年齢別で一挙紹介! 関東の入場無料の遊園地&テーマパーク27選


2018.05.19

いこーよ

子連れのおでかけ先の定番スポットと言えば、遊園地やテーマパーク。多くの施設では、未就学児が入園無料になるサービスを行っていますが、それぞれ対象年齢が異なり、わかりづらいですよね。
そこで今回は、年齢別に無料で入れる関東の遊園地とテーマパークを紹介していきます! 楽しめるアトラクションの情報も一緒にお届けします。 ■1歳未満無料(0歳)■横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(神奈川県) アンパンマンとその仲間たちに会える参加・体験型ミュージアム。子どもから大人まで楽しめる施設として人気です。1歳未満であればミュージアムが入館無料。たくさんのおもちゃで遊んだり、アンパンマンたちとのふれあいが楽しめます。
また、ショッピングモールは誰でも入場無料! アンパンマンの世界観が詰まったショップやカフェ・レストランを満喫できるほか、ステージやプレイスペースで遊ぶこともできます。 ■1歳以下無料(0歳、1歳)■軽井沢おもちゃ王国(群馬県)
体験型電車アトラクション「GO!GO!キッズトレイン」世界中のおもちゃが揃う日本最大級の屋内遊び場。アトラクションや自然も満喫でき、子どもが1日中遊べます! 1歳以下は無料で、11館あるおもちゃの部屋を遊び放題。とくに、小さな子どもには、アンパンマンのおもちゃがたくさん置いてあるピノチオ館がおすすめです。
屋外にはトーマスの乗り物やキッズトレイン、観覧車など1歳以下でも楽しめるアトラクションが充実しています。
※冬期期間中はアトラクション休止■東京サマーランド(東京都)
カラフルな「フルーツアイランド」は水遊びデビューにも最適屋内・屋外プールと遊園地が併設されたテーマパークで、1歳以下は無料で入園できます。多種多様なウォーターアトラクションが人気のほか、まだ水が苦手な小さな子どもや赤ちゃんには屋内の温浴プールにあるキッズ専用の緩やかなスライダーがおすすめ。
遊園地エリアには、コーヒーカップやメリーゴーランドなど、親子で楽しめる乗り物がたくさん! オムツ替えや授乳ができる場所が豊富なのもうれしいですね。
※冬季休園期間あり ■2歳以下無料(0歳〜2歳)■よみうりランド(東京都)
お子様に人気の「スイーツカップ」東京都稲城市にある「よみうりランド」は、さまざまなアトラクションやショーがあるほか、夏はプール、冬はイルミネーションなど、家族で一年中楽しめる遊園地。2歳以下は入園無料です。
ファミリーエリアには幼児向けの乗り物が多く、2歳以下の子どもであれば「メリーゴーランド」や「クラシックカー」、「スイーツカップ」、「わんぱく鉄道オリヴァー」などが無料で乗り放題! 
また、週末には人気キャラクターショーが見られるほか、屋内ステージで行われるアシカショーはほぼ毎日開催します。■キッザニア東京(東京都)
英語での体験も!子どもがさまざま仕事やサービスを体験できる人気の職業・社会体験施設。現物社会の約3分の2のサイズで作られた「こどもが主役の街」では、楽しみながら社会の仕組みが学べます。
体験できるアクティビティは、消防士やファッションモデル、パン職人など約100種類。対象年齢は3〜15歳です。2歳以下の子どもは体験できませんが、3歳以上の兄弟がいれば無料で入場できます。
施設内には、乳幼児用スペースもあり、絵本やおもちゃ、電子レンジやミルクを作るためのポット、さらには無料の離乳食まで用意されています。全天候型なので天気・季節を問わず、安心して楽しめます。■レゴランド・ディスカバリー・センター東京(東京都) お台場のデックス東京ビーチ内にあるレゴ(R)ブロックの屋内テーマパーク。レゴの世界観をテーマにしたアトラクションを家族みんなで楽しめます。対象年齢は2歳〜12歳で、大人のみの入場は原則不可で、2歳以下は入場料無料です。
2歳以下でも満喫できるアトラクションが多く、140cm以下限定のアスレチック「レゴ(R)ニンジャゴー シティ アドベンチャー」や、大きなソフトレゴブロックで遊べる「デュプロビレッジ」など、想像力を膨らませながら安全に過ごせます。■としまえん(東京都)
お子さま向けの乗り物も充実!都心にありながらたくさんの自然に囲まれた「水と緑の遊園地」。子ども向けのアトラクションが充実しており、小さな子どもの遊園地デビューにぴったりです!
2歳以下の子どもは入園無料で、アンパンマンのゴンドラや回転木馬、小さな汽車などさまざまな乗り物に挑戦できます。「こどもの森」には、子ども向けの大型遊具のほか、誰もが気軽に利用できる健康遊具もあるのでファミリーにおすすめです。
2018年4月には小動物やアルパカ、ポニーなどの動物とのふれあいが楽しめる「ふれあいペットガーデン」がリニューアルしています。乗り物に疲れたら親子で立ち寄ってみるのもいいでしょう。■サンリオピューロランド(東京都)
キティと写真も撮れる 「レディキティハウス」ハローキティやシナモロールなど人気のサンリオキャラクターに会える屋内型テーマパーク。パレードやキャラクターショーも随時開催しており、一緒に記念撮影も楽しめます。
2歳以下は入場無料で、平日であれば園内をベビーカーで移動することが可能。小さな子ども向けのアトラクションも豊富で、ボートに乗ってサンリオの世界を旅する「サンリオキャラクターボートライド」や、「Kawaii×セレブリティ」が体験できる「レディキティハウス」ではキティとの記念写真も撮れます。
そのほか、キキララの生まれ故郷で遊べる「〜キキ&ララ〜トゥインクリングツアー」もおすすめです。■こどもの国(神奈川県) 大自然の中で牧場や動物園、バーベキュー場など、多彩な遊びが満喫できる横浜市青葉区のこどもの国。全長110mのローラー滑り台をはじめ、ミニSLやサイクリングコース、アスレチックなど、家族で1日遊べるスポットです。
小さな子ども向けの遊具や体験も豊富で、2歳以下は入園無料で楽しめます。園内の「雪印こどもの国牧場」では小動物とふれあったり、親子乗馬(1歳から体験可能)や特製のソフトクリームが味わえ、家族で楽しい時間を過ごせます。■さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(神奈川県)
水の楽園「じゃぶじゃぶパラダイス」神奈川県相模原市にあるアウトドアと遊園地が一体になったレジャー施設。夏にはスライダー付きの水遊び広場、冬には雪遊びのできるスノーパークが登場し、年間を通して人気です。
大規模な敷地内には約30種類のアトラクションがあり、バーベキューやアウトドアスポーツなどが楽しめます。無料で入場できる2歳以下の小さな子どもには、低速コースター「ひこーきコースター ペリカンくん」や、親子で空中散歩を楽しめる「空にまいあがるゾー」がおすすめです。
2018年7月には、小さな子ども向けのミニコースターや迷路など5種類の新アトラクションが楽しめるパディントンのテーマパークがオープン予定。■東武動物公園(埼玉県)
ハートファームのアトラクション「ホルンさんのファーム鉄道」動物園と遊園地が併設された埼玉県の人気テーマパーク。2歳以下なら入園料と乗り物券が不要です。 夏にはプールや花火、冬にはイルミネーションが楽しめます。
遊園地のキッズ向けエリアには、機関車型の乗り物「ホルンさんのファーム鉄道」や、ボールプールやブロックで遊べるキッズハウス「ブーニ—さんの野菜工場」など、小さな子ども向けアトラクションが多数あります。■那須ハイランドパーク(栃木県)
お子様向けシューティングアトラクション「トレジャーハンティング」那須高原の大自然に囲まれた東日本最大級の遊園地。2歳以下は無料で入場でき、小さな子どもも乗れるアトラクションが多く、子連れ家族に人気です。
水鉄砲のシューティングアトラクション「ウーピーのトレジャーハンティング」や、園内をのんびり空中旅行できる「スペースジェット」、白雪姫やピーターパンなどの童話の世界を探検するライド「メルヘンワールド」など、2歳以下でも約20種類のアトラクションが楽しめます。■ツインリンクもてぎ(栃木県)
森感覚(しんかんかく)アスレチック DOKIDOKI空中アスレチックをはじめ、都会では体験できないさまざまなアクティビティや森遊びが楽しめるレジャー施設。2018年3月にリニューアルオープンし、親子で乗れるアトラクションや子どもが楽しく過ごせる広場が新たに増えています。
2歳以下は入場無料で、クルマで障害物コースを走破する「アクロエックス」や、初めてのバイクに挑戦できる「モーターサイクルトレーニング」など、親と一緒に楽しめるアトラクションもあります。■那須りんどう湖レイクビュー(栃木県) 那須高原の湖を囲むように広がるレジャーランドで、2歳以下は入園無料で遊べます。遊覧船やペダルボートに乗って湖上散策したり、牧場で動物とのふれあい体験ができたり、小さな子どもにとっても貴重な体験が盛りだくさん。
夏には楽しく水遊びができるほか、秋にはどでかぼちゃまつりが開催されるなど、親子で楽しめる季節の見どころも満載です。■カンドゥー(千葉県) 「親子3世代で楽しめる」がコンセプトのお仕事体験テーマパーク。中央にあるレストランを囲むようにして6つのエリアがあり、ファッションモデルやパイロット、警察官など30種類以上の仕事にチャレンジできます。
入場すると家族専用の席が用意され、退場するまで自由に利用可能。食事や休憩場所を探す必要がなく、席から子どもの体験が見えるのもうれしいポイント。
2歳以下は入場無料で、お仕事体験はできませんが、授乳室やおもちゃが常備された乳幼児専用エリアも完備。きょうだいが体験している間も飽きずに過ごせます。■渋川スカイランドパーク(群馬県)
幼児に大人気『るんるん号』標高460mの高台に位置し、見晴らしの良い景色が魅力の群馬県渋川市にある遊園地。高さ50mの観覧車からは大パノラマを堪能できます!
2歳以下は入場無料で、園内をのんびり走る汽車「列車るんるん号」は幼児に人気NO.1です。夏には「ちびっこウォーターランド」でじゃぶじゃぶ水遊びも楽しめます。冬期(11月〜2月)は、全員入園無料になるのもうれしいですね。■西武園ゆうえんち(埼玉県) 2歳以下は無料で遊べる埼玉県所沢市にある自然と緑に囲まれた遊園地。子どもが喜ぶアトラクションが満載で、ベビーカーレンタルや広々とした赤ちゃん休憩所があります。
サンリオキャラクターのアトラクションが揃う「メルヘンタウン」は、小さな子どもに大人気! エリアを一周する「ハローキティトレイン」をはじめ、キャクターのカップがくるくる回る「ストロベリーカフェ」、ハローキティの仲間たちと空の散歩が楽しめる「ポップンスマイル」など、幼児でも1日楽しめます。 ■3歳以下無料(0歳〜3歳)■J-WORLD TOKYO(東京都)
「ジャンプ」作品の世界観で遊べる屋内型テーマパーク東京・池袋のサンシャインシティ内にあるジャンプ作品の世界観を表現した屋内型テーマパーク。3歳以下は入園無料で1日遊べます。
3歳以下には、悟空たちとドラゴンボールを集める「つかもうぜ!ドラゴンボール!!」や、ONE PIECEの麦わら一味をモチーフにした「シロモクバのカイテンモクバ」など、親子で楽しめるアトラクションがおすすめ。
ほかにも、オリジナル景品がもらえるミニゲーム、キャラクターになりきって写真が撮れるフォトスポットなど、レアな体験が盛りだくさんです。■ナンジャタウン(東京都) 同じくサンシャインシティ内にある遊びやフードが充実した屋内型テーマパーク。個性豊かな14種のアトラクションがあり、3歳以下は入園無料です。
パーク内は小さな子どもでも安心できる広さで、歩いて周るだけでも心をくすぐる仕掛けが満載。乳幼児でも大人の付き添いがあれば、多数のアトラクションが楽しめます。また、「ナンジャ餃子スタジアム」や「福袋デザート横丁」などのフードも充実しています。■東京ワンピースタワー(東京都) 東京タワー フットタウン内にある人気アニメ『ONE PIECE』の史上初の大型屋内テーマパーク。作中のキャラクターをモチーフにしたアトラクションやフォトスポットなど、”麦わらの一味”の冒険や『ONE PIECE』世界を満喫できます。
3歳以下は無料で入場可能。親子で過ごすなら幼児用キッズスペースがある憩いの場「フランキーパーク」や、船内を探索する「チョッパーのサウザンド・サニー号探検」がおすすめです。最新の映像技術を駆使した迫力あるライブ・エンターテインメントショーも必見!
また、毎月最終土曜日は小人(幼児・小学生)料金のPARK PASSが無料になるイベントも開催中です。■東京ディズニーリゾート(千葉県)日本を代表する東京ディズニーランド(以下、TDR)と東京ディズニーシー(以下、TDS)を有する大規模テーマパーク。3歳以下は無料で入園できます。
TDLには「プーさんのハニーハント」をはじめ、「シンデレラのフェアリーテイル」や「イッツ・ア・スモールワールド」、憧れのミッキーに会える「ミッキーの家とミート・ミッキー」など、小さな子どもに人気のアトラクションが多数あります。
TDSには、優雅な船旅ができる「ヴェネツィアン・ゴンドラ」や、魔法のじゅうたんに乗って旅をする「ジャスミンのフライングカーペット」、海底を散歩している気分が味わえる「アリエルのプレイグラウンド」など、親子で楽しめる魅力的なアトラクションが多数あります。
また、両パークで開催されるショーとパレードはどちらも必見です。■東京ドイツ村(千葉県) 千葉県にある広大な敷地にドイツの田園風景が再現された自然体験型テーマパーク。自家用車で入園して回れるのが、子連れファミリーにうれしいポイント。3歳以下は入園無料です。
園内にはボートや観覧車、マメ汽車など、3歳以下の子どもが楽しめるアトラクションが多数あるほか、ミニブタやリスと触れあえる「こども動物園」、季節の花々が咲き誇る「フラワーガーデン」もあり、自然の中で一日中満喫できます。
