展示するのは「変化」。渋谷PARCOで一風変わった展覧会が開催


2020.01.14

Harumari TOKYO

展覧会といえば、アーティストや作品の名前を全面に押し出し、完成された状態で開催されるのが一般的だろう。しかし、今回行われる「タウンワークス –街と創造の間-」は、「誰が」手掛けたかよりも「何が」起こるのかにスポットを当てた珍しいイベントだ。現象に注目してほしいという想いから、主催者を表に出さない匿名の状態でスタートしている。展示会初日(10日)の様子テーマには「渋谷の街に“隙間(タウン)を建設する”」を掲げ、何人ものアーティストが11日間でつくり上げていく「変化そのもの」を展示作品としている。そのため何度も足を運べば、空間が徐々に変わっていく様を体感できるという。展示会初日(10日)の様子とはいえ、どんなアーティストが関わっているかは気になるところ。公表されている一部を紹介しよう。NAMPEI AKAKI、NAZE、TRiP CREW、アレキサンダージュリアンなどのほか、インデペンデントギャラリーであるANAGRA、LAID BUG、FL田SH、シルクスクリーンや空間演出を手掛ける在音東京、空間設計のmoultなども参加している。ちなみに、アーティストについて問い合わせたところ、名前以上のプロフィールは教えてもらえなかった。ここからも、内容を重視するという徹底した意思が感じられる。なお期間中、参加アーティストは増えていき、作品として完成するのは最終日だという。展示会初日(10日)の様子展示会初日(10日)の様子入場は無料で、18日には誰でも参加できるクロージングパーティーも開かれる。そのタイミングで行くもよし、何度か訪れて変化を感じるのも、完成形を眺めに行くのもよし。渋谷に出かけた際には、この一風変わった展示会に訪れてみてはいかがだろう。 

GALLERY X(ギャラリー エックス) 渋谷PARCO店
place
東京都渋谷区宇田川町15-1 SHIBUYA PARCO B1F
opening-hour
SHIBUYA PARCOに準じる
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら