駅近ビルで深海探検? 横浜の新名所で楽しむ最新のデジタルアート


2019.09.26

Harumari TOKYO

上海でも大人気のデジタルアートが満を持して凱旋今春オープンしたアソビルは、”遊べる駅近ビル”がコンセプトの横浜駅みなみ東口通路直通の複合型体験エンターテインメントビル。横浜中央郵便局別館をリノベした独特の佇まい、フロアごとに異なるユニークなイベントなどで注目を浴びているという。そんな旬スポットで、子供から大人まで楽しめる展覧会が始まる。「OCEAN BY NAKED 光の深海展」は、デジタルで創り出した極彩色の海を探検し、光の海に住む生き物たちと触れあえる新型エンターテインメント。不思議な深海世界を体験できる没入型デジタルアート展で、先駆けて開催された上海では、大手チケット販売サイトすべてで展覧会・演出カテゴリの人気ランキング首位を獲得した。水族館や本物の海では味わえない、ファンタジー映画に入り込んだようなストーリー性の高い演出が評価され、連日行列が出来るほどだとか。横浜会場でもプロジェクションマッピングやセンシング、オブジェ、香りといった、最新技術を駆使した五感で楽しめるコンテンツが多数登場する。設定された8つのエリアは進むほど海の奥深くへ潜り、浅瀬に打ち上げられてフィニッシュ。道中では触れることで誕生するカラフルなクラゲたち、海中を歩いているかのようなトンネル、光の魚群が織り成すスペクタクルショーなど、驚きの世界がいくつも待ち受ける。メインの深海エリアはさまざまな海域から集まった生物たちが優雅に泳ぎ、まるで海のオアシスのような雰囲気。映し出される海中世界に触れると、深海の住人であるメンダコやテマリクラゲなどが生み出される、リアルとファンタジーが混在したインタラクティブな演出も。海の街、横浜にて催される美しくて面白い、知識欲まで満たせる斬新なデジタル海洋プログラム。徐々に解明が進む深海の様子を、自分の五感で体験できる貴重な機会だ。しかも、会場は開業間もない注目の施設とくれば、充実した週末を過ごすのにもってこい。週末、気ままに一人はもちろん、デートやファミリーで訪れても盛り上がることができるだろう。 

read-more
ASOBUILD(アソビル)
place
神奈川県横浜市西区高島2-14-9
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら