮切りに、78品種およそ1,600本の桜が少しずつ時期をずらして花を咲かせます。晴れた日には展望広場からスカイツリーも見られます」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入園:可・貸出あり/授乳室:あり(パークセンター内、管理事務所にスペースあり)/おむつ交換台:あり
・ JR「新横浜駅」からバスで「三ツ池公園北門」下車徒歩約3分、
・ 駐車場:あり
・ 入園料:無料 ■【おすすめの無料アスレチック】赤ちゃん連れでもOK! よちよち歩けるようになる1歳ぐらいから、赤ちゃん連れで行きたい大型アスレチックのある公園を紹介します。親も赤ちゃんを見守りながら一緒に挑戦できます。■ こども自然公園横浜でも最大級の面積を持つ「こども自然公園」。大池という池を中心に広がっていることから通称「大池公園」とも呼ばれています。広い敷地内には、「ちびっこ動物園」、「とりでの森」(アスレチック)、「ピクニック広場」など、赤ちゃん連れで1日遊べる施設がそろっています。公園なのでいずれも無料なのがうれしいところ。 アスレチック要素がある大型遊具がある「とりでの森」は、とくに人気ですが6歳〜12歳の子供向け。小さな子供には第2駐車場の奥にある「自由広場」に遊べる遊具があるのでそちらがおすすめです。 また、こども自然公園内に併設されている「万騎が原ちびっこ動物園」にはふれあい広場があり、赤ちゃんでもモルモットやハツカネズミなどの小動物とふれあえます。午前に1回、午後に2回と時間が決まっているので、公式サイトで確認してからおでかけしましょう。■広場で四季を楽しむのんびりピクニック豊富な自然と広大な敷地が特徴で、子供から大人まで1日中楽しめる充実した公園です。「草地広場」や「芝生広場」に「ピクニック広場」など、広場も多いので赤ちゃん連れのピクニックにぴったり。春はお花見、秋は紅葉など季節の楽しみを味わうこともできます。 ■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入園:可・貸出なし/授乳室:あり/おむつ交換台:あり
・ 相鉄線「南万騎が原駅」から徒歩約7分、相鉄線「二俣川駅」から徒歩約20分
・ 駐車場:あり
・ 入園料:無料■蒔田公園市営地下鉄「吉野町駅」から徒歩約3分のところにある「蒔田公園」は、赤ちゃんから小学生まで年齢を問わず楽しめる公園です。広い芝生と大型のアスレチック遊具があり、走り回ったり遊具で遊んだりと、さまざまな楽しみ方ができます。 大型のアスレチック遊具のほかに、幼児向けのすべり台や砂場もあります。 公園内にある芝生の広場は開放感があり、お弁当とレジャーシートを持参してピクニックを楽しむのもおすすめです。口コミPickUP!
長い(20mくらい?)ローラー滑り台があります。3歳から小学生くらいまでは大満足かと。近隣に駐車場が無いので車は少し苦労するかもしれません。※6歳未満の子供は保護者の付き添いが必要です。■子供だけでなく大人にも優しい公園「公園内にはベンチがたくさん置かれ、ストレッチ用の健康遊具もあります。親子でのんびり楽しんでください」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカー:可・貸出なし/授乳室:なし/おむつ交換台:なし
・ 地下鉄「吉野町駅」から徒歩約3分、京急「南太田駅」から徒歩約8分
・ 駐車場:なし
・ 入園料:無料※2019年9月〜2020年1月、工事のため一部遊具が使えなくなります。 ■【おすすめのプール】赤ちゃん連れも安心!赤ちゃん連れのプールは、どうしても行けるところが限られてしまいます。赤ちゃんも水遊び用おむつ持参で入場できるプールを紹介します。■こどもの国プール広大な敷地内にたくさんの遊び場がある「こどもの国」。夏には「屋外プール」がオープンします。 水深の浅い幼児向けのプールは、まだおむつの取れていない赤ちゃんでも、水遊び専用パンツを着用し、ときどきなかを確認することを守れば利用できます。料金は高校生以上が600円(入園料別途)で、2歳以下は無料です。 プールは水深15〜130cmの7種類。チューブスライダーや滑り台もあります。長さ22mの滑り台は年齢制限がなく、ママやパパと一緒に小さな子供も利用できます。ただし、着水プールの水深は85cm。浮き輪などは使用不可なので、利用は慎重に。プール以外にも、3月下旬〜10月中旬まで「こどもの国」内の人工の小川「せせらぎ」で水遊びができます。■ベビーカー置き場も完備!「ベビーカーの場合には、プール入口近くの『ベビーカー置場』が利用できます。プール発券所でチェーンロックの無料貸出もあります。おむつ交換台は、女子更衣室と、発券所奥の授乳室隣にあります」(施設スタッフ)■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入場:不可・貸出なし/授乳室:あり/おむつ交換台:あり
・ こどもの国線「こどもの国駅」から徒歩約3分
・ 駐車場:あり
・ 入場料:大人(高校生以上)600円、小・中学生300円、幼児(3歳以上)300円、2歳以下無料 ※プールセット(当日の入園+入場)大人1,100円、小・中学生450円、幼児(3歳以上)350円■川辺公園プール地元に根付いた市民プール。25mプールと子供用プールの2つがあり、幼児(水着着用)から小学1年生までは子供用プールで遊べます。未就学児は水着を着用した18歳以上の保護者の同伴が必要です(保護者1人につき幼児2人まで)。 赤ちゃんも水遊び用おむつ着用で、ビニールプールで水遊びができます。利用には赤ちゃんと親のどちらも水着の着用が必要です。 利用料金は、子供用プールが一律1時間60円(延長1時間ごとに60円)と格安。おむつの取れていない赤ちゃんは無料で入場できます。5回分の料金で6回分入場できる回数券も販売されています。■赤ちゃん向けのイベントも実施予定!「赤ちゃんも楽しめるように、小さなアヒルの人形をビニールプールに入れて遊ぶイベントを実施予定です。公式サイトで確認しておでかけください」(施設スタッフ)※2019年3月現在■親子向け施設情報・ ベビーカーでの入場:可・貸出なし/授乳室:なし/おむつ交換台:なし
・ 相鉄線「星川駅」から徒歩約6分 
・ 駐車場:なし
・ 入園料:子供用プール/子供・大人一律1時間60円、おむつの取れていない乳幼児は無料赤ちゃん連れで楽しめる注目スポットを紹介しました。親子で楽しくおでかけするときの参考にしてくださいね。(文:いこーよ編集部) 

フレーベル館 Kinder Platz(キンダー プラッツ) トレッサ横浜店
place
神奈川県横浜市港北区師岡町700 トレッサ横浜北棟2F
phone
0456423725
opening-hour
トレッサ横浜に準じる
no image
よこはま動物園ズーラシア
place
神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
phone
0459591000
opening-hour
9:30-16:30(入園は16:00まで)
横浜中華街
place
神奈川県横浜市中区山下町
phone
0456621252
opening-hour
店舗・施設により異なる
野毛山動物園
place
神奈川県横浜市西区老松町63-10
phone
0452311307
opening-hour
9:30-16:30(入園は16:00まで)
横浜市立金沢動物園
place
神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
phone
0457839100
opening-hour
9:30-16:30(最終入園16:00)

この記事を含むまとめ記事はこちら