ニューヨーク発 未来の日用品店「New Stand Tokyo」で触れる、初めてのフェムテック


2020.09.02

Harumari TOKYO

少し先の未来の私たちの暮らしは、より良くなっていると信じたい。そんな未来に向けてワクワクするようなショップが乃木坂にオープンした。「New Stand Tokyo」は、未来のために提案性のあるプロダクトを揃えている。サスティナブルは、当たり前になっていくだろう。特に「New Stand Tokyo」が注力するのは、全女性の関心事でありながら長らくタブー視されてきた「フェムテック」の分野だ。初めてのフェムテック商品はネット情報を鵜呑みにせず、ぜひ信頼できるこのショップで手に取りたい。「New Stand」は、日本の地下鉄Kioskからヒントを得てニューヨークの地下鉄構内に作られた、デジタルガジェットやデザインコンシャスな雑貨を扱うセレクトショップだ。流行に敏感な若者を中心に人気を博し、現在マンハッタンで42店舗(フェリー内店舗を含む)、アメリカ各地の空港13店舗を展開中。またその世界観から生まれた音楽やカルチャー系のコンテンツなどをスマホアプリを通じて発信している。そんなカルチャートレンドに敏感なショップがついに日本に上陸。この夏誕生した一号店は乃木坂駅のほど近くだ。図らずも、コロナ禍をきっかけとした大きなパラダイムシフトが起きた2020年。「これからの未来」や「これからのスタンダードは何か?」というテーマは大きな関心を集めている。
そんな中、日本一号店である「New Stand Tokyo」は、昨今国内外で注目を集めるフェムテックのジャンルに力を入れている。フェムテックとは、女性(Female)と技術(Technology)を組み合わせた造語であり、一般的には月経、妊娠、更年期など女性特有の健康課題に対してテクノロジーを用いたデバイスやアプリ、プロダクトなどを指している。思えば、女性誌などのメディアでは取り上げられ始めているフェムテックだが、実際にどこで購入できるのか、どの商品がどういいのかなどの情報がまだまだ少なく、「気になってはいるが購入を検討するまでには至っていない」という人も多いだろう。そんな「興味はある」という人の“初めてのフェムテック”のためにも、「New Stand Tokyo」ではフェムテックの商品を幅広く取り扱う。
悪いことではないと誰しもが分かっているはずなのに、なんとなくタブー視してしまっていたフェムテック分野。“あなたのタブーがワクワクに変わる日まで”をビジョンに掲げた「fermata」がショップインショップという形でさまざまな商品を展開しているのだ。「New Stand Tokyo」のコンセプトは“未来の日用品店”。近い将来、今までタブーだったフェムテック分野の商品は当たり前に色々な店に並ぶことだろう。この店舗はその先駆けとなる存在だ。
妊娠中の母体と胎児の健康状態をいつでもモニタリングできるウェアラブルデバイス Bloomlifeや月経カップEVE、骨盤底筋トレーニングデバイスなど、「これは何に使うのだろう…?」という商品が陳列されている。そんな疑問や不安を解消してくれるのが、商品知識豊富なスタッフの接客だ。開発の背景や商品の説明をしてくれるのはもちろん嬉しいが、何より女性ならではの悩みを親身になって一緒に話してくれる存在はとても心強い。“この手の話”を店員さんとするという体験の新鮮さは、いかに今まで世の中にこの分野の商品が出ておらず、知らず知らずのうちにタブーになっていたかを実感する。中でも、わかりやすくユーザーの反応がいいというおすすめの商品は、吸水性に優れた肌触りの良いオーガニック素材の生理用ショーツだそうだ。「健康」「自然」「平等」をコアバリューとする韓国発自然派ブランド「EVE」の商品はすでに話題沸騰、「気になっていた」という人も多いだろう。何よりウェブサイトではわからない、スタッフの実体験や、利用者の声などを接客を通じて知ることができる。ネットショッピングでは得られない情報が、やはりお店にはあるのだ。何より“売ろう”というより“知ってほしい”というスタンスの接客は信頼が置ける。もちろん、女性のためのお店というだけではない。デザインコンシャスな雑貨の取り扱いや、新しくて面白いもののセレクトの幅は、本国New Standのコンセプトをきちんと反映させている。デザインが良いだけでなく、きちんと背景のブランドストーリーが「なるほど」とつい言ってしまうものばかり。廃棄食材から染められるサスティナブルなアパレルや、歌詞が映し出されるCanvas型スピーカー。見ているだけでも、ワクワクしてしまう商品のオンパレードだ。自分用にはもちろん、誰かへのギフトにしても面白がってもらえるだろう。ちなみにこの時勢を受け、ロボットで遠隔の接客を受けるのも可能なのでこちらも要チェックだ。世界水準で注目されている分野は何か、どんな商品か、それを実際に手にとることができる貴重な存在のお店だ。また、まだ流通に乗っておらずクラウドファンディング中の商品なども店頭で出会うことができるので見逃せない。未来の暮らしをちょっとでも良くしていくれるような提案性のあるプロダクトや、未来の当たり前になり得るようなサスティナブルな商品。はたまた国や文化を超えて人々を笑顔にできるようなものが揃う“未来の日用品店”。プロダクトの数々に直接触れに、ぜひ乃木坂を訪れたい。 

New Stand Tokyo
place
東京都港区六本木7-2-8
opening-hour
12-19時(金曜は-20時)
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら