200点に及ぶ衣装や小道具が一挙集結。スター・ウォーズの世界にどっぷり浸ろう


2019.08.29

Harumari TOKYO

歴史的傑作の大回顧展長い映画史の中でも、随一の傑作に挙げられるスター・ウォーズシリーズ。日本初公開から41年経った今も、ファンは増え続けている。そんなスター・ウォーズの最新作、『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』が今年の12月に公開されるのに際し、8月8日(木)から大展覧会“スター・ウォーズ アイデンティティーズ”が開催中だ。映画の制作過程を辿れる貴重な展示品が約200点ものボリュームで展示される、ファン垂涎の内容となっている。貴重な展示品の数々。オリジナルキャラクター製作体験も展示されているのは、実際に俳優たちが着用した衣裳や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど。オリジナル・トリロジー(1977-1983年)、プリクエル・トリロジー(1999-2005年)、アニメ・シリーズの『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』、2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』まで、さまざまな作品を網羅している。ちなみにこれらは、今後ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵されるため、日本で一気に見られる機会はこれが最後。逃す手はない、貴重なチャンスとなっている。もうひとつの注目コンテンツは、インタラクティブ・クエスト。これは、入場時に配布されるID付きブレスレットを身に着け、会場内にある10カ所のインタラクティブスペースを巡るというもの。そこで、出題される質問に答えながらID付きブレスレットをタッチしていくと、来場者の性格や価値観などのアイデンティティーが反映されたオリジナルキャラクターをつくることができるのだ。オリジナルキャラクターの種類はなんと5000万通り以上。一体どんなキャラクターが出るのか、盛り上がること間違いなし。キャラクターは、PCやスマホに転送できるため、SNSでシェアすることも可能だ。オリジナルグッズも充実そして、こういった展覧会につきものなのは、オリジナルグッズ。もちろんここでも限定アイテムが販売される。このエキシビションのために描き起こされた緻密なアートワークは必見。ファンならぜひとも手に入れたい。見て、体験して、スター・ウォーズの世界に浸れる「STAR WARS Identities: The Exhibition」。ここでしか拝むことのできないアイテムの数々は、往年のファンにとっても貴重だ。41年目の新発見をぜひここで味わってみてほしい。きっとさらなるスター・ウォーズの魅力に触れ、心踊ることだろう。 

寺田倉庫
rating

4.0

15件の口コミ
place
東京都品川区東品川2-6-10
phone
0354791611
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら