廃墟は息をのむほど美しい。廃墟の中の物語を感じる異色の写真展が開催。


2020.02.27

Harumari TOKYO

通常「廃墟」と聞くと思い浮かべるのは朽ち果てた印象や、暗く、恐怖のイメージ。いわゆる「怖い話」なんかに出てくる心霊スポットも、だいたいは廃墟だったりする。だから、廃墟に良いイメージなんて持っている人は少ないだろう。
しかし、そんな廃墟を“アート”と捉え直すと私たちの見ている世界はがらっと変わる。そう、この展覧会では廃墟なのに美しいと絶句したり、廃墟に秘められた物語に感動したりと、予想だにしない心の揺さぶりを生む作品が展示されるのだ。展覧会タイトルにもある“変わる”とは、今まで持っていたイメージの転換を意味している。
作品を見ているうちに変わりゆく建物の儚さや美しさに気づくことができるはずだ。作品を展示するのはSNSで人気のアーティスト15組。会場内の特設ブースではドローンで撮影された動画をプロジェクターで映し出す演出も。それぞれの作家が、それぞれの視点で、私たちのイメージや思い込みをひっくり返してくれる、その連続を体感することになるだろう。そして、展示会ではアート展でテッパンの物販コーナーもある。普段の物販コーナーだったら素通りしてしまう人も、廃墟のイメージを覆された直後なら会場限定のポストカードや写真集を手にしてしまうかもしれない。自宅に帰ってからも廃墟の世界に浸れるだけでなく、日常で見過ごしがちな美しいモノを見る目を意識させてくれる機会になるのだから。イメージを180度変える廃墟の世界。最近、感動していないなと思ったら、この展示会で美意識をブラッシュアップしに行こう。 

TODAYS GALLERY STUDIO(トゥディズ ギャラリー スタジオ)
place
東京都台東区浅草橋5-27-6 5F
phone
0358093917
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら