久々の個展「FREESTYLE 2020」で嵐・大野くんの頭の中を覗き見


2020.08.21

Harumari TOKYO

2020年9月9日(水)から11月8日(日)の期間、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、嵐・大野智による約5年ぶりの個展「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」が開催される。活動休止を目前にしながらも精力的に活動をしている姿が、日々テレビなどを通して伝えられる国民的アイドルの嵐。そのリーダーでありながら、芸術的なセンスをたびたび披露してきたリーダー・大野智の作品と、久々に対面する絶好の機会だ。2008年に初めて開催された「FREESTYLE」。2015年には中国・上海で「FREESTYLE in Shanghai 2015 楽在其中」、東京・大阪で「FREESTYLEⅡ」が開催され、国内外で累計約12万人を動員するほどの大反響があった。今回、3度目の開催となる「FREESTYLE 2020 大野智 作品展」では、過去に手掛けた作品から現在制作中の新作、創作・展示のアーカイブまで200点以上を展示。嵐の通算58枚目のCDシングル『カイト』のジャケットのために描き下ろした絵画や、極細ペンの繊細なタッチで極限まで表現した描き下ろしの大型細密画や抽象画など、絵画をメインに約20点以上の新作がお披露目となる。会場エントランスには、「グリーンヘッド」のフィギュアと、嵐のシングル『カイト』のジャケットに使用された絵画の“巨大版”も展示。展望台から見渡せるダイナミックな東京の風景とともに楽しめるのも魅力だ。また、この2作品は「FREESTYLE」史上初となる写真撮影が可能。ぜひ会場を訪れたついでに思い思いの写真を撮ってみてはいかがだろうか。また会場内では、展示作品を収録した作品集やオリジナルグッズを販売。トートバッグやクリアファイル、Tシャツ、ポストカードセットといった定番アイテムに加え、腕時計、ビーチサンダル、おちょこセットなど、個性溢れるグッズも用意される予定だ。さらに作品展の開幕にあわせて、オンラインでの販売も検討されているそう。気になる人は、ぜひチェックを。普段、掴み所のないキャラクターとしてお茶の間から親しまれている“嵐の大野くん”が、どんなことを感じ、考えているのか。また、アーティスト・大野智としてどんな表現をするのか。ぜひ大野智の頭の中を覗き見してほしい。 

東京シティビュー
place
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F/屋上
phone
0364066652
opening-hour
[平日・休日]10:00-23:00(最終…

この記事を含むまとめ記事はこちら