選りすぐりの1杯を。全国の酒蔵の中から選ばれた「梅酒」を飲み比べ


2019.10.09

Harumari TOKYO

秋空の下で全国から厳選された梅酒を堪能爽やかな梅の香りと、フルーティーな味わいが人気の梅酒。一般的には毎年6月ごろに収穫される青梅を、蒸留酒で漬け込むことで造られるが、蒸留酒にはホワイトリカー、焼酎、ブランデーなどの種類があるので、使う蒸留酒によって味が異なり、それぞれいろんな風味を楽しめるのが特徴だ。「厳選梅酒まつりin湯島天満宮2019」では、「全国梅酒品評会2019」で選ばれた70種以上の梅酒が集結。にごり梅酒や、ブランデー、日本酒で造られた梅酒などカテゴリーごとに金銀銅賞を受賞した梅酒を飲み比べることができ、会場では気に入った梅酒を購入することもできる。また、「全国梅酒品評会2019」で金賞を受賞した梅酒とぴったり合う「梅酒と料理のマリアージュ」などの楽しみ方も。今回フードを提供するのは、会員制ラーメン店「麺劇場玄瑛(福岡・薬院)(東京・六本木) 」、「GENEI TOKYO(東京・六本木)」、「GENEI.WAGAN(東京・広尾)」など人気店のオーナーシェフ・入江瑛起だ。入江シェフは、今年ゴールデンウィークに開催された「dancyu祭り」に「GENEI.WAGAN」の「和牛モツ煮込み」を提供。全日午前中に完売するほど人気となった。今回、その「和牛モツ煮込み」が梅酒にあう料理としてさらに改良され提供される。さらに、今年800本限定で生産され、梅酒まつりでしか手に入らない希少な「獺祭梅酒」の有料試飲・抽選販売も行われるほか、新感覚カクテル「梅酒ビール」、子供でも味わえる「ノンアルコール完熟梅ドリンク」など梅酒の魅力を堪能できるコンテンツが多数用意されている。秋の行楽シーズン本番となり、日中の気温も心地よくなる季節。江戸時代から多くの人に愛され続ける歴史のある神社で厳選された梅酒の魅力を堪能しよう。 

read-more
湯島天満宮(湯島天神)
rating

3.5

3件の口コミ
place
東京都文京区湯島3-30-1
phone
0338360753
opening-hour
[閉門時間]6:00-20:00[御札所…

この記事を含むまとめ記事はこちら