体験系の乗り物が初導入! みなとみらいに屋内遊園地オープン


2017.08.30

いこーよ

子どもが夢中になって楽しめる室内あそび場「あそびパークPLUS(プラス)」が、2017年7月20日(木)に、神奈川県横浜市の大型商業施設のクイーンズイーストにオープンしました! 乗り物ごっこ体験ができる「キッズライド」が初導入されたほか、アスレチックやエア遊具なども楽しめます。
あそびパークPLUSがクイーンズイースト内にオープン! ■あそびがいっぱいの「あそびパークPLUS」!全国展開する「あそびパークPLUS」は、「夢中になれるあそびがいっぱい!〜親子で共創しお子さまの成長を実感できる場〜」をコンセプトにしたインドアプレイグラウンドです。7店舗目となるクイーンズイースト店は、0〜12歳の子どもがさまざまな遊びを体験できる5つのゾーンで構成されています。 ■乗り物ごっこ体験キッズライドを初導入!
のるるんエコライドクイーンズイースト店の1番の注目ポイントは、「あそびパークPLUS」で初導入となる乗り物ごっこ体験のキッズライドです。東急線キャラクター「のるるん」をメインキャラクターにしたキッズライド「のるるんエコライド」で、乗り物ごっこを体験できます! ■東急電鉄や東急バスの車両を運転してみよう!
東急電鉄の車両をかわいくデフォルメしたキッズライドかわいらしくデフォルメされた東急電鉄の車両は、自分の足でこぐペダルカー。東急線の渋谷から元町・中華街までの風景が飛び出す絵本のように表現され、その中を運転することができます。「のるるんエコライド」では、ほかにも横浜から中華街を結ぶみなとみらい線の車両や東急バスの車両をデフォルメしたペダルカーも登場! 好きな車両に乗って運転にトライしてみましょう。 ■最新技術で再現された南国の「バーチャル海辺」が登場!
人気のバーチャル海辺もありますまた、子どもたちに人気の「屋内砂浜 海の子」も常設。プロジェクションマッピングやセンサーなど最新技術を駆使したバーチャルの海辺で、波とたわむれたり、海の生き物を追いかけてつかまえたり、楽しく遊ぶことができます。 ■アスレチックやエア遊具も!
滑り台やアスレチックで遊べるイマジネーションヒルズそのほか、アスレチックやエア遊具、大型ブロックなどを使ってあそぶ「イマジネーションヒルズ」、水がなくても固まる砂あそび「サンドアートカレッジ」、自分で作った家でごっこあそびを楽しむ「クリエイターズヴィレッジ」と、魅力的な遊びが盛りだくさんです。 ■7月30日まで東急電鉄の制服が着られるオープニングイベント開催中!2017年7月30日(日)までの期間は、オープニングイベントを開催! 東急電鉄の制服着用撮影会や「のるるん」の着ぐるみグリーティングが行われるほか、東急電鉄のノべルティがプレゼントされます。この夏は、クイーンズイーストにオープンした「あそびパークPLUS」におでかけして、親子でたくさんのあそびを思う存分楽しみましょう。■あそびパークPLUS クイーンズイースト店営業時間:11:00〜19:00(最終受付は18:30)
場所:横浜みなとみらいクイーンズイースト4階
料金:最初の30分/630円
※子ども(6カ月〜12歳)は30分以降10分毎に150円、大人は延長料金不要
※6カ月未満の子どもは入場無料
※平日1日フリーパス料金/大人(20歳以上)630円、子ども(6カ月〜12歳)1,500円(文:いこーよ編集部) 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら