最高なロケーションで音楽とグルメを楽しむ、日本最大級のグリーンマーケット


2019.08.23

Harumari TOKYO

音楽、グリーン、フードが集うスペシャルイベント夏休み気分も落ち着き、仕事や家事など毎日の忙しさが戻ってくる8月下旬。ちょうど同時期に、フッと肩の力を抜いて楽しめるイベントが開催される。昨年の第1回から大きな話題を呼んだ「Local Green Festival」は、今年で15周年を迎えたサーフカルチャーをルーツに持つ「GREENROOM FESTIVAL」を手掛けるGREENROOM CO.によるイベントだ。「Local(地元の)のGreen(緑)を大切にしよう」というコンセプトの元に、MUSIC(音楽)、GREEN(緑)、WATER(水) をテーマに、横浜の海風を感じられるロケーションで繰り広げられるライブと日本最大級のグリーンマーケットが楽しめるフェスティバルとなっている。2回目の開催となる今年は、横浜赤レンガ地区野外特設会場に用意される「CACTUS」「SOL」「RED BRICK CLUB」といった3ステージでBJ the Chicago Kid、くるり、大橋トリオ、WONKら総勢28組のアーティストが熱いパフォーマンスを繰り広げる。人気ボタニカルショップも多数出店また、ポタニカルショップや雑貨セレクトショップが集結する大型GREEN MARKETも展開。大阪でビカクシダを専門で販売している「Smokeywood」や鎌倉山を拠点とするボタニカルブランド「The Landscapers」、世界の珍しい観葉植物を取り扱う「SABOTEN MISSILE」などポタニカルショップ、2016年にフランス・パリで誕生した「LA TENTE ISLAISE (ラ・タント・イレーズ)」のアパレル雑貨など、約50店舗もの話題のお店が参加。そして横浜、横須賀、小田原など30件以上の農家から新鮮野菜を買い付け販売する野菜専門「地場野菜直売 濱の八百屋」の野菜なども購入することができる。さらに「Local Green Festival’19」を盛り上げるのは、地元グルメ。手作りハンバーガーが人気の横浜にあるライブハウス&レストラン・バー「THUMBS UP」や鎌倉由比ヶ浜にある海辺のトラットリア「イル ビッライオ」など、厳選されたフードがそろう。横浜の海風を感じられるフリーダムな空間のなか、ライブやショッピングそしてグルメと丸一日たっぷり楽しめるこのイベント。夏の終わりに、夏らしい思い出をつくりに行こう。※2019年8月21日 内容を一部修正いたしました。 

横浜赤レンガ倉庫
place
神奈川県横浜市中区新港1-1
phone
0452111515
opening-hour
[1号館]10:00-19:00[2号館]11:…

この記事を含むまとめ記事はこちら