ほかにも遊具や砂場がある「わんぱく広場」、ボール遊びや素足になって走り回れる「芝生広場」、雨でもOKな「ボルダリング」など遊びが充実です!■こもれび森のイバライド(茨城県) 茨城県にある豊かな自然で五感を使って遊べる体験型テーマパーク。アルパカやウシなどの動物触れあいや農業体験、自家製のアイスクリーム、ソーセージづくり体験など子どもが喜ぶイベントが毎日開催されています。
3歳以下は入場無料で、シルバニアファミリーの世界を楽しめる「シルバニアファーム」(2018年に『シルバニアパーク』としてリニューアル予定)は女の子に大人気。
キッズルームやおもしろ自転車、SL機関車など小さな子どもが遊べるスポットや乗り物が目白押しです! ■未就学児無料(0歳〜6歳)■浅草花やしき(東京都)
日本一小さい「ちびっ子観覧車」江戸時代に開園したレトロ感あふれる日本最古の遊園地。未就学児は入園無料で、大人も4歳以下の子どもの付き添い乗車であれば無料になるのがうれしいポイント。家族でお得に遊べます。
人気のローラーコースターから定番のメリーゴーランドまで多数のアトラクションがあり、子どもの遊園地デビューにぴったりです!■東京ジョイポリス(東京都) お台場のデックス東京ビーチ内にある人気屋内遊園地。最新技術を搭載したデジタルアトラクションやゲームで遊べます。
未就学児は入園無料で、身長110cm未満の場合はアトラクションも無料。小さな子どもから大人まで楽しめるゲームコーナー「ソニックカーニバル」には、遊び方も簡単なものが多くファミリーにおすすめです。 ■あらかわ遊園(東京都) 都電荒川線の「荒川遊園地前駅」より徒歩約3分に位置する遊園地。小さな子どもが楽しめるアトラクションと、動物とのふれあいが楽しめます。未就学児は入園無料のほか、春・夏・冬休みを除く平日は小中学生以下も無料です。
日本一遅いジェットコースターの「ファミリーコースター」をはじめ、「メリーゴーランド」、「スカイサイクル」など子ども向けのアトラクションが充実。4歳以上90cm以上であれば、すべての乗り物に乗車可能です!
そのほか、動物とのふれあい広場や人気のキャラクターステージショーなどもあり、遊園地デビューに最適です。■国営ひたち海浜公園プレジャーガーデン(茨城県) 四季折々の花が楽しめる国営ひたち海浜公園の一角にある遊園地。観覧車や空飛ぶブランコ、ジェットコースターなど、約30種類のアトラクションが楽しめます。未就学児は入場無料。
未就学児でも付き添いがあれば、ほとんどのアトラクションに乗車可能で、全長約400mもある巨大なトンネルは、園内でもひときわ目を引く遊具です。家族揃ってのレジャーは出費がつきもの。入園無料であれば、リーズナブルに楽しめるので何度も行けてうれしいですね。ぜひ親子でおでかけして、楽しい思い出をつくってください。まだまだ親子におすすめの遊園地・テーマパークを探すなら…こちらをチェック♪(文:いこーよ編集部) 

read-more
横浜アンパンマンこどもミュージアム
place
神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9
phone
0452278855
opening-hour
[ミュージアム]10:00-17:00(最…
no image
キッザニア東京
rating

4.5

495件の口コミ
place
東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊州1 ノースポート3F
phone
0570064646
opening-hour
[1部]9:00-15:00[2部]16:00-21…
よみうりランド
rating

4.0

267件の口コミ
place
東京都稲城市矢野口4015-1
phone
0449661111
opening-hour
9:00-20:00/10:00-17:00など※…
東京サマーランド
rating

4.0

140件の口コミ
place
東京都あきる野市上代継600
phone
0425586511
opening-hour
10:00-17:00(季節・曜日などに…
軽井沢おもちゃ王国
rating

4.0

188件の口コミ
place
群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
phone
0279863515
opening-hour
[平日]10:00-17:00[土日祝]9:3…

この記事を含むまとめ記事はこちら