トーマスの室内遊び場がオープン アスレチック&年齢別エリアも


2018.05.10

いこーよ

山梨県にある人気遊園地「富士急ハイランド」内のきかんしゃトーマスのテーマパーク「トーマスランド」に、2018年4月28日(土)から屋内型アトラクション「トーマスのドキドキプレイグラウンド」がオープンしました。アスレチックやボールプールなど、トーマスの世界観が楽しめる遊具が満載です。 ■「トーマスランド」誕生20周年を記念してオープン!
日本で唯一の「トーマスランド」が誕生20周年! 2018 Gullane (Thomas)Limited.新施設がオープンする「トーマスランド」は、日本で唯一となるきかんしゃトーマスの屋外型テーマパーク。今年で誕生20周年を迎える同施設では、現在さまざまなアニバーサリーイベントが開催されています。今回オープンした「トーマスのドキドキプレイグラウンド」も、同施設の誕生20周年を記念してオープン。対象年齢ごとにエリア分けされているので、子どもの年齢にあわせて思い切り遊べます。 ■小さな子どもから楽しめるエリアが充実!
「トーマスのドキドキプレイグラウンド」(イメージ) 2018 Gullane (Thomas)Limited.同アトラクションは、約400平方メートルの施設内に6つのエリアを設置。3歳以上を対象にしたエリアには、キューブ型迷路やネット状の橋をくぐり抜けて進むアスレチック「パーシーのアスレチック」と、柔らかい巨大ブロックで遊べる「ケビンのおおきなブロック」の2つが登場!
小さな子ども向けには、ミニボールプールやブロックで遊べる「ベビーエリア」をはじめ、トーマスのヴィークルに乗って運転できる「ミニトーマスエリア」、シートをめくってクイズで遊んだり、仕掛けを手で回して遊べる「かべあそび」など、体を動かして楽しめる遊具が盛りだくさんです。 ■みんなで遊べる参加型プログラムを毎日開催!
毎週末、ショータイムが開催されている「トーマスランド」 2018 Gullane (Thomas)Limited.また、同アトラクション内では、トーマスの歌に合わせて体を動かしたり、紙芝居やクイズ、工作などで遊べる「みんなでプレイタイム」が毎日開催。育児工学者が監修した参加型プログラムに無料で参加できるチャンスです! 親子で一緒にぜひ参加してみましょう。
プレイタイム以外の時間は、フォトスポットとしてトーマスと一緒に写真を撮ることができます。
保護者が座りながら子どもの様子を見守ることができるクッションベンチのほか、ベビールームやお手洗いが完備されているのもうれしいポイント! ぜひ親子で、「トーマスのドキドキプレイグラウンド」に足を運んでみましょう。■トーマスのドキドキプレイグラウンド
オープン:2018年4月28日(土)
場所:富士急ハイランド
営業時間:9:00〜18:00
※季節により異なる。詳しくは公式サイトでご確認ください
料金:1人300円
※別途、入園料が必要
※トーマスランドパス、フリーパスでも利用可能(文:いこーよ編集部) 

富士急ハイランド
place
山梨県富士吉田市新西原5-6-1
phone
0555232111
opening-hour
9:00-17:00※時期により変動有…

この記事を含むまとめ記事はこちら