新時代の“美”はココロから。「武道」生まれのフィットネスで日本人らしい美を


2020.09.04

Harumari TOKYO

日本には「やまとなでしこ」と美しい女性を表す言葉がある。古めかしく感じる人もいるかもしれないが、凛とした美しさのイメージは日本らしい美の価値観だろう。今回紹介するフィットネスは、そんな凛とした美しさを手に入れられるプログラム。海外発のフィットネスにはない、日本人ならではのメソッドで美しくなろう。武道といえば、空手や柔道、険道や弓道、合気道など、かつては武士道に由来する日本の伝統的な文化だ。その古くから伝わる武道の動きをエクササイズにしているのが、原宿に店舗を構える日本生まれの新境地フィットネス「B.I.F BY NERGY(ビーアイエフ バイ ナージー)」。B.I.Fは「Budo Inspired Fitness」の頭文字をとっており、まさに名前の通りだ。武道といえば、学生時代の部活のイメージや、男性的な印象を持つ人も多いかもしれないが、武道の動きは精神性を含めて、実は美と親和性のある面が多い。武道の動きには一つひとつに意味があり、それを“型”として身につけていく。そして、型を身につけることで無駄な動きを排除していく。無駄な動きをなくしていくと、凛とした姿勢につながっていく。この武道のあり方が、自信を持って生きる人間の美しさに通ずるものがあるのだ。「B.I.F」では、姿勢や呼吸を大切にしている。動きや呼吸のタイミングなどに意識を集中させることで、自分の体とも向き合うことができる。動きの精度を増していくだけで自然と姿勢は正され、凛とした佇まいに変化していく。自分にも自信が持てるようになれば、自然と胸を張れるようになり、相乗効果で身体のシルエットも美しくなっていく。つまり、身体と心に訪れる変化が、美をじっくりと醸成していくのだ。空手などの武道には、独特の緊張感が漂うが、その中でエクササイズをしていくと自然と集中力が高まっていくという。続けるうちにいわゆる“ハイ”の状態でエクササイズを続けられる。運動が苦手、集中力が続かないという人がいる中でも、「B.I.F」は非常に没入感を感じやすく、人気の秘密にもなっている。フィットネスといえば海外で流行しているものや、最新のテクノロジーを駆使したものが今は主流となっている。そういった海外フィットネスとの最大の違いは、B.I.Fには根底に武道の精神があるという点だろう。礼儀作法や「心身一如(心身は一つ)」という考え方は、他のフィットネスにはない。また、「B.I.F」ではエクササイズ自体も「稽古」として捉えている。動きの精度に重きをおいているので、あくまでも美は副産物として得られるものでしかない。多様な考えを認めようという動きが、美の価値観においても主流となる昨今。美を求めずして美が得られていくフィットネスは、これからも多くの女性の心をつかむだろう。これまでのフィットネスは、くびれがあれば美しい、痩せれば美しいといった、短絡的なルッキズムの要素が強く強調されていたようにも思うが、これからは美の価値観は一人ひとりの女性が自分で決めていく。もうすでに、他者から提案されるものではないのだ。自らのココロと連動させ、日本人らしく凛とした姿勢や美しさを手に入れよう。 

B.I.F BY NERGY 原宿
place
東京都渋谷区神宮前4-31-12 原宿ゼロゲート4F
phone
0368046780
opening-hour
[平日]7:00-22:00[土日祝]10:0…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら